2016年07月14日更新
結婚 結婚生活 男女

幸せな結婚する前に確認しておきたい事と心がけた方が良い事

結婚している人もこれから結婚したい人もハッピーな人生を歩みたいもの。 今回は幸せな結婚する前に確認しておきたい事と心がけた方が良い事をまとめました。

1744
0

子どもを持つ選択・持たない選択や、出産前後、育児中のことについて

一方が子どもを強く欲しがっているのに、一方が望んでいない場合、これがきっかけとなり離婚するということにもなりかねません。

また、授かりもので、お互いに望んでも現実は無理だったという場合も出てきますから、その辺もまずは相手の希望と、それが叶わなかった時にどう考えるか?ということを話し合っておいた方が良さそうです。

そして、結婚しても仕事を続けるという選択をした女性も、出産前後は仕事をやめたり、産休をとったりしなければなりませんが、その後のことはどうするのか?といったことも、ある程度は話し合っておきたいものです。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

お金の管理については、明白になっているか

生活を共にするのには、お金の管理も重要な課題である。もしも、どちらかに多く借金があれば、2人で対応して行かなければいけない。しかし、問題は借金ではなく、稼いだお金の使い方にある。これを先に明確にせずに、後々お互いに対して不満を抱えるカップルは本当に多い。金額の多いか少ないかの問題ではなく、お互いがどこまでお互いのお金に関して、口出しをするかが重要だ。今後得ていくお互いの収入について、先にはっきりさせておこう。


引用元:rocketnews24.com(引用元へはこちらから)

自分を偽っていないか、もう一度考える

スポンサーリンク

スポンサーリンク

恋愛中は彼に好かれたくて、魅力的な女性を演じてしまう方が多いです。彼を惹きつけるため、多少なりとも努力することは大事ですが、結婚をしたいと考えているのであれば作った自分はやめましょう。

引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)
恋愛では自分を偽ることは可能ですが、ずっと一緒に暮らしていく結婚後はそうは行きません。結婚後にギャップに苦しむことが無いように本来の自分をしっかりと知ってもらい、お互いに裏表のない関係づくりを心がけましょう。

引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

実家との付き合い方

「愛があれば他に何もいらないわ」なんて一昔前の悲劇のドラマのようなことは、実際には無理。お互いが今まで関わってきたコミュニティである実家や親族との関係は、結婚すればお互いがお互いを巻き込んでいくのは必然です。

その実家や親族と、新しい配偶者は基本的には違う文化を持って生きてきた、という前提を持って見た場合、違いが沢山見えてきます。その違いを、2人でどうやって料理して新しい家族を作っていくのか、そしてその上で、どういう形でお互いの実家とお付き合いしていけばいいのかを、ぜひ真剣に話し合ってほしいと思います。
引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

相手の男性はあなたに笑いを提供してくれるか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

別々の家庭環境に育った2人が、新たな家庭を築く。多くは悩まされる問題であり、解決しないものもあるだろう。そんな中でも、『一緒に笑える』ということがとても重要だ。笑いは関係の緊張を緩めたり、明日の元気を与えてくれたりする。毎日でなくても、ふとした時間に女性に笑いを与えてくれる男性は、比較的良いパートナーと言えるだろう。


引用元:rocketnews24.com(引用元へはこちらから)

価値観をすり合わせを行う

よく、「結婚は価値観が似たモノ同士でないとうまくいかない」ということを聞きます。ですが、二人の生まれも育ちも、生活習慣や地域の慣習・風習も違うので、価値観が全く同じという事は滅多にありません。

しかし、価値観をすり合わせていく事は出来ます。一番いい例が「みそ汁の味」です。

長距離恋愛だったりすると、自分は味の濃い地域で育ち、相方は薄目の味付けが主流の地域で育つ、といった事もしばしば。ですがここで「中間くらいの味にしてあげるね」といった一言があれば全然違います。
引用元:wendywendy.jp(引用元へはこちらから)

夫婦生活はやっぱり大事

究極のコミュニケーションとも言えるのが夜の営み。仲直りのセックスは都市伝説ではありません。

疲れているからと言って一度セックスを拒否したらそのままセックスレスになってしまったというような人がとても沢山います。夫婦であってもセックスはやはりデリケートな行為。実にささいな事から簡単にセックスレスになったりします。

一度レスになってしまったら、したいしたいオーラを発しつつ、布団の中で毎日相手の背中でもなでてあげてみましょう。そんな事から復活する事もあります。イチャコラできる毎日って、本当に幸せですよ。
引用元:wendywendy.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

食の好みを知る

結婚をすると彼と共に食事を摂ることになります。同じ物を食べるので「食の好み」はとても大切です。彼の好きなものが一致するか、嫌いなものはどれくらいあるのかを知っておくのも大事ですが、一番重要なのは薄味が好きか、濃い味が好きかということです。これが違うとどの料理も好みが合わずに悩みの種になってしまいます。
食の好みが違うなら、彼に合わせてあげる必要があるので気を付けてくださいね。
引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

お互いの趣味を知る

趣味が同じであれば同じ話題が盛り上がりますし、休日に一緒に趣味を楽しむことができます。また、趣味が違っても何ら問題はありませんが、どうしても理解できない趣味やお金がかかる趣味を持っている場合は、結婚後に苦労することも考えられるのでお気を付けください。相手との話題が増える趣味、一緒に楽しめる趣味を持っている方との結婚が望ましいです。

引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

結婚は、ゴールではなく、スタートだと考える

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者