【黒バスネイル】突出した個性と才能のぶつかり合い、熱い男達を描く人気アニメをイメージした痛ネイル

ネイルからこれはイイねと思うものをご紹介します!人気アニメ、黒子のバスケ(通称:黒バス)をイメージしたネイルデザインのやり方をチェックしてぜひお気に入りを見つけてください!

1150
0

黒子のバスケとは

『黒子のバスケ』とは、「週刊少年ジャンプ」に連載されていた、バスケットボールを題材とした漫画作品である。v
引用元:dic.nicovideo.jp(引用元へはこちらから)
略称は「黒バス」・「黒子」。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。

だが、「キセキの世代」には誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたという奇妙な噂があった。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
創設2年目の誠凛高校バスケットボール部は全国制覇を目標に掲げていた。この部は去年、主将の日向順平、司令塔の伊月俊ら選手はもちろん、監督の相田リコも含め全員が1年生だったが、IH(インターハイ)都予選決勝リーグにまで出場していた。

そこに「キセキの世代」の「幻の6人目(シックスマン)」黒子テツヤとアメリカ帰りの大型新人火神大我が入部する。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

黒バスをモチーフにしたネイルデザインまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼黒子テツヤ(くろこ テツヤ) 誠凛高校

本作の主人公。帝光中学バスケ部出身で、キセキの世代からも一目置かれた「幻の6人目」。1年生。

眼前の相手にも気付かれないほど極端に影が薄く、無表情で自己主張も控えめ。冗談や声を張ることが苦手。誰に対しても丁寧語で話すなど基本的に礼儀正しく、冷静沈着で言いたいことは率直に言う性格。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

「諦めるのだけは絶対に嫌だ!」

A photo posted by yui (@alchemy_deco) on

A photo posted by miki (@mk_2_1119) on

スポンサーリンク

スポンサーリンク

A photo posted by いち (@ichinail) on

A photo posted by ELIE (@elie_hisae) on

▼火神大我(かがみ たいが) 誠凛高校

黒子の相棒にしてクラスメイト。アメリカ帰りの帰国子女。1年生にして誠凛のエースを務める大型新人。

二股に分かれた眉毛と、筋肉質の恵まれた体躯を持つ。チャレンジ精神と向上心あふれる熱血漢。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

「これはオレ達の戦い(ドラマ)だ。筋書きはオレ達が決める」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

A photo posted by 藤井愛 (@fujiiiiiii_) on

A photo posted by Megumi Fudaba (@boom_meg) on

▼黄瀬涼太(きせ りょうた) 海常高校

バスケット歴わずか2年にして「キセキの世代」に名を連ねている天才。

自称「黒子っちの親友」。

金髪に両目尻の長い睫毛、左耳のピアスが特徴の美男子。ファンブックでも美貌とまで評価されている。道行く先で女性に騒がれるほど整った容姿を持ち、現役のファッションモデルとしても活躍している。

認めた相手の名前を「○○っち」とつけて呼び、語尾に「〜っス」とつける話し方が口癖。社交的な性格だが、気に入らない相手には横柄で見下すような態度を取る。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

「勝てるかどうか分からない今の方が気持ちいいんス」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者