2016年06月28日更新
ガールズ 婚活 結婚

男性も要チェック!将来有望な男性を見極める方法6選!

男性も要チェック!将来有望な男性を見極める方法6選!

3107
0

あなたが結婚相手を選ぶ時の基準はなんですか?

ひろみちおにーさん@hiromitsu922
結婚相手に年収を求める人はクズみたいな風潮あるけど実際大事だと思います。 てなわけで養ってください♡
ふじむらあきほ@akkyundao_0507
@laughrinagb03 年収600万以上の人と結婚する

結婚をする時に年収を気にしている人は多い。

出典:ああああ
異常に高い年収を期待してはいませんが、普通の生活が出来るぐらいのお金は稼いでほしいですよね。
相手の容姿や優しさに惹かれてつき合いを始めたカップルも、結婚相手となるとまた違う条件を求めてしまう
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)
結婚相手を選ぶ条件で、「年収」は大切な要素です
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もちろん好きな人と結婚できればハッピーだけど、貯蓄や収入が十分でないと結婚後の生活も大変なはず。
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)

そこで重要なのが、出世するかどうか。

出典:business-peoples.com
若い人は今現在、年収が高い人は少ないはずです。
だからこそ大事なのは将来出世するかとうか。
どんな人が出世するのか、彼の仕事以外の日常生活の色んなところで見極めることができます。
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)
出世しようがしまいが、その意欲があろうがなかろうが、人生の多くの時間を仕事に費やさなければならない以上、要領よく出世する方法を知っている男性の方が一緒にいて人生を楽しめるのではないでしょうか?
引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

将来性のある男性を見極めるコツはこれ!

人の話が聞ける

出典:人の話を聞けない人は仕事ができない場合が多いです。
人の話を聞けない人は仕事ができない場合が多いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人の話をよく聞くことは出世において重要なことである。
引用元:shusse.kyokasho.biz(引用元へはこちらから)
これ、かなり大事な要素で意図せずに思わぬ情報を得る事も出来ます。これも人望を得る為には大事な能力で、部下や上司の信頼も獲得できます。
引用元:0822kiseki.com(引用元へはこちらから)
もちろん話を聞くのが上手なだけではだめで、得た情報を自分の成長へと転換する能力も求められます。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

人に好かれる

出典:出世するには自分の実力だけがすべてとは限りません。
出世するには自分の実力だけがすべてとは限りません。
権力のある人に好かれることも出世につながる要素です。
努力だけでも、ある程度は出世できるでしょう。しかし、それに加えて“実力のある人にかわいがられる能力”があると、一気に花開くことがあります。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
周りの人と彼がどんな関係性を築いているのかということも大切なポイントなのです。
引用元:ww-online.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドン底になっても努力を「継続」できる

出典:i.gzn.jp
人はいつでもうまく行くとは限りません。そんな時に這い上がれるかどうかが将来を左右します。
未来に向けた具体的な努力をしていても、うまくいかない時期は必ずあります。むしろ、最初はうまくいかないことの方が多いでしょう。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
そんなときでも人のせいにすることなく、淡々と努力を継続できる人は出世できます。このような人は、今は辛くてもその先にある“未来”を見ることができ、心が強いのです。
引用元:ww-online.jp(引用元へはこちらから)

有言実行できる

出典:www.officiallyjd.com
口だけの人って結構いますよね?
有言実行出来ない人は仕事においては致命傷です
言葉にしたことは守る。社会人として当然のルールですが、仕事ができない人は有言実行もできないことが大半です。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
納期を守らない、約束の時間を守らない……人はシチュエーションが変わったからといってまったくの別人物になることはありませんから、彼女であるあなたの前でも、有言実行するか否かで見極められます。
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者