2/28発売の雑誌付録♡4月号口コミ&5月号予告まとめ #オトナミューズ GLOW、MORE

≪2018/2/28発売≫付録付き雑誌フライングゲット情報まとめ。otona MUSE(オトナミューズ )・GLOW(グロー)・MORE(モア)の付録口コミと、次号の付録予告について紹介します。

4498
0

≪2018/2/28発売≫付録付き雑誌♡以下の4冊について紹介します

4月号 otona MUSE(オトナミューズ ) 宝島社
4月号 GLOW(グロー) 宝島社
4月号 MORE(モア) 集英社
4月号 25ans(ヴァンサンカン) 特別セット

4月号 otona MUSE(オトナミューズ ) 宝島社

発売日:2018年2月28日
表紙:梨花
出版社:宝島社
JAN:4910121650489
価格:920円(税込)

≪雑誌付録≫FRAY I.D×菊地美香子のスペシャルパレット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これひとつでしゃれ顔になれる!超使えるマルチパレット

全8色が収納されているとは思えないほどコンパクトなパレット。
フロント部分には「FRAY I.D(フレイ アイディー)」のロゴがプリントされており、H6.5×W16cmのフタ裏には大きな鏡付き! パレットの中央には、ブラシとチップも完備。
引用元:treasurenews.jp(引用元へはこちらから)

スペシャルパレットのココが凄い!

A post shared by otonaMUSE (@otonamuse) on

濃淡のベージュ、ゴールドとカッパーのパール、ネイビー&カーキの締め色パウダーに、ピンク系とブラウン系のリップチークがセット。

どの色もびっくりするくらい肌馴染みがよくて、使いやすいこのメイクパレット……
なんと来週発売のミューズ最新号の付録なんです!!!! オトナミューズ初のコスメ付録
引用元:www.instagram.com(引用元へはこちらから)
・パレットひとつでメイクが完成
・どんな人にも似合うカラーセレクト
・大人の肌に浮かない発色と質感
・単色でも重ねても、使い方自由自在
・1と5(ベージュ系パウダー):シャドウやベース、コントゥアリングとしても。
・2と8(ポイントカラーパウダー):2はネイビー、8はカーキブラック。薄づきでクリアな発色。
・3と4(パール系パウダー):3はゴールド系、4はカッパー系。肌に浮かない仕上がり。
・6と7(マルチクリームカラー):頬や唇、目にも使える。6はピンク系、7はオレンジブラウン。
・9と10(ブラシ&チップ):広範囲用のブラシと目元用のダブルチップ。
引用元:tkj.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベージュ系パウダー

パレットの1番の色を左側に、5番を右側にのせています。きめ細かいパウダーはさらりとした質感。肌に伸ばすとスッとなじみ、まるで何もつけていないかのような軽いつけ心地です。
シャドウやベース、顔を立体的に見せるコントゥアリングメイクにも使うことができます。
引用元:treasurenews.jp(引用元へはこちらから)

ポイントカラーパウダー

2番のネイビー、8番のカーキブラックはどちらも薄づき。メイクに使っても、派手になりすぎません。
肌への負担も軽そうな、サラッとしたテクスチャー。
引用元:treasurenews.jp(引用元へはこちらから)

パール系パウダー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パレットの3番を左側に、4番を右側に塗っています。
3番はゴールド系、4番はカッパー系のラメ感のあるパウダー。アイシャドウとして使えば目元にツヤ感を演出できます。2色を重ね、グラデーションを作れば奥行きのある目元に。
引用元:treasurenews.jp(引用元へはこちらから)

マルチクリームカラー

左側にのせたのが6番のピンク系、右側が7番のオレンジ系ブラウンです。どちらもチークやリップ、目元にも使うことができます。しっとりとした質感で、伸びがよいのが特徴。薄づきがお好みなら1度塗りでもよさそう。アクセントとして使いたい場合は2度塗りがおすすめですよ。
引用元:treasurenews.jp(引用元へはこちらから)

4月号 otona MUSE(オトナミューズ )☆みんなの口コミ

≪次号予告≫5月号 otona MUSE(オトナミューズ )

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者