2016年11月17日更新
青あざ 美肌 雑学

すぐにでもケアしたい!いち早く青あざを消すのに効果的な方法

青あざを早く消すコツをまとめました。 すぐにでも治したい気になっている青あざがある人は、是非お試しください。

1800
0

青あざとは?

 青あざとは、文字通り皮膚の表面上に青く現れるあざのことです。
 この他にも皮膚上に黒く現れる「黒あざ」や「茶あざ」がありますが、日本人の中で最も多くみられるあざは、この「青あざ」です。
 日本人に最も多いということは、人種によって異なるのか?
 という疑問を抱かれる方も多いと思いますが、この傾向は人種という分別ではありません。
 住んでいる地域や、気候。
 そして最も大きく影響を受けるのは紫外線の量などがあげられます。
 日本の風土においては、この青あざが発症しやすい気候であるという意味であり、実際に最も多いものでもあります。
引用元:www.daboku-aza.com(引用元へはこちらから)

青あざの治し方

アイシングで青あざを治す・消す

まずは、顔に青あざが出来た時は、何をおいても患部を冷やしましょう。

青あざになる原因は、打撲による内出血です。患部を冷やす事によって、活発な血液の循環を抑えることが出来ます。



処置をするタイミングは、ぶつけてから24時間~72時間以内。つまり1日後から3日以内です。

氷嚢やアイスノン、あるいは保冷材などをタオルで包んで、患部に密着させましょう。



血液の流れを抑制し、炎症を抑える事がまず最初に行う処置なのです。


引用元:useful-wisdom.com(引用元へはこちらから)

温タオルで患部を温めで青あざを治す・消す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青あざが出来て時間が経ち、腫れが引いたのにまだ青あざが残っているようならこの方法を試しましょう。

36度から37度くらいの、ぬるま湯に漬けたタオルを絞って患部に当てて温めます。



タオルは、すぐに冷めますからこの動作を複数回行いましょう。

この方法によって、青あざはかなり軽減されるはずですよ。
引用元:useful-wisdom.com(引用元へはこちらから)

マッサージ

青あざのある場所は避け、周囲をソフトマッサージします。これも、血行を良くすることで効果が期待できます。

引用元:signof.me(引用元へはこちらから)

爪楊枝などを使う

一般家庭にある爪楊枝を20-30本、輪ゴムで束ねましょう。そのときそれぞれの爪楊枝の向きは同じにします。
そして、この束ねた爪楊枝のとがったほうで、気持ちよい程度の力で、患部周辺の皮膚表面を叩いていきましょう。だいたい2-3分続けると、皮膚が赤みがかってきますので、そのぐらいで十分です。
引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)
なぜ、これが効果的かというと、この裏技によって、炎症によって発生した熱を逃がすことができ、また、患部の血流を促進させる効果があるからです。これによって、青あざの原因であった内出血をより早く治すことができるのです。
引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし、爪楊枝の長さだと行いづらい場合は、焼き鳥のクシを利用しましょう。また、外傷がある場合には、この方法だと、傷口をさらに傷めることになりますので、決して行わないでください。

引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)

お灸

出来てしまった青あざの回りを囲むようにお灸を配置します。痛みがまず消え、色も徐々に薄くなっていきます。

引用元:signof.me(引用元へはこちらから)

食事で治りを早くする

内出血が起きたら、体の血の流れを活発にしてあげることで治りが早くなります。食事から血液にとって必要な成分を摂取してあげましょう。

血液にとって必要な成分は、ヘモグロビンをつくるために必要な「鉄分」鉄分を効率良く吸収するために必要な「ビタミンC」の二種類になります。

(鉄分)      小松菜・カツオ・レバー・パセリetc

(ビタミンC)   ピーマン・レモン・いちご・ブロッコリーetc

以上になります。内出血が起きた場合はこれらを積極的に摂取するようにしましょう!
引用元:hapila.jp(引用元へはこちらから)

薬を使用する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうしても早く治したい場合は、薬の力を借りて治るスピードを早くするのも良いでしょう。

特に内出血に効果があるのは塗り薬です。内出血が起きた場所に薬を塗ることで、幹部の血行を良くし、治るスピードを早める効果が期待できます。様々なタイプのものがあるので、薬を使用する場合は、薬局にいって薬剤師に相談してからにすると良いでしょう。

そのほかには漢方薬なども内出血に効果が良いとされていますが、手に入れにくいので筆者はあまりお勧めできません。
引用元:hapila.jp(引用元へはこちらから)

レーザーによる治療

青あざがしばらく経ってもとれないという方は打撲による青あざではなく、メラニン色素が沈着してできた青あざの可能性があります。

メラニン色素が皮膚の奥深い部分で発生した際にあおあざのように見えることがあります。

この場合、メラニン色素を消すためのレーザー治療が必要になってきます。レーザー治療を行っている病院で相談してみましょう。
引用元:healty-lifestyle.com(引用元へはこちらから)

ぬるま湯につかる

タオルを使っての温熱療法と近いのですが、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることで青あざを早く治すことが出来ます。

ぶつけてから数日後、腫れが引いたタイミングで入浴するとより効果的です。
引用元:healty-lifestyle.com(引用元へはこちらから)
注意点としては、必ず腫れが引いてからの入浴にしましょう。腫れが引く前の入浴は血行を促進してしまい余計に腫れや炎症をひどくしてしまいます。

青あざは該当部分に内出血が起こっている状況です。

ぬるまゆにつかることで体の血液の流れやリンパの流れを良くすることで早く消えるようになります。特にリンパは患部を温めただけでは流れが良くならないので、体全体を温めて血流を良くすることで効果を発揮します。
引用元:healty-lifestyle.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者