2016年09月24日更新
ダイエット 美脚 スリム

あなたの歩き方は大丈夫?歩き方を変えるだけでスリムボディが手に入る!

正しい歩き方をしっかりとマスターすることで脂肪を燃焼させ、しっかり痩せることができます。歩くだけで痩せるための、「痩せる歩き方」を紹介

1773
0

脚が痩せない。。。

こんなことないですか?
特に三つ目のウエストで選ぶとジーンズが
入らないなんて下半身太りの典型ですよね・・・
食事を減らして体重は減ったけど
結局脚は細くならないもん!


そんなあなたは
身体の歪みからくる太りが疑われます
身体のズレに大きく影響するものといえば歩き方
あなたの歩き方に原因があるかも!!
引用元:mery.jp(引用元へはこちらから)

あなたの歪みを簡単チェック!

あぐらをかいたときに股関節の開き具合は左右対称なのが正常になります。

逆に左右の股関節の開きに差があったり開きにくさを感じる方、
または痛みが出る方は問題があります。
引用元:www.wakaba-leaf.com(引用元へはこちらから)
骨盤の歪み(ゆがみ)チェック方法


まっすぐ立った状態を鏡で見て肩の高さが違う。

足の長さが違う。

ネックレスがいつも同じ方向にズレる。

一方の靴のある部分(特に外側の部分)だけがいつもすり減る。

ウエストの「くびれ部分」の高さが左右で違う。

下半身が痩せにくい。(お尻が大きい)
引用元:www.toudai.jp(引用元へはこちらから)

NGな歩き方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1、背中を丸めて歩いている。猫背は、姿勢が悪くなり、つま先に重心がかかりるのでよくありません。また、その結果、外反母趾になりやすくなったりもします。

2、過度の内股で歩いている。女性らしいと言われる一方で、内股は、骨盤のゆがみにつながります。また、お尻の筋肉もあまり使わないため、お尻が垂れやすくなり、太ももも太くなりやすくなると言われています。

3、がに股で歩いている。見た目もよくありませんが、がに股であるくと、腰が痛くなったり、足首やヒザに負担がかかりやすいため、足が疲れやすくなるといわれています。

4、足を上げずにひきずって歩いている。足を上げて歩けないのは、股関節が硬いのが原因といわれており、結果ひきずってあるくようになってしまいます。この歩き方は、血行が悪くなりやすいため、足のむくみやぽっこりおなかの原因にもなります。

このような歩き方は、腰や膝に大きな負担がかかってしまい、脚の筋肉に脂肪と老廃物が付いてしまったり、骨盤が開きやすくなり、血行も悪くなってしまいます。これらの原因から、お尻が垂れ、足も太くなってしまうのです。当てはまった人は、歩き方を改善するだけで、痩せられるチャンスかもしれません。ボジティブにとらえましょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

正しい歩き方は正しい立ち姿勢から

正しく、美しく歩くためには、まずは正しく立つことから始めましょう。正しい立ち姿勢とは次のような点がポイントです。

・背筋を伸ばして、顎を軽く引きまっすぐ前を見ます
・お腹とお尻に力を入れます
・耳たぶ、肩の付け根、腰、ひざ、くるぶしが垂直線上にくるように立ちます


正しい姿勢で立ったら、その姿勢をキープしたまま、歩くことを心がけましょう。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

かかとで着地

まず、姿勢を正しましょう。猫背は絶対NGです。背筋をしゃきっと伸ばして歩くだけで、自然と腹筋も使うようになり、お腹痩せにも効果的です!

ひざ下は伸ばし、つま先で地面を蹴って、かかとで着地する。これが足を太くしない、正しい歩き方の”基本”です。この歩き方をしていると自然と腕もしっかりとふるようになり、歩いているだけなのに、全身運動ができちゃったりするんです。「基本をしっかり!」でいいことがいっぱいおまけで付いてきます。
引用元:www.cosme.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

足の指を使って歩く

歩くときにかかとやつま先を意識するようにする!というのはなんとなくわかっている人も多いですよね。かかとやつま先に気持ちが行くようになったら、今度は、ちょっとプラス!足の指を使って歩いてみましょう。

指を使って地面を蹴るようにすると、足が外に向かわないようになります。外に反ってしまった脚は、せっかく綺麗な歩き方で太ももが引き締まっても、綺麗に見えません!歩き方から注意していけば、綺麗に痩せた脚をさらに美しく見せることができるのです。
引用元:www.cosme.net(引用元へはこちらから)

ヒザを意識して歩く

まずは、ヒザ裏を意識して、伸ばしたまま歩いてみましょう。一歩踏み出した状態を横から見た時に、脚の形が「人」という字になっていたらよい状態といえます。また、ポイントとしては、ヒザを意識して伸ばしきるとヒザや腰に負担がかかってしまうため、自然とヒザが伸び、曲がる程度にしましょう。

これらができるようになったら、しっかりとヒザをあげて歩くことを心がけましょう。ヒザを上げて歩くことで、引きずり歩きではなくなるため、綺麗な歩き方をマスターできます。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

腕を振って歩く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

歩き方の基本をマスターできたら、次は、腕も意識して振って歩くようにしましょう。腕は前には振り出さず、後ろに引くイメージで歩きましょう。二の腕を後ろに引くことで肩甲骨が動き、背中の大きな筋肉を使えるようになるので、猫背になりにくくすることができるので効果的です。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

早く大きめの歩幅で歩く

着地や蹴り上げ、ヒザを意識的に使えるようになり、腕もしっかり振れるようにようになったら次は、スピードは歩幅を意識してみましょう。

スピードは普段自分が歩くスピードより、少し早く歩く事がポイントです。さらに一歩の歩幅を大きくすることでさらなる効果が期待できるとされています。早歩きは、ダイエットには向いてないのではと思う方もいるかもしれませんが、実は、ゆっくりと細かい歩幅で歩くよりも、大きな歩幅で早歩きの方がカロリーを消費しやすいといわれています。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

靴の選び方も重要!

靴もまた、脚痩せには重要となってきます。
脚に合わない靴やサイズ違いの靴では重心がずれてしまったり
バランスの悪い歩き方になったりと、筋力の低下を招いてしまいます。

ハイヒール
厚底の靴
ブーツ

などは脚痩せには向きません。
必要があってはく以外では
できるだけ避けた方がいいでしょう。


正しい歩き方と自分に合った靴の選び方で、
脚痩せ効果はぐっと高まります。
引用元:www.thin-legs-diet.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者