2016年09月15日更新
夫婦 結婚 夫婦円満

結婚してからもずっと夫婦仲良しでいられる秘訣とは?

ここでは今回は「夫婦円満のためのコツ」について紹介していきます。 これからもずーっと長い間生活していくパートナーだからこそ、しっかり向き合って仲良くやっていきましょう。

3408
0

「おはよう」と笑顔で言う

毎朝新しい1日がはじまります。笑顔でおはようといいましょう。
前日は仕事がおそくて、おやすみを言えなかったとしても、「おはよう」は言いましょう。
前日夜けんかしていたとしても、翌朝は笑顔で「おはよう」と言うといいと思います。
「あなたもう忘れたの?」と思われるかもしれませんが、どんな朝でも、笑顔で迎えましょう
引用元:sketch-life.com(引用元へはこちらから)

適度に距離を保つ

干渉しすぎる夫婦は上手くいきません。仕事から帰る時に連絡をしたり、どこかへ行くときは相手に行先を告げたりという夫婦間での行動の把握は当たり前かもしれませんが、ある程度距離を保っていた方が夫婦円満になりやすい。

干渉しすぎるというよりも相手に依存してしまうことになるかもしれませんし、ずっとラブラブでいられる秘訣は「夫婦間の距離を保っている」からだと言う方も沢山います。
引用元:xn--u9j1b003l72bcxrcwbjc8236d.com(引用元へはこちらから)

たまには妻の方からもハッピーサプライズを

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いつも夫にばかりプレゼントをもらっていませんか?それはそれで素敵なことですが、たまにはハッピーサプライズとして、あなたからも何かプレゼントしてみましょう。


引用元:moomii.jp(引用元へはこちらから)
あなたの方から夫を喜ばせる努力をすることも、夫婦円満でいるための秘訣です。

珍しい地ビールやおしゃれなソックス、スニーカー、Tシャツといった風に特に高価なものでなくても、夫が好きそうな物をお小遣いで買える範囲で贈ると、それだけでも機嫌が良くなること間違いなしです。
引用元:moomii.jp(引用元へはこちらから)

思っていることを口に出して言う

夫婦関係が長くなってくると、なんでわからないの?察してよ?という気持ちが増えてくるかもしれません。
その気持ちがイライラの原因です。ぜひ、思っていることを口に出して言いましょう。
ただし、伝えるタイミング、伝え方は、相手のことを考えて選んで発言しましょう。
引用元:sketch-life.com(引用元へはこちらから)

生じた不満やトラブル、問題はその都度しっかり話し合って解決していく

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫婦円満の秘訣としてまず、あげられるのが「夫婦間の問題のすみやかな解決、お互いの不満解消」です。

これは逆のケースを想像すると理解しやすいでしょう。

夫婦関係に危機を生じさせ、最悪の事態に至らしめるもっとも多い間違いは、「事なかれ主義による、問題先送り」です。

うわべの良好な関係を維持したいと考える人が、実際に少なくありません。

そのために、心の中に何らかの不満を感じていたり、夫婦間にトラブルが起こっているにも関わらず、「ことを荒立てたくない」と考えて、それを表面化させないケースがよくあります。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)
そして、これこそ、のちに最悪の事態を招いてしまう間違った対処法なのです。

夫婦間に生じた不満や問題は、たとえどんなに小さな規模のものでも、その都度、二人でしっかり話し合って解決していきましょう。

「事なかれ主義」から脱却し、何かあったらその問題に正面から向き合うことが、夫婦円満でいるための必須条件なのです。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

隠し事をしない

夫婦で隠し事をしないというのは意外にハードルが高いものです。

相手を思っての隠し事や言うに言えない隠し事など悪意のない隠し事もあるかもしれませんが、何かを隠す事によって夫(妻)の信頼を失い不仲になるという例もあるので注意しましょう。
引用元:xn--zbsx4fes9d1lf.net(引用元へはこちらから)

許す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

許すということに寛大になりましょう。
これは夫婦関係に限らずですが、相手に何かひどいことをされて、「許せない」と思ってしまった場合、
一番傷つくのは、「許せない」と思った本人です。
その気持ちが長く続けば続くほど、あなたの気持ちは傷つき続けます。
仮に何かひどいことをされたとしても「許す」と気持ちを切り替えてしまえば、傷つく時間は最低限に収まります。
長い人生ひどいことが起きるのも当たり前です、
ぜひ気持ちを切り替えて許しちゃいましょう。
引用元:sketch-life.com(引用元へはこちらから)

お互いの家族を尊重しよう

お互いの家族の悪口を言われて、気分のいい人はいません。
仮に本人が、本人の家族の悪口を言っていたとしても、同調するのは控えましょう。
お互いの家族を尊重し、仲良くなるとさらに素晴らしい人生が送れます。
我が家は、僕の妻が、僕の家族を誘って海外旅行に行きました(僕は仕事で留守番)。
それって素晴らしいことだなぁと思います。

引用元:sketch-life.com(引用元へはこちらから)

お金の問題では揉めない

夫婦であっても揉め事になりやすいのが「お金の問題」です。

お金で揉めると不満が心の底に溜まりやすく、いずれ表面に浮上して大きなトラブルになります。

もともと夫婦は他人ということを肝に銘じ、間違ってもお金で揉めないようにしてください。
引用元:xn--zbsx4fes9d1lf.net(引用元へはこちらから)

「老後」をイメージし、お互いをベストパートナーと認識する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者