2016年06月28日更新
ベースメイク 化粧崩れ ツヤ肌

『ベースメイク』が決め手!冬でも『うるツヤ肌』をキープする魔法のメイクアップ方法♡

乾燥・ムラ・粉吹き・・・。『冬だから』と諦めちゃダメ♡今すぐ試したくなる♪冬でも『うるツヤ肌』をキープする魔法のメイクアップ方法をご紹介♡

2308
0

ベースメイクって難しい・・・

ベースメイクが崩れると台無しに・・・。
肌の乾燥が
ひどいです(;o;)!
ファンデーションをぬると
カサカサして粉っぽくなってしまいます;;
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
最近、化粧崩れがひどいです
バイトに化粧をしていき、3時間でもう肌が顔全体が粉を吹いています
化粧直しをしようとしても、もうどうにも治らない;;
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
ベースファンデーションを丁寧に塗っていると、次第に、ベトベトした固めの鼻水のような物体に変身し、それが付いている場所は、ムラムラになります。

それらを見えない場所に引っ張っていって隠すのか、唇に持っていって、口紅で隠すのか、どうしたらよいのか分かりません。
友人もきれいに塗れている人と、明らかにベースファンデーションがムラになっている人がいます。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
今ベースメイクは
化粧水→乳液→下地→リキッドファンデ→コンシーラー→プレストパウダーで仕上げています。


化粧下地までは潤った感じがあるのですがリキッドファンデを塗った途端、皮脂浮きのようなムラのような、いや粉ふきのような肌に馴染まない感じになるんです。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実は簡単♡冬のツヤ肌ベースメイクのコツ

①ベースメイクの前が肝心!

メイク前の正しいスキンケア、ティッシュオフがポイント♪
ベースメイクの手順として、まず初めにしなければいけないのが素肌のコンディションを整えるスキンケアです。化粧水・美容液・乳液をしっかりと肌に馴染ませて保湿をさせて土台となる素肌のコンディションを整えておくことで、その後に塗り始める化粧下地やファンデーションのノリがよくなります。

化粧水・美容液・乳液が肌に浸透してから、肌の状態が整うには少し時間が掛かるので、いきなり次のプロセスに取り掛かるのではなく、時間がない場合であれば10分程度のほんの少しでも良いので時間を置いてから化粧下地を塗り始めるのがコツです。この点に気を掛けておくだけでもベースメイクの崩れが起きにくくなります。
引用元:www.knack4life.com(引用元へはこちらから)
通常は乳液なしでベースメイクを始めてもOKです。
乳液は、潤い成分が多く含まれているので肌を滑らかにする効果があり、ファンデーションの延びをよくします。
しかし半面、潤い成分がファンデーションと混ざり合うと、ヨレや崩れの原因にもなります。
特に夏場はその可能性が高いので、乳液を顔全体に延ばした後は必ずティッシュオフしましょう。
引用元:bihada-mania.jp(引用元へはこちらから)

②下地は2~3種類を使う

テカリやすいおでこと鼻には皮脂崩れ防止タイプ、頬にはパール入りの下地でツヤ肌を演出、それ以外には保湿力のあるものを使う……など。 工夫次第でよりキレイなメイクに仕上げることが出来ます。
引用元:beauty-matome.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お勧めは毛穴、色むらカバーを併せ持った下地に、部分的に肌をマットにするオイルフリーなどのベースをテカリやすい部分に使用することですね。

あくまでも厚塗りにならないよう、ベースは十分になじませてみてください!
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
色付きの化粧下地を使用する場合は
自分の肌よりもワントーン明るい色つきを選ぶのが◎
顔全体にたっぷり使用し毛穴部分は埋めるようにたたき込むのがポイント。
引用元:lovebeautyjp.seesaa.net(引用元へはこちらから)

③ファンデーションは『薄く』、余分な油分はオフ

ファンデーションを塗る際にポイントとなるのが、皮脂分泌が多い部分(TゾーンやUゾーン)は化粧崩れが生じやすいので、薄く塗るのが良いです。また、目や口の周辺というのは、動きが多くなりがちな箇所なので、やはり化粧崩れを起こしやすいです。こういった部分も厚塗りせずに薄くしておくのがコツです。
引用元:www.knack4life.com(引用元へはこちらから)
顔の中央から外側に向って、放射状にさっとのばしていきます。
目の下のくすみが気になり、ここに何度もファンデーションを重ねづけすると、ヨレの原因に。口のまわりなど、よく動くところも同じ。なるべく薄くつけ、クマが気になるようなら、下地のあと、薄くコンシーラでカバーしてから、ファンデーションをぬってください。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
目の下の三角ゾーンに、手を軽くこすり合わせてあたためた指で、軽くハンドプレスして密着させます。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファンデを馴染ませたら、ムラになっていたり崩れやすい部分をスポンジでオフすると余分な油分を吸収でき、美しい仕上がりになる
引用元:bihada-mania.jp(引用元へはこちらから)

④フェイスパウダーはパフよりブラシがイイ!

出典:www.skincare-univ.com
最後にフィニッシングパウダー等ですが、付属のパフではなく、ぜひブラシを用意して頂きたいです。

ブラシにパウダーを含ませ、そのまま付けると多いので、ティッシュの上でブラシをくるくると回し、馴染ませます。

ここでも内から外へを意識してブラシで払うように顔にのせます。 鼻周りは縦方向にブラシで上から下へ払いましょう。

ブラシを使う事により、パウダーが多くつきすぎる事を防ぎ、粉っぽくなりにくくなります。

さらに、パウダーはパールやラメが入ったものを使用するとツヤっぽさが出て、乾燥肌のカサカサ感が和らぎます。

⑤メイクが崩れてもこれを知っていれば大丈夫!

プロがメイク直しで絶対に欠かさないことは『肌の保湿』。

特に、乾燥してよれやすくなる目元、ほうれい線のあたりに保湿ケアを念入りに。
オイルの場合は極薄く叩き込むように、ミストの場合は顔全体に吹きかけたら、ティッシュで軽く抑えましょう。

何もない時は、リップクリーム(できれば天然素材のもの)でもOKです。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者