2016年06月28日更新
洗顔 肌トラブル 美肌

肌トラブル改善!いつまでもキレイな素肌に、美肌キープ!

間違った洗顔をしていると必要な皮脂まで落として乾燥や肌トラブルの原因になることもあるって、知っていましたか?正しい洗顔で「肌トラブル改善」「キレイな素肌」「いつまでも美肌キープ」

1399
1

■こんな間違い洗顔していませんか?

間違った自己流の洗顔方法が、ニキビや肌荒れ、乾燥を引き起こしている場合もあります。

出典:hadaare-naosu.seesaa.net
NG!たっぷりの洗顔料でゴシゴシ


洗顔において「ゴシゴシ」と擦るのは絶対にNGです。

洗顔料が肌のうるおいを奪っているという意識を持つことが大切です。
洗顔料で洗いすぎるほうがよほど肌にとってはダメージが大きいんですね。
引用元:www.gusik.info(引用元へはこちらから)
ゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、角質を傷つけ乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうのです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

寒い季節になると熱いお湯で顔を洗いたくなりますが、熱めのお湯は皮脂を余分に流すため乾燥が悪化!

出典:dry-skin-measures.seesaa.net
-クレンジングや洗顔時に汚れを落とそうと思い、
  ゴシゴシこすりたくなる気持ちはわかりますが、
  これもNG!

  顔の肌は刺激に弱く、
  ゴシゴシこするだけでダメージを受けてしまいます。
  それが乾燥肌やかゆみに繋がりますので要注意。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.zenyaku.co.jp
NG!シャワーを顔にかけて洗顔


顔めがけて勢いよくかけてしまいますが、これをやると肌のうるおい成分を洗い落としてしまうので、 顔が乾燥してしまいます。
シャワーで直接顔に水を当ててしまうと、ニキビができやすくなることがありますので注意が必要です。
引用元:park-s.biz(引用元へはこちらから)
肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌され、しかも乾燥した肌は角質がゴワゴワなので、皮脂が途中で詰まりやすくなってしまい、ニキビができやすくなります。
引用元:park-s.biz(引用元へはこちらから)
ニキビがある時に、シャワーの強い水圧で、そのニキビに刺激を与えてしまうと、ニキビを潰したのと同じことになってしまい、跡が残ってしまうリスクが高まるということです。
引用元:park-s.biz(引用元へはこちらから)

■NG洗顔でお肌「ボロボロ」の老け顔に!

出典:www.blackhillsbandit.com
・乾燥肌・敏感肌
・毛穴が目立つ
・シミ
・ニキビ
「刺激」・「摩擦」が強くなってしまう洗顔を続けていると、肌細胞の寿命を縮めてしまい、充分に準備のできていない(小さく、薄く、痛みやすい)状態の細胞が、肌の表面(角質層)に出てきてしまうため、肌表面がどんどん弱くなってしまいます。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)
こうなってしまうと、乾燥や敏感肌を招いたり、肌細胞が小さいので毛穴が目立ったり、痛みやすいのでシミになりやすかったりしてしまうのです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

乾燥や敏感肌を招いたり、肌細胞が小さいので毛穴が目立ったり、痛みやすいのでシミになりやすかったりしてしまうのです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)
乾燥やシミなど、今の肌トラブルの原因は間違った洗顔にあったのかもしれませんね!

■洗顔料は不要!顔の汚れは「皮脂」や「汗」「ホコリ」

出典:bihada-mania.jp
ほこりは室内では衣類の繊維片やダニなどの死骸、室外にある砂埃は、小さな汚れで、粒子も大きいので、水で流せばすぐに取れてしまいます

汗は汚れではありませんもともと水で、それに溶けていた塩分などは、水で流れます

酸化した皮脂や余分な皮脂も汚れではなく皮脂を落とすには、ぬるま湯で落ちます
朝の顔の汚れは寝ている間の皮脂や汗くらい。洗顔料を使って落とすほど汚れてはいないのです。
引用元:beauty-matome.net(引用元へはこちらから)
逆に朝までしっかり洗顔料を使ってしまうと、皮脂や保湿成分まで落としてしまい、乾燥やトラブルを引き起こしてしまうことにもなります。
引用元:beauty-matome.net(引用元へはこちらから)
今までの洗顔方法だと、どんどん肌を傷めつけていることがわかりましたね。
毎日の積み重ねで美肌をキープしましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者