2016年06月28日更新
むくみ解消 美容 まぶたのむくみ

腫れぼったい目元はサヨナラ!しつこい「まぶたのむくみ」原因と解消法

朝起きたら、まぶたがむくんで目の周りがパンパンに。多くの人が経験しているまぶたのむくみ。腫れぼったいまぶたは、顔の印象を大きく変えるので、気になる人が多いです。マッサージは冷やすなどの対処法が一般的ですが、まずはむくみを引き起こす原因を知ることが大切です。

2811
0

顔の印象が変わる「まぶたのむくみ」が気になる

よく朝起きたら、まぶたがむくんで目の周りがパンパンになっていることってありませんか?
多くの人が経験しているまぶたのむくみ。
腫れぼったいまぶたは、顔の印象を大きく変えるので、気になりますよね。
マッサージは冷やすなどの対処法が一般的ですが、まずはむくみを引き起こす原因を知ることが大切です。今回はまぶたのむくみを引き起こす原因と、対処法についてまとめました。
朝起きたときまぶたがすごくむくみます。マッサージをしたり、タオルで温めたりする方法はありますが、そもそもむくみにくくする方法はないでしょうか。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

目の周り・まぶたはむくみが出やすいパーツ

むくみは全身に起こりますが、特に顔・目元はむくみの症状が出やすいパーツです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

顔にむくみが出やすいのは、顔の皮膚、特にまぶたなど目の周りの皮膚は、非常に薄いので、より強くむくみが出る
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
まぶたのむくみが起きたら、まずは代謝や塩分を疑いましょう
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

【むくみの原因その1】塩分の摂りすぎ

塩分の摂りすぎは、むくみを引き起こす主な原因の一つです。ラーメンやスナック菓子など塩分を多く含む食生活を続けている人は、まぶたがむくみやすいです。「水の飲み過ぎ・お酒の飲み過ぎ」とよく言われますが、一緒に摂取している塩分が多い食事の影響も大きいです。
塩分の取り過ぎによる食生活
引用元:www.kaiteki-eye.jp(引用元へはこちらから)
塩分をたくさん摂ると、体は体内の塩分濃度を調整しようと水分の排出を抑えてしまいます。それにより、体はむくんだ状態に。特にまぶたなど皮膚の薄い部分はむくみが目立って腫れてしまう
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)
カリウムは塩分を体内から排出してくれる作用があります。ハンバーガーやポテトなどのジャンクフードを食べすぎたなと思ったらカリウムが豊富な食材を食べるといい
引用元:www.bihada-beautiful.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【カリウムが豊富な食材】
パセリ、アボカド、ほうれん草、納豆、大豆、サトイモ、豆類、キノコ、バナナ、キウイ

【むくみの原因その2】まぶたをこすっている

泣いたら翌日まぶたが腫れると言われていますが、主な原因は泣く事ではなく、目をこすってしまうことです。涙を流したら、目をこすらず涙を優しく拭きましょう。また、目をこする癖がある人も要注意です。
泣いてまぶたが腫れてしまうのは、涙を拭く時にこすってしまうことが原因で、泣くこと自体では実はそれほどまぶたは腫れません。
引用元:www.lifehacker.jp(引用元へはこちらから)
泣いた時は、決してこすらない、触らないが鉄則
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

【むくみの原因その3】メイク落しが不十分

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お酒を飲み過ぎて、メイクを落とさずに寝るのは絶対NGです。またメイク落しが不十分でアイメイクが残ってしまっている場合も。
メイクを落とさないで眠ってしまったり、汚い手で目を触ってしまったりということへの炎症反応としてまぶたが腫れぼったくなってしまうことも
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)
寝る前に必ずアイメイクを落としましょう。メイクは目を刺激するので、なるべく早めに落としましょう。そして十分な睡眠を取りましょう。
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

【むくみの原因その4】枕が低い

枕が低いと顔がむくみやすくなります。緩やかな傾斜をつけるなど工夫をしてみるのもおすすめです。ぐっすり眠ることが大切なので、無理な体勢にならないようにしてくださいね。
瞼(まぶた)が腫れたけれど昼から少し引いてきたという方に意外と多いのがいつもより枕が低かっただけだったという場合
引用元:www.medical-h.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者