2016年06月28日更新
美容 ダイエット ニキビ

体の中からニキビ・肌荒れを撃退!お肌にいい栄養素と主な食べ物

ケアしてるのにニキビやニキビ跡、肌荒れが治らない…。そんな人は根本を見直すことが必要かもしれません。お肌にいい栄養素、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、食物繊維の栄養やお肌への効果・効能、主な食材を紹介します。食事・食生活を改善をしてきれいなお肌に♪

2439
0

食べた物があなたを作っている

毎日口にする食べ物はあなたの肌を作っています。
本当に肌がきれいになりたい人は、体の中からの改善しませんか?毎日の食事を見直してみませんか?
毎日口にしている「食べ物の質」が、そのまま肌に現れます。肌は一切うそをつきません。とても正直なのです。
引用元:bb86ku.mobi(引用元へはこちらから)

ニキビ・肌荒れに大事な栄養素

ビタミンA

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ビタミンAが特に豊富に含まれているのがレバー、緑黄野菜、海藻類。

◆野菜◆
とうがらし、しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、ほうれん草、春菊、大根、カボチャ、ニラ、小松菜

◆果物◆
メロン、プルーン、みかん、マンゴー、パパイヤ、柿

◆魚類◆
銀鱈、あなご、うなぎ、ホタルイカ、いくら、すじこ
ビタミンAは肌のターンオーバーを整え、ニキビや肌トラブルに負けない肌の免疫力も高めます。
肌の乾燥を防ぐ効果もあり、肌のうるおいを保ちます。

ビタミンB2

ビタミンB2が特に豊富に含まれているのがうなぎ、レバー、納豆、たまご、アーモンド。

◆野菜◆
とうがらし、モロヘイヤ、しそ、パセリ、アスパラ、パプリカ、えだまめ

◆果物◆
アボカド、ゆず

◆魚類◆
うなぎ、うに、いわし、さば、ぶり、すじこ
ビタミンB2は肌の皮脂量を整え、正常に保ちます。ビタミンB2が不足すると皮脂の分泌が増えます。
脂質の代謝を促進する。皮膚・髪・爪の再生に関与する。有害な過酸化脂質を分解する。
引用元:www.eiyoukeisan.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ビタミンB6

ビタミンB6が特に豊富に含まれているのがまぐろなど魚介類、レバー、鶏ささみ。

◆野菜◆
にんにく、パプリカ、さつまいも、かぼちゃ、しそ、ピーマン

◆果物◆
バナナ、プルーン、アボカド、マンゴー、キウイ

◆魚類◆
まぐろ、かつお、いわし、鮭、さんま、あじ、さば
タンパク質の代謝を促すビタミンB群のひとつ。
引用元:www.ci-labo.jp(引用元へはこちらから)
ビタミンB2と同じく、皮脂量を整える働きがあります。新しい肌や髪の毛を作る為に欠かせない栄養素。

ビタミンC

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ビタミンCが特に豊富に含まれているのがレモンなど果物、野菜、アセロラジュース。

◆野菜◆
ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー、カリフラワー、かぼちゃ、しそ、大根、さつまいも、ズッキーニ、ほうれん草

◆果物◆
レモン、ゆず、柿、キウイ、いちご、グレープフルーツ、みかん、パイナップル、マンゴー

◆魚類◆
明太子、たらこ
コラーゲンの合成に必要なビタミン。免疫力を高めながら、肌のシワ、たるみを抑え、丈夫な血管や骨をつくる。
引用元:www.ci-labo.jp(引用元へはこちらから)
殺菌効果・皮脂の分泌を抑制し、ニキビ・ニキビ跡の炎症を防ぐ。美白効果も期待できます。

ビタミンE

ビタミンEが特に豊富に含まれているのがアーモンドなどナッツ類。

◆野菜◆
とうがらし、モロヘイヤ、大根の葉、かぼちゃ、ほうれん草

◆果物◆
ゆず、アボカド、マンゴー、ブルーベリー、レモン、プルーン、キウイ

◆魚類◆
あんこうのきも、いくら、すじこ、たらこ、明太子、うなぎ
体内の血行促進、ホルモン分泌の調整する作用もあり、冷え性・生理痛などの改善も期待できます。

亜鉛

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者