100均キャンドゥ『アルコールストーブ』が300円で優秀!ソロキャンに!火力、性能は?口コミまとめ!

100均キャンドゥから、『キャンプギア』の新商品が登場して大人気になっています。 5月13日ころからの新商品で『アルコールストーブ』が新発売! 330円の低価格ということもあり大人気!

6158
0

100均キャンドゥ『アルコールストーブ』が販売してキャンプ好きに大人気!

100均キャンドゥから、『キャンプギア』の新商品が登場して大人気になっています。
5月13日ころからの新商品で『アルコールストーブ』が新発売!

330円の低価格ということもあり大人気!

アルコールストーブとは?

アルコールを燃料に使い、お湯などを沸かすことができるコンロ。
ガスバーナーに比べとても軽量・コンパクトで、燃料も手に入れやすいのが特徴です。

アルコールストーブ 300円+税


野外で水を沸かしたり、料理をしたりといった場合に必要なストーブ。
その中でも、燃料にアルコールを使う「アルコールストーブ」(アルスト、アルコールバーナー)は、軽量・コンパクトで信頼性が高く、登山者やソロキャンパーに愛用者が多いストーブです。

遂に100均からも販売ということで話題になっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コンパクトな本体に液体のアルコールを入れ、気化したアルコールを燃焼させることで火を得るというシンプルなもので、故障しにくく信頼性が高いのもメリットです。

1人分のお湯を沸かす程度なら少量のアルコールで対応可能です。
少しでも荷物を減らしたい登山やツーリングにもオススメです。

メスティンにも収まるサイズ感!

最大のメリットは燃料が軽いこと。必要な量だけ持ち運べるため、持っていく荷物が限られた山登りなどで重宝する。また、燃料が比較的手に入りやすいのも特徴だ。飛行機での移動で燃料を現地調達しなくてはならないようなシチュエーションでも便利。登山者やバックパッカー、ウルトラライトな人々が好んで使うのもうなずける。

構造がシンプルなので、壊れにくいのもうれしい。長く使ううちにゴムの部分が経年劣化して、移動中に燃料が漏れてしまうようであれば、ゴム部分の交換も可能だ(オプション品を販売しているメーカーによる)。

アルコールストーブはコッヘルやクッカーを使った湯沸かしはもちろん、調理にだって向いている。変わらぬ安定した火力をキープすることができるので、炊飯(ごはん)だってお手のもの。ごはんが炊ける分の燃料だけ燃料ボトルに小分けにすれば、「長く炊き過ぎたー(焦げすぎたよトホホ…)」という長時間燃焼による失敗もない。結果的に効率の良い燃費効果が得られる、というわけ。

使い方はとても簡単だが、実際の使用シーンでは風よけの風防(風ぼう・ウインドスクリーン)を用意したり、シェラカップ、ケトルなどの調理器具を載せる五徳(ゴトク)を別途準備したりすることも。ただ、本体がなければ始まらない。
引用元:www.bepal.net(引用元へはこちらから)

アルコールストーブでどんなものが調理できる?


コーヒー、お茶、スープなどの温かい飲み物や、カップラーメンなど「お湯で調理できるもの」なら何でも作れます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

重さは、21.18g!容量80mlと、軽量で優秀!

ちょこっとストーブとも連携して使えそう!


快適に調理などを行うためには風防と五徳はセットなどがあるとおすすめ!100均で販売しているちょこっとストーブで、より安全性に、火力の調整や燃焼効率向上も期待できそう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

100均キャンドゥ『キャンプ用品』まとめはコチラから▼

こちらもオススメ▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者