2016年06月28日更新
元彼 恋愛 ストーカー

きっぱり別れたい!元彼からの連絡がマジしつこい!と思った時の対処法

もう別れたはずなのに、やたらと元彼から連絡が来るのは正直うんざりしますよね? 今回は元彼からしつこく来る連絡への対処法をお伝えします。 元彼からくる連絡のしつこさの度合いで対処法を使い分けていくことが肝心です。

3825
0

元彼のしつこい連絡、その心理は?

①想いが蘇った

元彼はあなたとの復縁を望んでいます。
もしあなたにもまだ元彼への恋心があるのならチャンスですよ。

引用元:365-girl.com(引用元へはこちらから)

②再会したい

とにかくあなたに会うことを望んでいます。
彼女と別れた直後の寂しさを紛らしたい、自分と別れたことをあなたに後悔させたいなど、心の隙間を埋めるために、あなたを利用しようとしています。
引用元:365-girl.com(引用元へはこちらから)

③近況を知りたい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一度恋人同士になったのだから、お互いが特別な存在だと思っています。
あなたへの想いは断ち切ることができていても「気になる女性の一人」なのです。彼氏はいるのか、結婚しているのかなどを知って、あなたにパートナーがいなかったら安心できると元彼は思っています。
引用元:365-girl.com(引用元へはこちらから)

携帯電話は必ず着信拒否

ついつい、そこまでするのは…と思いがちですが元カレにしつこくされない為には、絶対に外せない項目です。元カレの未練を断つ為にも必ず、しかも速やかに着信拒否をしましょう。出来れば番号を変えるのがベストです。

引用元:magazine.campus-web.jp(引用元へはこちらから)

メールアドレスやLINE、SkypのIDは変更する

連絡を完全に断つことはとても大事な事です。メールアドレスは変える人も多いのですが意外と見落としがちなのはLINEやSkypなど近年ポピュラーになったツールです。こう言ったもののIDも忘れずに変える事を忘れないで下さい。

引用元:magazine.campus-web.jp(引用元へはこちらから)

きっぱりと言う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

はぐらかしても雰囲気を察することができずに、まだしつこく連絡してくる元彼にはきっぱりと言ってあげましょう。
「もう別れたんだし、会う気はないよ!」とか「はっきり言って迷惑だから!」とストレートに言うほうがより効き目があります。
もう自分には気持ちがないのだと元彼が悟ってくれれば、連絡をしてくることはないでしょう。
引用元:www.koimoyou.com(引用元へはこちらから)
しかし、場合によっては逆恨みをしてきたり、ストーカーに変身、なんてこともあるかもしれません。
元彼の性格を考えた結果、次のような選択をするのもいいかもしれません。

引用元:www.koimoyou.com(引用元へはこちらから)

「彼ができたから」と伝える

「嘘も方便」ということわざがありますが、彼氏ができていなくても「彼ができたから」と断るのはアリです。
自分のことは吹っ切れて、新しい恋に進んだのだと納得してくれれば、未練がましく連絡するのはやめてくれるでしょう。
引用元:www.koimoyou.com(引用元へはこちらから)
共通の友人などを通じて探りを入れてくることも考えられますが、友人たちも知らない誰かということにしておけばしばらくは大丈夫です。
心配ならば、念のために友人たちと口裏を合わせておいた方がいいかもしれませんね。
それでもしつこく連絡を入れて来るのであれば、最終手段です。
引用元:www.koimoyou.com(引用元へはこちらから)

連絡が来るごとに嫌いになるという

スポンサーリンク

スポンサーリンク

別れるとき連絡はしないと約束したのにしつこく連絡されると、いい思い出とも思えなくなってしまうといいましょう。普通の元彼ならすごすご退散します。
引用元:matome.naver.jp(引用元へはこちらから)

友達でいようとは思わない

良くありがちなのは、出来るだけ別れる際にスムーズにいくようにと、これからは友達でいようと言うケースが多いですがこれは絶対に駄目です。

引用元:magazine.campus-web.jp(引用元へはこちらから)
結局、こう言うセリフは自分がどう考えているかとは掛け離れて、相手に希望を残すものです。関係が完全に切れなければ、またいつかは…とそんな風に考えてしまうものなのです。

引用元:magazine.campus-web.jp(引用元へはこちらから)

良い人と思われたいと思わないでおこう

とかく別れの際は、自分も相手も傷付かずと考えがちですが、別れる限りはそれは大きな間違いです。別れるのですから、どんな形をとっても双方傷付きます。その選択が必ずしも正解だったとも言えません。

引用元:magazine.campus-web.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者