2016年10月04日更新
冷え性 睡眠

冷え性の人必見!冬に熟睡する方法まとめ

寒い時は体が冷えているので、就寝時の体温変化が少なくなります。 そうすると、寝付きが悪くなったり、なかなか深い睡眠に入れなかったりします。 寒い日でもぐっすり寝るにはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

1447
0

食事で体を温める

バランスを整え健康を維持することが、良質な眠りにつながります。
日本人の体質にあった和食を摂ることをおすすめします!
冬には体を暖める働きがある「蓮根・ごぼう・大根」をとりましょう。サラダなどの生野菜は体を冷やす効果がありますのでスープなど煮込み料理で野菜をとりましょう。
また、砂糖は体を冷やすので冷え性の方は、ケーキやジュースなど甘いものを控えることが安眠への近道です。
引用元:kirei-torisetsu.com(引用元へはこちらから)

就寝前にお風呂に入る

スムーズに眠りにつくためには、徐々に体温が下がっていく必要があります。ですが、体が冷えていると、体温の下がり幅が小さいので、寝付きが悪くなることがあります。

そこで効果的な方法としては、寝る前にお風呂に入って、体を温めることです。

引用元:www.fuminnsyou.com(引用元へはこちらから)
シャワーだけで済ますのではなく、きちんと湯船に浸かって体を暖めると、風呂あがりには上がった体温が急激に下がっていくので、スムーズに眠りにつけるようになります。

ポイントは、40~41度くらいの、熱すぎない温度に設定することと、就寝前の1時間以内にお風呂に入ることです。かなり気持ちよく眠れると思いますよ。

引用元:www.fuminnsyou.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

寝る30分前に首もとを温める

首もとは、温かさを感じるポイントが集まっている部位。首もとを温めれば全身の血めぐりがよくなるので、手足まですばやく温まります。その結果、放熱が促され、身体の深部温度が下がるため、入眠しやすくなるのです。
引用元:www.well-lab.jp(引用元へはこちらから)
市販されている、首もとに直接貼るタイプの「温熱シート」を活用して、就寝の30分前に首もとを温めましょう。特に手足の冷えを感じやすい人にはおすすめです。
引用元:www.well-lab.jp(引用元へはこちらから)

マスクをして寝る

マスクをしていると鼻のなかに冷たい空気が入らないため保温効果が高まり、体温も下がりにくくなります。また、お肌の乾燥対策にもなるため、女性におすすめです。

引用元:www.chimeguri.com(引用元へはこちらから)

寝具、パジャマを温める

スポンサーリンク

スポンサーリンク

眠る前に寝具やパジャマを温めておくのも効果的です。暖かい寝具やパジャマのお陰で体温が上がり、その後段々と体温が下がってくるので、スムーズに眠りにつくことができるようになります。

引用元:www.fuminnsyou.com(引用元へはこちらから)
寝具やパジャマを暖める方法としては、湯たんぽを使うのがいいですね。布団の中に湯たんぽとパジャマを入れておくと楽チンです。
また、こたつの中にパジャマを入れておくというのもありですね。

あるいは、就寝前にエアコンで寝室を暖めておくというのもいいアイディアです。

引用元:www.fuminnsyou.com(引用元へはこちらから)

厚着は禁物

 寒くて眠れない夜、どうしても過剰な厚着をしたくなりますが、なるべくやめましょう。

 生地が厚いモコモコ素材だったり、着こみすぎたりすると、スムーズな寝返りを妨げ、肩こりや腰痛、疲れがとれない、などの一因になってしまいます。
引用元:style.nikkei.com(引用元へはこちらから)
 寝返りには、腰や背骨のゆがみの調整、筋肉の疲れをとる、ふとんの中の温湿度調整、血液循環を促す、眠りのリズムを整えるなど、重要な役割がたくさんあります。

 パジャマの上に、カーデガンや流行りの着る毛布を重ね着して眠る方もいると思いますが、背中でもたついたり、ゴワゴワして寝心地が悪く、睡眠中、無意識に打つ寝返りを制限してしまい、ぐっすり眠ることができません。また、重ね着をしすぎると汗が蒸発しにくなり、体の熱が発散されず寝苦しくなります。

 パジャマは薄手、生地は汗を吸い、温湿度調節をしてくれる綿やウールのダブルガーゼやスムースニットがおすすめです。
引用元:style.nikkei.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

掛け布団を重ねすぎない

厚着をするのと同様、掛け布団が重すぎると、寝返りに必要以上に力が入るため、ぐっすり眠ることの妨げになります。敷き布団を温かいものに替えて調整するのが効果的です。

引用元:r25.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

しめつけのきつい靴下を履かない

冷え性の方は靴下をはいて寝る方も多いと思いますが、足を圧迫するような靴下は、足首や指の血行を阻害し、かえって冷えを悪化させることにもつながります。

引用元:www.chimeguri.com(引用元へはこちらから)

みんながやってる就寝時の寒さ対策

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者