2016年10月04日更新
冷え性 睡眠

冷え性の人必見!冬に熟睡する方法まとめ

寒い時は体が冷えているので、就寝時の体温変化が少なくなります。 そうすると、寝付きが悪くなったり、なかなか深い睡眠に入れなかったりします。 寒い日でもぐっすり寝るにはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

619
0

食事で体を温める

バランスを整え健康を維持することが、良質な眠りにつながります。
日本人の体質にあった和食を摂ることをおすすめします!
冬には体を暖める働きがある「蓮根・ごぼう・大根」をとりましょう。サラダなどの生野菜は体を冷やす効果がありますのでスープなど煮込み料理で野菜をとりましょう。
また、砂糖は体を冷やすので冷え性の方は、ケーキやジュースなど甘いものを控えることが安眠への近道です。
引用元:kirei-torisetsu.com(引用元へはこちらから)

就寝前にお風呂に入る

スムーズに眠りにつくためには、徐々に体温が下がっていく必要があります。ですが、体が冷えていると、体温の下がり幅が小さいので、寝付きが悪くなることがあります。

そこで効果的な方法としては、寝る前にお風呂に入って、体を温めることです。

引用元:www.fuminnsyou.com(引用元へはこちらから)
シャワーだけで済ますのではなく、きちんと湯船に浸かって体を暖めると、風呂あがりには上がった体温が急激に下がっていくので、スムーズに眠りにつけるようになります。

ポイントは、40~41度くらいの、熱すぎない温度に設定することと、就寝前の1時間以内にお風呂に入ることです。かなり気持ちよく眠れると思いますよ。

引用元:www.fuminnsyou.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

寝る30分前に首もとを温める

首もとは、温かさを感じるポイントが集まっている部位。首もとを温めれば全身の血めぐりがよくなるので、手足まですばやく温まります。その結果、放熱が促され、身体の深部温度が下がるため、入眠しやすくなるのです。
引用元:www.well-lab.jp(引用元へはこちらから)
市販されている、首もとに直接貼るタイプの「温熱シート」を活用して、就寝の30分前に首もとを温めましょう。特に手足の冷えを感じやすい人にはおすすめです。
引用元:www.well-lab.jp(引用元へはこちらから)

マスクをして寝る

マスクをしていると鼻のなかに冷たい空気が入らないため保温効果が高まり、体温も下がりにくくなります。また、お肌の乾燥対策にもなるため、女性におすすめです。

引用元:www.chimeguri.com(引用元へはこちらから)

寝具、パジャマを温める

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者