2016年07月16日更新
結婚 同棲 恋愛

結婚する前に同棲は絶対しない方がいい!?その理由とは?

結婚前に同棲を経験するカップルは少なくないようです。 でも「入籍前の同棲は結婚を遠ざける結果になる」とよく言われます。でも、どうして入籍前の同棲はいけないのでしょうか。

5274
0

プライベートな時間がもてない

意外と一人の時間を大事にしている男性は多いもの。しかし、2人の生活となると今までのように自由になれる一人の時間を持つことができなくなってしまい、ストレスと感じてしまうこともあるようです。

引用元:u-rennai.jp(引用元へはこちらから)

アラを隠し切れなくなる

一緒に生活をすると、どうしても「女性らしさ」を維持できなくなります。念入りなお肌のお手入れやむだ毛の処理など、彼にはみられないでしたいことってたくさんありますよね。

同棲をするとそういう部分も見せることになり、時に男性を幻滅させてしまう可能性もあるんです。そんなに女子力は維持できないよ!と開き直って、彼の下着をはき始めてしまったら最後。

いつまでも愛される努力を惜しまない女性でいられるように、1人の時間も大切にすべきなんですね。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

ドキドキ感がなくなる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

同棲すると、相手がいることが日常になってしまい、「ときめき」が薄れていってしまうのは容易に想像できますね。

実はこの状態を言い換えると「手に入りそうで入らない距離」が「手に入った距離」になってしまう、ということになるのです。

恋愛において、男性は「手に入りそうで入らない距離」にあるものに強く惹かれる、といわれています。この距離にいる女性に対しては、男性はとてもテンション高く相手に対して強くアプローチしてくるのです。しかし同棲の場合、完全に相手の「手に入った距離」に入ってしまうので、男性のテンションが次第に上がらなくなってしまうといいます。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

彼女ではなく、おかんになってしまう

彼にイイところをみせなきゃ!と思い、気合いをいれて家事をこなす。気が付いたら彼女ではなく、「たくましいお母ちゃん」になってしまった!なんてことも。

しっかり者で完璧主義の女性ほど彼女としての立ち位置を失いがち。知らず知らずのうちに、彼に息苦しさを与えてしまうかも。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

セックスがマンネリになる

付き合い始めは楽しいセックスもヤリすぎると必ず飽きる時がきます。夜寝る前に求めてこない彼に対して「私への愛が冷めたのかな?」と悲しい気持ちになるのがオチです。

結婚前にはセックスレス?!いや、セックスレスになり結婚目前で破局なんてこともあるかもしれません。あまり与え過ぎないように上手に彼の性欲をコントロールしてあげることも大切なようですね。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ストレスが貯まったとき、その解消先を相手にしがちになってしまう

たしかに仕事上のイライラや、人間関係など、日常のストレスを身近な同棲相手にぶつけてしまうことも多くなるかもしれません。お互いにストレスが溜まれば恋愛関係が壊れていってしまうこともあるのだとか。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

婚期が遅くなる可能性

同棲で一番怖いのが「婚期が遅れる」事です。同棲前は「結婚を前提に同棲」と思っていたのが、いざ始めてみると、結婚しているのと変わりないような生活を送れる事から、特に男性の方がその関係に居心地よく感じてしまって、結婚という形を取らなくても良いと心変わりしてしまうみたいです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
なので、同棲期間はあまりズルズルと長引かせず「半年後には入籍する」などのケジメをつけてから始めた方が良いでしょう。また、2人だけで決めるのではなく、お互いの両親にもきちんと挨拶をして、どのくらいの期間同棲するのか、いつ頃入籍するのかを宣言しておいた方が、だらだらと同棲が長引いてしまうリスクも減るでしょう。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

依存心が強くなる

大好きな相手と同棲ができたことで、依存心が強くなってしまうと厄介です。その結果相手からは「お前、重いよ…」なんて言われてしまっては同棲している意味がありません。依存心を防ぐには同棲であっても必ず互いのパーソナルスペースは保つということを意識しましょう。依存心は醜い感情に変化してしまいます。

それは自分も、そして相手も不幸にしてしまうもの。どれだけ同じ環境で暮らしているパートナーであっても、元は血のつながりのない赤の他人だったはずです。心地良い関係を築き上げることを大切にしましょう。
引用元:seikatu-chie.com(引用元へはこちらから)

結婚の実感が湧かない

結婚前から一緒に生活をしていると、結婚後の一番楽しい「新婚期間」をエンジョイできなくなります。

新しい家具や食器をそろえて、毎晩同じベッドで寝る。そんな何気ないことも新鮮に思える、幸せな新婚期間があるかどうかは、その後の結婚生活にも大きな影響をもたらすことでしょう。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

お金や家事の分担でもめやすい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者