2016年08月23日更新
告白 恋愛 恋愛テク

これで失敗が減る!「愛の告白」の成功率を高める成功率を高めるちょっとしたポイント

今回は、告白の成功率が上がる方法について調べてみました。 成功率を上げるために覚えておきたいポイントをご紹介します。

3550
0

告白は出逢って3か月以内

告白成功率が最も高くなるのは
2人が出逢ってから3か月以内と言われています。
バレンタインデーがちょうどその時期になれば
告白成功率もアップするかもしれませんね。
引用元:mery.jp(引用元へはこちらから)
知り合ってから告白までの期間を、3ヶ月以内、4~6ヶ月、7~12ヶ月、13ヶ月以上にわけたところ、成功は3ヶ月以内の告白が最も多かったのがわかり、反対に最も失敗するのは1年を超えてからの告白だったため、「知り合ってから3か月以内に告白したほうがうまくいく」と言われるのです。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

告白までに3〜4回はデートする

相手のことをほとんど知らないのに告白をしても、成功する確率は非常に低いでしょう。
引用元:renaibu.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性の場合でも大抵、ほとんど知らない女性から告白されれば困惑します。むしろ、ちょっと面識がある程度で告白をOKするような男性はあまり信用しないほうがいいでしょう。

また、顔を合わせる頻度が多いほど親近感を抱きやすいという心理もあります。そのため、告白に至るまでには最低でも3回はデートをしておきましょう。

二人で遊ぶ時間の中でお互いの理解を深めた上で告白をすれば、成功率は上がります!
引用元:renaibu.jp(引用元へはこちらから)

告白する時は「好き」という言葉を!

「好き」という気持ちを告白のセリフの中には絶対いれたほうがいいです。
というのも、「好き」と入れるだけで言葉の印象が変わるのです。
例えば、「付き合ってください」と「好きです。付き合ってください。」では印象が違いますよね?後者のほうがより相手に気持ちが伝わりやすく、相手にさらに言葉が響きやすいです。告白のセリフには必ず「好きです。」と入れるようにしましょう。
引用元:jooy.jp(引用元へはこちらから)

好き好きオーラを出すより、相手の心地よさを考える

つい「この人と付き合いたい!」という気持ちが強いと、自分をアピールしたり、一緒にいたい!という気持ちが全面に出てしまいますが、人間関係はバランスです。


引用元:motivation-upgrade.com(引用元へはこちらから)
一方が出れば一方が引っ込むように出来ています。本当に良い関係になりたいのなら、相手に自分の魅力を伝えようとするよりも、相手の魅力を引き出せるような心のスペースを持つことです。

「この人といると自分がすごくステキに思える」と思ってくれたら、あなたと一緒にいたいという気持ちに自然となるでしょう。そんな関係が作れていたら、告白をしても失敗する可能性はぐっと低くなります。


引用元:motivation-upgrade.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

告白成功率をあげる時期は「秋」「冬」

昔から告白が成功しやすい時期は「秋」「冬」だと言われています。冬になると恋人たちのイベントでもあるクリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどさまざまなものがありますよね。このイベントを恋人と過ごしたいと思っている人は少なくないのです。また寒い季節になることで、無意識的に人肌を求めるようになります。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
この時期の前に告白をすることで、ある程度告白成功率をあげる事が出来ます。多くの人はこの時期までに恋人を作ろうという意識を持っているのです。「冬までに恋人がほしい」と思っている時に気になる人から告白をされれば、OKする人も多くなりますよね。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
この時期の前に告白をすることで、ある程度告白成功率をあげる事が出来ます。多くの人はこの時期までに恋人を作ろうという意識を持っているのです。「冬までに恋人がほしい」と思っている時に気になる人から告白をされれば、OKする人も多くなりますよね。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
また秋冬にあるイベントを一緒に過ごすことが出来れば、このイベントを上手に活用出来るようになるといいですね。

そのため、急いで告白をしなければならないという状況でない場合には、「秋」「冬」の時期を狙って告白を行うようにしましょう。ただ、この時期に相手が忙しいという場合には「忙しくて恋愛について考える余裕がない」という状況になってしまう可能性もある為、相手のタイミングもしっかりと把握しておくようにしましょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

玉砕覚悟で告白しない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「告白」は、入学試験ではなく、入学式です。入学資格を獲得したと確信できたタイミングで告白してください。言うなれば、告白は、「勝ち目が見えてから」です。もちろん、入学するためには、合格するための入学試験が必要となります。ここで言う入学試験は、女の子とデートすることを意味します。複数回のデートを重ね、圧倒的な好印象(高得点)を獲得し、入学資格をゲットするようにしてください。

引用元:www.lifehacker.jp(引用元へはこちらから)

相手の気分が良い時、悪い時を狙い撃ちする

人は心理的に気分が良い時は、要求や希望を受け入れやすい状態になっています。 例えば、デートでいきなり家に誘うと大抵は断られますが、 間に食事を挟むとうまくいきやすい。それは、お腹が膨れることで満足感が出て 、ある程度の望みなら叶えてあげようと思うからです。 逆に気分が悪い時でも似たようなもので、仕事が上手くいっていないときや 受験勉強をしなければいけない時など、ストレスが掛かっている時、 男女共に異性に惚れっぽくなります。
引用元:koitanu.com(引用元へはこちらから)

告白の場所は家

告白の場所が、
自分の家=告白の成功確率=約70%
相手の家=告白の成功確率=約80%
学校=告白の成功確率=約23%
道端=告白の成功確率=約56%
公園=告白の成功確率=約45%
車内=告白の成功確率=約53%
以上の結果だった。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者