2016年08月24日更新
結婚式 結婚 恋愛

意外に多い!?「結婚式を挙げたくない」人の本音とは???

最近は結婚式をしたくない人が増えているようです。 今回は結婚式をしたくないと思う理由とホンネについてまとめてみました。

3431
0

お金がかかる

結婚式は1度挙げるだけでもウン百万という金が飛びますよね。だったらそのお金を今後の生活のために貯蓄しておきたいという人が多いみたいです。参列者たちにも3万円の支出をさせてしまうということに引っかかる人もいるようですね。生活が苦しい時の3万円の出費は確かに痛いですよね。

引用元:www.weddingpark.net(引用元へはこちらから)

そもそも結婚式の費用がない

お互いそんなに貯蓄の蓄えがなく、2人で住むための家賃や引っ越しなど生活のことを優先すると、そもそも結婚式の費用がないのでしたくないという意見もあるようです。先ほどの結婚式費用を貯金したいという考えと同じように現実的な目的を優先する傾向があるように思えます。

引用元:jooy.jp(引用元へはこちらから)

友人関係やSNSが面倒

スポンサーリンク

スポンサーリンク

近年はSNSが活発になり離れた場所に住んでいても、最近はあまり付き合いがない友人にも、日常生活は筒抜けです。結婚式をした場合、誰を呼ぶのかというのは何時の時代でも悩みの種ですが、SNSが主流になった今、「○○は呼ばれたのに私は呼ばれてない!」とモメる原因になりやすくなっています。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
また結婚相手の元彼女などにもその情報は筒抜けになってしまいます。場合によっては披露宴の内容を品定めされることも…。これらのことを考え始めると、結婚式を挙げずに籍だけ入れたほうが煩わしさが無くて楽だなと思うのです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

仕事が楽しいと思っている

これは男性にも多い理由だと思います。大学を卒業し、ようやく仕事に慣れてきて重要なポストを任されたり、競合の激しい社会に身を置いて男性同様バリバリ働く女性も少なくはありません。そんな女性の仕事の妨げになる「結婚」。

引用元:jooy.jp(引用元へはこちらから)
野心の強い人ほど1つのことに打ち込み、中途半端に2つ3つと大きなものを抱えることは難しいのです。何としてでも上に上がる!今は他のことは何も見えないといった情熱に男性も女性も違いはありません。
ですから目標を達成するまで、ただ純粋に今目の前にある仕事に全力で打ち込みたいという意志から結婚を考えていないという女性も多いのです。

引用元:jooy.jp(引用元へはこちらから)

時間がかかる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

準備期間から考えると、結婚式はかなりの時間を費やしますよね。その分2人で過ごすことに時間を使いたいと考えているみたいです。また、普段の仕事が忙しく、家にいるときはゆっくり過ごしたいのに、そこに式の準備が入ってくるのがいやという人もいます。式の準備をすることによって、喧嘩が増えたりするのを懸念するカップルもいるようです。生活環境によっても考え方に差がありそうですね。

引用元:www.weddingpark.net(引用元へはこちらから)

しきたりや人間関係が面倒だから

昔に比べると最近は、結婚式のしきたりもかなり簡素化されてきています。しかしその変化に対応しきれない親世代が存在するのも事実。

結婚の準備のことであまりにもガミガミ言われてしまうと、家族や親戚付き合いを面倒に感じ、結婚式に対する憧れが薄れてしまうようです。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

「主婦業を押し付けられる」ことに抵抗がある

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚する男性に寛容さが求められない場合、主婦としての役割を100%押し付けられるという心配から結婚をしたくないと考えている女性もいます。主婦業に縛られれば、当然目一杯仕事に打ち込むことはできません。

引用元:jooy.jp(引用元へはこちらから)
そいった男性と結婚したとしてもすぐに離婚してしまうという未来予想図から、あらかじめその相手との結婚を避けている人も少なくはありません。こういった場合は、男性側に仕事に対する理解があったり、主婦業を押し付けない寛容さがあれば、女性も結婚を考えやすくなります。

引用元:jooy.jp(引用元へはこちらから)

結婚式の主役になるのが恥ずかしい

結婚式は結婚の報告の場でありますが、実際のところ主役は花嫁だと思っている方も多いのではないでしょうか?それだけ注目が集まりますし、ドレスや着物など普段とは違ったものを着なければいけません。

注目されることが苦手な人にとっては、自分が主役になるような結婚式が苦痛に感じるでしょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

アットホームな「2人だけ婚」「ファミリー婚」が人気?

「華やかな結婚式が苦手……」という若者たちに人気を集めているのが、海外ウェディング。

日本で挙げる結婚式と違い、気を張らずに手軽に済ませられることから、新郎新婦の2人だけで挙式のみ行うケースや、両親と兄弟だけを招待してこじんまりとしたお祝いするファミリー婚などが近年注目されているそうです。
引用元:www.hanakuro.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者