2016年10月21日更新
彼女 気配り モテテク

彼女にしたい!と男性が思う気配りできる女性の特徴とは?

気配りの達人は、どういう特徴を持っているのでしょうか?気配り上手な人の特徴や行動を確認してみましょう!

10844
0

姿勢がいい

「気配りとは、自分のこと以外にも周りを観察する余裕があり、情報処理能力に長けて、必要と感じたことに対して即、行動を移す能力です。そのためには体性感覚(体の内側のセンサー)からの信号を受けて、反射的に動作に移すための“姿勢反射”が必要となります。

姿勢が悪いと、体の内側の回路は迷路状態になってしまい、体の不調信号を含む、多くの情報が入って混乱状態です。つまり信号を受け取る部屋が、いつも散らかっている感じです。
引用元:bizlady.jp(引用元へはこちらから)
逆に、姿勢が良いと整理整頓ができて、情報がいつでも取り出せる状態になっています」

つまり姿勢を良くして、この反射的に動作に移すことができるかどうか?というのが、“気配り”ができる人と、できない人の差になるというのである。
引用元:bizlady.jp(引用元へはこちらから)

人より先に細かなことにも気がつく

気配りできる人は、物事を広く観察できるため、様々なことに人より先に気づくことができます。それも、皆が気付かないような、細かいことに気づくことができるのです。例えば、グループ内で会話が弾んでいて、盛り上がっているとしましょう。そんな時、一人だけちょっと悲しそうな人や乗り切れていない人がいることに気づける人が、気配り上手さんなのです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気配り上手な人は、周りの状況や雰囲気に流されず、いつもフラットで平等な目で物事を見ることができる人でもあるでしょう。細かいことに気づくというのは、簡単なようでとても難しい事なのです。その時の自分の感情を最優先するようなタイプでは、細かなこと、他人の心境にまでなかなか気づけないでしょう。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
自分の感情を優先することが、悪いわけではありませんが、気配りができる人に、自分のことを気づいてもらえた人はとても嬉しく感じるでしょう。その人に感謝するかもしれません。気配りができる人は、人より先に細かなことに気が付く人なのです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

聞き役に回れる

男性が真剣に話をしている際は、黙って相槌を打ち、聞き役に徹しましょう。もしかしたら内容は考え方が偏っていて、あなたの感じていることとは異なるかもしれません。ですが、男性は「誰か」に話を聞いて貰いたいのです。だから熱く語っているんだと思います。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ですので、もしかしたら他の方々は聞き流している、もしくは聞いていないようなちょっと詰まらない内容の話であったとしても、あなただけは興味を示して相手の話を聞いてあげてください。そうすればきっとその男性は、あなたのことを気遣いの出来る女性だと感じてくれるのではないでしょうか。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ここで少し注意して欲しいのは、真剣に聞き過ぎ無い方が良いと言うことです。確かに真剣に話しているのだから真剣に聞かなくては、と思われると思いますが、目を見つめて聞き入りすぎるのはどうかと思うので気をつけてください。聞き手に回る際は、時折視線を外し、柔らかな表情を心がけましょう。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

前向きな言動をとる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

良くないニュースを聞いて、
同じ人間なのにどうしてこんなにも違いがあるのだろうと感じることがたくさんあります。

悪いニュースの影響を受けて不安を感じ、ネガティブなことしか言わなくなってしまう人がいるのに対して、気配りができる人は総じてポジティブシンキングです。

また、外部環境にあまり振り回されることがないので、
自分を貫くことができます。

その姿勢が相手に対しても表れており、
思いやりの言動につながります。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

男女両方の友達が多い

気配りのできる女性は、男女問わず好かれるので、友達が多いです。

気配りのできる女性が、男性に好まれるのは、当然です。

けれど、実は女性にもウケがいいのです。

男性にも態度を変えず謙虚でいる姿は、同性からの支持を集めることができます。

出しゃばらず、周りの人のことを考えて行動できる女性は、何人かで食事をするときには、いてほしいタイプなので、よく集まりに誘われます。

気配りのできる女性と一緒に居て、居心地が良いと感じるのは男性だけでなく、女性も同じです。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

ここぞという時に行動を起こす

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実は気配りができる人は、“ここぞという時に行動に移す”のです。気付いたことすべてに対して行動に移すわけではありません。先ほどの例でいうと、一人悲しそうな人、乗り切れていない人に対しては、その場の雰囲気で、声をかけたほうが良い場合、そっとしておいた方がよさそうな場合が違ってきます。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
気配りができる人は、そういった微妙な空気を読むこともできるので、場合によっては「楽しんでる?」や「楽しいね!」と落ち込んでいることに気づかないふりをして声をかけることもあるでしょうし、そのことに触れない方がよさそうなら、気付いていても声をかけないのです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

褒めまくる

気配りが上手な人はたいてい褒めることも上手です。

それは相手をよく観察しているからこそ、
褒めるポイントが湧いてくるからです。

怒鳴って怒ることは簡単なのに、いざ褒めるとなるとなかなかできないという人がいます。

怒るということはそれに対して、
情熱や愛情があるからです。

しかし褒めることはさらに愛情が必要になります。

褒めることから始めれば、もっと相手のことをみるようになり、より細やかな気配りができるようになります。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

ハンカチ・テッシュとばんそうこうを常に持っている

こへお出かけするときも、この三点セットは常にカバンにはいっていて、いざというときにさっと取り出すことができる。

ハンカチはもちろん可愛くてきれいなもの。テッシュはティッシュケースに入っているとより清潔感をアピールできるはずです。

案外ちょっとしたときにティッシュって使いますよね。

ウエットティッシュまで持っているとなんと先回りのできた人だとなるかもしれません。

ちょっとけがをしている人を見たときに、さっとバンソウコウを渡すなんていうのもとても気配りができる女性として認識されるものです。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者