2022年08月17日更新
満島ひかり 笑ってコラえて 回文

満島ひかり『回文を作る特技』の能力が高すぎて驚き!天才では?と大絶賛!笑ってコラえて8/17

2022年8月17日の「笑ってコラえて」で、ゲストに「実はわたし○○の達人なんです」を発表するワンコーナーが大反響! ゲストの『満島ひかり』さんの達人っぷりがすごすぎる!

1042
0

『満島ひかり』さん『回文を作る特技』を披露!

2022年8月17日の「笑ってコラえて」で、ゲストに「実はわたし○○の達人なんです」を発表するワンコーナーが大反響!

ゲストの『満島ひかり』さんの達人っぷりがすごすぎる!

『満島ひかり』さん!【回文を作るのが得意なんです】

回文を作るのが得意という、満島ひかりさん。
回文っていても、そんなに長い文章じゃないんでしょ。と思いながらテレビを見ていると、誰にでもできる特技ではなく、天才的な才能を発揮しています。


回文とは?
シンブンシ(新聞紙)などのように、上から読んでも下から読んでも同じになる文句を回文と言います。

まず簡単なものから


まず簡単なものからという、満島ひかりさん

けさ なかば のむの ばかな さけ(今朝半ば、飲むの馬鹿な酒)

さらっと発表する満島さんに、所ジョージも簡単じゃないじゃんと驚き!
そして、ここからがさらにすごかった!

もっと長いやつを発表


誰だ 箱の明かり?モヤ?影かと感じまくる あの坂の 陽の目 後追う音 雨の日の傘の 歩く魔人か?トカゲか?ヤモリか?あの子は誰だ?
(だれだ?はこのなかのあかり?もや?かげかとかんじまくる あのさかのひのめ あとおうおと あめのひのかさの あるくまじんか?とかげか?やもりか?あのこはだれだ?)


ちょっと文学的な文章を発表。コレ、上から読んでも下から読んでも同じになってるんです。

ちゃんと文章になっていてすごすぎる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スタジオでも、すごいと大絶賛!


スタジオにいた松丸さんは、謎解きを作ったりするときに、回文を作る時もあるので、その際に発注させてくださいと大絶賛でした。

これだけ長い文章の回文は、なにかしらとくちゅな訓練をしないと情人では作れなそう・・・

さらっとやってしまう『満島ひかり』さんは、すごすぎる!

『満島ひかり』さんの回文、想像以上に凄すぎる!SNSでも大反響!

もう少し簡単なのであれば、だれでもできそうですが、これはまねできない!!!
SNSでも天才なのでは?と話題に!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらもオススメです▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者