メガネにかけて使用する「Hang Mask(ハングマスク)」が新発売!和紙でオシャレな柄にも注目!

ダダグラム社の公式ネットストアMei Meiより、顔ではなくメガネにかけて使用するHang Mask(吊りマスク)シリーズが新発売! 顔ではなくメガネにかけて使用する和紙マスクで、顔にほとんど触れないので息苦しさが大幅に軽減されます。

764
0

メガネにかけて使用する和紙マスク「Hang Mask(ハングマスク)」が新発売!


「着ける」から「吊るす」!今までにないスタイルの“和紙ますく”が誕生!
ダダグラム社の公式ネットストアMei Meiより、顔ではなくメガネにかけて使用するHang Mask(吊りマスク)シリーズが新発売!

2020年8月1日(土)よりプレオーダーがスタートし、8月中旬に商品が発送される予定です。

顔ではなくメガネにかけて使用する和紙マスクで、顔にほとんど触れないので息苦しさが大幅に軽減されます。

「ハングマスク(吊りマスク)」 値段:880円~990円(税別)


キャッチフレーズは「もっと銘銘(Mei Mei)でいい」

和紙を使用した、メガネと共に顔に装着するマスクで、袋から取り出した後、説明書にしたがって折り目をつけ、折り返した羽にメガネのツルを通して装着するだけ!

折返しのマグネットの位置を変えることでサイズの微調整が可能で、ツルにかかっている部分を押さえて顔にフィットさせれば完了です。

また木の皮を原料とする和紙は防菌・防臭・対紫外線効果に優れ、通気性や耐久性・耐水性も高いので、使用後に除菌スプレーなどを吹き付けて清潔に保つことが可能です。

日本の伝統美を取り入れた、デザインの豊富さも注目!


第一弾で、無地のスキンカラー5色を揃えた『HADAIRO』、ポップな柄を7種揃えた『GARA』を展開。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

江戸時代より360年の歴史をもつ和紙問屋の「小津和紙」とのコラボで、和紙は製造の過程で若干の染色・繊維のムラや細かい厚みの違いが出るため、全ての商品がこの世に1つの一点物として販売されます。

これから夏に、浴衣に合わせてコーディネートしてもとっても可愛い♡

特設サイトはこちらから▼

▼こちらもおすすめ

マスク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者