【セブンイレブン限定】バレンタイン2022『ブランドコラボ』まとめ!ゴディバまど5種類が販売!

セブンイレブンは、2022年1月23日から、2022年のバレンタインデー向けギフトチョコレートを期間限定で順次発売しています。 バレンタイン向けギフトチョコとしてブランドとコラボした商品も5品販売です!

3466
0

セブンイレブン限定!バレンタイン『ブランドコラボ』まとめはコチラから▼

【セブンイレブン】2022年バレンタインチョコ♡自分へのご褒美に食べたくなる、上質ブランドの限定ショコラが今年も登場。

セブンイレブンは、2022年1月23日から、2022年のバレンタインデー向けギフトチョコレートを期間限定で順次発売しています。

バレンタイン向けギフトチョコとしてブランドとコラボした商品も5品販売です!

≪商品ラインナップ≫セブンイレブン限定『ブランドコラボ』2022バレンタイン

ゴディバの「ゴディバGキューブミニハート缶 5粒入」(税込1080円)
グテ by セバスチャン・ブイエの「セバスチャン・ブイエ フリュイショコラ」(864円)
テオブロマコレクションの「テオブロマコレクション ショコラ5個」(810円)
Dari K(ダリケー)の「ダリケー ピスタチオ&ミルクトリュフ3個」(594円)
リーガロイヤルホテルの「リーガロイヤルホテル ショコラコレクションS」(702円)

がラインナップ!

ゴディバ Gキューブ ミニハート缶 5粒入 1,000円*(税込1,080円)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.sej.co.jp
「ゴディバGキューブミニハート缶 5粒入」は、ハート缶に入ったGキューブの詰め合わせで、ミルク、ダークストロベリーを各2粒、ヘーゼルナッツ1粒の3種類をセットにしています。

缶はアフターユースもできます。
ミルク,ダークストロベリー,ヘーゼルナッツの3種類のGキューブトリュフチョコレートを、ポップなイラストが描かれたハート形の缶に詰め合わせました。イラストは世界的に活躍するナタリー・レテによるオリジナルデザイン。
引用元:www.sej.co.jp(引用元へはこちらから)

グテbyセバスチャン・ブイエ フリュイショコラ 800円*(税込864円)

出典:www.sej.co.jp
「セバスチャン・ブイエ フリュイショコラ」では、りんご、ぶどう、ストロベリー、オレンジ、レモンの5種類のチョコレートを詰め合わせ!

フルーツを表現したかわいらしい見た目が特長となっています。
フランス・リヨンのパティシエ/ショコラティエ、ブイエ氏監修。フルーツ(ストロベリー、オレンジ、レモン)をデザインしたチョコレートやフルーツトリュフ(リンゴ、ブドウ風味)の詰め合わせです。
引用元:www.sej.co.jp(引用元へはこちらから)

テオブロマコレクション ショコラ5個 750円*(税込810円)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.sej.co.jp
「テオブロマコレクション ショコラ5個」は、テオブロマコレクションこだわりのショコラを食べ比べできる商品で、アーモンド、はちみつ、ビター、コーヒー、ラズベリーのガナッシュの5種類を組み合わています。
日本を代表するショコラティエの土屋公二シェフ監修。アーモンド、はちみつ、ビター、コーヒー、ラズベリー、5つの味の詰め合わせです。
引用元:www.sej.co.jp(引用元へはこちらから)

ダリケー ピスタチオ&ミルクトリュフ 550円*(税込594円)

出典:www.sej.co.jp
「ダリケー ピスタチオ&ミルクトリュフ3個」では、ピスタチオ味のトリュフチョコとミルク味のトリュフチョコをアソートし、ピスタチオ2個、ミルク1個セットにしています。
今回セブン‐イレブン向けに開発したのは、Dari Kの看板商品であるトリュフ。味は2種類で、1つは甘すぎず苦すぎず、カカオ本来の味が楽しめるミルクチョコベースの「ミルクトリュフ」。もう1つは、ホワイトチョコレートをベースにした「ピスタチオトリュフ」。
引用元:www.sej.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リーガロイヤルホテル ショコラコレクションS 650円*(税込702円)

出典:www.sej.co.jp
「リーガロイヤルホテル ショコラコレクションS」は、1935年に創業の老舗ホテル、リーガロイヤルホテルが監修したチョコレート。ブランドロゴで包装したチョコレートやトリュフなど、6種類のチョコレートを詰め合わせています。
1935年創業の老舗ホテル、リーガロイヤルホテルが監修。ブランドロゴで包装したチョコレートやトリュフなど、ベーシックなチョコレートを詰め合わせました。
引用元:www.sej.co.jp(引用元へはこちらから)

こちらもオススメ▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者