2024年02月24日更新
山田孝之 dele 高橋源一郎

ドラマ『dele』3話! 感想・ネタバレ!高橋源一郎と余貴美子の演技力が凄い!5本のバラの意味も!

山田孝之×菅田将暉 「デジタル遺品」をめぐる物語に初めて光を当てる! 故人のパソコンなどに残されたデータ=デジタル遺品。車いすのフリープログラマー・圭司(山田孝之)が不都合なデジタル記録を内密に消す会社を立ち上げる。 第話は高橋源一郎と余貴美子の大人なストーリー!

2033
0

金曜ナイトドラマ テレビ朝日『dele(ディーリー)』

W主演に山田孝之と菅田将暉!

A post shared by 山田菅田 dele (@yamadasuda) on

2018年7月27日スタート!【毎週金曜】よる11:15〜放送!
山田孝之×菅田将暉 「デジタル遺品」をめぐる物語に初めて光を当てる!

故人のパソコンなどに残されたデータ=デジタル遺品。車いすのフリープログラマー・圭司(山田孝之)が不都合なデジタル記録を内密に消す会社を立ち上げます。

祐太郎(菅田将暉)はひょんなことから圭介の仕事を手伝うことに…。

人気小説家・原案×豪華キャスト・脚本家陣がタッグを組む話題のオリジナル作品!
 「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。それは…削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼だった!

 勝手な受託に苛立ちを隠せない圭司の隣で、浦田の依頼にロマンを感じる祐太郎。ところが数日後、耳を疑うような事実が判明する。浦田が海に飛び込んで自殺したのだ! 死亡確認に向かった祐太郎は突然の出来事に肩を落としながらも、幸子の所在を確認すべく、彼女が営む理髪店へ。身元を偽り、幸子に接触するのだが…!?

 やがて祐太郎は、不審な男が写真館に忍び込み、浦田のノートパソコンを盗んでいく現場を目撃。すぐ圭司に報告し、何とかして男の正体と居場所を突き止めようとするが、事はそう簡単には運ばない。その矢先、浦田のパソコンが起動したとの信号が、圭司のPC端末「モグラ」に送られてきて…!
引用元:dele.life(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

余 貴美子&高橋 源一郎がゲストで出演!

「dele. LIFE」の依頼人・浦田文雄と同じ街で「カモメ理髪店」を営む理容師。親の死を機に、跡を継いでから28年、ずっとひとりで暮らしている。浦田は理髪店の客ではなかったというが、水面下で2人をつなぐ微かな糸をたどっていくと、埋もれていた人生が浮き彫りになってきて…!?
引用元:dele.life(引用元へはこちらから)
江角幸子と同じ街に暮らす、「みなと写真館」の店主。「dele. LIFE」を訪れ、自分の死後、あるデータを削除する前にコピーし、バラの花と一緒に幸子に届けてほしいと依頼する。その後、海に飛び込んで自殺。自殺の理由も幸子との関係性も、謎に包まれている。
引用元:dele.life(引用元へはこちらから)

『dele(ディーリー)』第3話 口コミ・感想・ネタバレまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

余貴美子の演技が圧巻!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

写真館はココ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5本のバラの意味 「あなたに出会えた事の心からの喜び」

■1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」
■2本 「この世界は二人だけ」
■3本 「愛しています」「告白」
■4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」
■5本 「あなたに出会えた事の心からの喜び」
■6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
■7本 「ひそかな愛」
■8本 「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
■9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」
■10本「あなたは全てが完璧」
■11本「最愛」
■12本「私と付き合ってください」
■13本「永遠の友情」
■21本「あなただけに尽くします」
■24本「一日中思っています」
■50本「恒久」
■99本「永遠の愛、ずっと好きだった」
■100本「100%の愛」
■101本「これ以上ないほど愛しています」
■108本「結婚して下さい」
■365本「あなたが毎日恋しい」
■999本「何度生まれ変わってもあなたを愛する」
引用元:www.weddingpark.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者