やらせ問題 TBS『クレイジージャーニー』放送休止へ。爬虫類ハンターの企画で発覚!いつまで休止?

TBSテレビはバラエティー番組「クレイジージャーニー」で、あらかじめ準備した生物をあたかもその場で発見したように演出して放送していたと発表。人気番組だけに波紋を呼んでいる。

542
0

やらせ問題 TBS『クレイジージャーニー』放送休止

TBSテレビはバラエティー番組「クレイジージャーニー」で、あらかじめ準備した生物をあたかもその場で発見したように演出して放送していたと発表。人気番組だけに波紋を呼んでいる。

8月14日放送回が問題に。

問題となったのは、爬虫類ハンターの加藤英明氏がメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画。

6種類の生物が紹介されたが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたとのこと。

8月14日放送回で「生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました」と報告
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『「クレイジージャーニー」からのご報告とお詫び』が掲載

過去10回の放送で、事前に準備した11種類の生物は以下の通りです。

2017年 2月9日 マダガスカル前半
・ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半
・ラボードカメレオン

2017年 8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)
・ゴライアスガエル
・ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日 キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)
・ヒメボア
・キューバボア
・フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半
・アフリカウシガエル
・タマゴヘビ
・パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半
・ノドジロオオトカゲ

計11種類
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

調査が完了するまで番組を休止

 番組公式サイトでは「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています」とし、視聴者をはじめ加藤氏や関係者に謝罪した。

 サイトでは事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況も詳細に説明。さらに、爬虫類ハンター企画の過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したが、11種類は事前に準備していたものであったことも判明。なお、スタッフによると加藤氏に事前に準備していたことは伝えていなかった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
さらに過去10回放送した爬虫類ハンターの企画では、あわせて37種類の生物を捕獲しましたが、この内11種類は事前に準備していたものだったこともこれまでの調査でわかりました。
引用元:news.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

大好きな番組だけに悲しい・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者