【真犯人フラグ】第10話!考察・伏線まとめ!篤人は監視・脅迫されている?橘一星・本木の動機・正体は?

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)。 第10話も伏線が多数あり、視聴者もザワザワ!さらに、様々な事実が判明しています。 真犯人は、男と女の2人以上が濃厚?橘一星・本木が犯人説が濃厚?第10話の時点で気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

197116
0

ダ・カーポしませんか?考察・伏線・ネタバレまとめ!はコチラから▼

「真犯人フラグ」考察・伏線 全話まとめはコチラから▼

「真犯人フラグ」第10話!考察・伏線まとめ!

10話『真相編・序 第1部最終回』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)。

第10話も伏線が多数あり、視聴者もザワザワ!さらに、様々な事実が判明しています。

企画・原案の秋元康氏と「あなたの番です」制作スタッフが手掛ける、2クール連続の完全オリジナル新作です。

真犯人は、男と女の2人以上が濃厚?橘一星・本木が犯人説が濃厚?第10話の時点で気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

≪第10話≫「真犯人フラグ」あらすじ

出展:Youtube

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ 真相編・序」第10話予告60秒【日テレドラマ公式】

真犯人フラグ #西島秀俊 #考察 #芳根京子 #佐野勇斗 #桜井ユキ #生駒里奈 #柄本時生 #田中哲司 #宮沢りえ 番組 ...

箱詰めになった氷漬けの篤斗(小林優仁)を発見した凌介(西島秀俊)と瑞穂(芳根京子)。篤斗はすぐさま病院へ運び込まれ、救命措置を施される。しかし、低体温症を起こした上、睡眠薬を大量に飲まされていた篤斗は、危険な状態だった。凌介の必死の思いも届かず、篤斗は心停止してしまう――。

凌介は阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)から、真帆(宮沢りえ)と林(深水元基)がホテルで会っていた7月30日まで、2人の関係が現在も続いていた可能性があると聞かされる。大きなショックを受ける凌介…。
依然、林の行方は掴めず、阿久津と落合は婚約者の茉莉奈(林田岬優)を訪ねる。茉莉奈は、父親の会社が管理する倉庫にいた。阿久津と落合は、林が倉庫の中に隠れているのではないかと捜索するが…。

ますます状況は悪化し、憔悴していく凌介を心配する瑞穂、一星(佐野勇斗)、河村(田中哲司)、日野(迫田孝也)。凌介には、どんな励ましの言葉も届かなくなっていた。瑞穂は、心を閉ざした凌介に喝を入れる。
そんな中、凌介のもとに不審なメールが届く。その日の夜、指定する場所に一人で来るようにと凌介を呼び出し、警察に知らせれば家族の命を奪うと脅迫する内容だった。送り主は、真帆たちを誘拐した犯人の可能性が高い。凌介が、指示された場所に向かうと、そこにいたのは林で…!?

“影”を消そうと、不穏な動きをするバタコ(香里奈)。さらには、阿久津と落合が掴んだ衝撃の容疑者情報。第1部最終回、明るみになる真実とは!?
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

第10話の際の相関関係図


今後増えたり変わったりすると思いますので、参考に!
出典:www.ntv.co.jp
木幡が追加されています。

篤斗は病院に運ばれて一命をとりとめる。


停滞温床と睡眠薬で一時心停止も、復活!しかし、PTSD(心的外傷後ストレス障害)で話ができない状態に・・・

篤斗はすぐに病院へ運び込まれる。しかし低体温症を起こした上、睡眠薬を大量に飲まされていた篤斗は心停止してしまう……。さらに凌介は警察から、真帆と林の関係が一時的なものではなく、現在まで続いていた可能性があると知らされショックを受ける。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心停止した篤斗は、奇跡的に息を吹き返した。しかし、昏睡状態が続き、ICUの病室前から片時も離れようとしない凌介。瑞穂たちに説得され、ようやく帰宅した翌朝。篤斗は奇跡的に意識を取り戻す。しかし、話しかけられても反応せず、顔を両手で隠すようになる。篤斗の脳には異常なく、事件に遭遇したショックによるPTSDと診断される。
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

篤斗だけ解放されたことに、世の中やメディアがさらに推測を広げて噂が広がる。


メディアではコメンテーターの雫石千春が「篤人だけ解放されたのは、自分の子供だからということも考えられる」というようなコメントも。
それを見ていた菱田さんはテレビを消す。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

菱田・サッカーコーチは何を隠している?


篤人の意識が戻ったら、ばれるのも時間の問題と話している。整体の予約の場ではなすことに。

清明は「はなしたらころす」と下校途中に聞かされたことにより、おびえて布団から出られない状態に。学校もおやすみしているようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

篤人が入っていた冷凍ダンボールから指紋が検出


冷凍遺体が入っていたダンボールと、篤人が贈られたダンボールに同じ指紋が。同一人物と重れると警察の情報が。
ただし、冷凍遺体と相楽の家の関係は何もつかめていません。

凌介は篤人の意識が戻るのを、病室の前で待ち続けている。


看護師さんの証言「凌介が犯人という人もいるが、この姿を観たら・・・」と必死な凌介は犯人ではないように見える。
てこでも動かない凌介だが、二宮に説得・ビンタされて休むことに。

自宅に戻った凌介は篤人の子供の時に自転車の練習をしている映像を見ている。

自宅に届いた郵便物の山の中には「DNA情報鑑定センター」の結果が戻ってきているようです。
(※10話では開封されていません)

休んで自宅に帰ってきた凌介の家には「チキン」を持った菱田が待ち構えていて・・・


メリークリスマスと唐突に出てくる菱田。凌介の行動を監視している?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

橘はサロンのメンバーに協力を呼びかけ


「もし近所に。住愛ホームの建て売りが有ったら、人が出入りしているとか情報をください」と呼びかける。篤人が生きているということは光莉も生きている・・・

お母さんのお店のクラウドファンディングもやっている橘。橘のお母さんのお店のリニューアル工事を行っているが、コレは何か事件と関係ある?

橘が犯人だった場合
自分は捜査協力をしているアピール。
住愛ホームの建て売りには、真帆と光莉がいない。
橘の母のお店のリニューアルは、真帆と光莉の監禁場所を移動するため?もしくは、証拠を隠すため?

林の婚約者 茉莉奈に、事情を聴く警察。茉莉奈は林をかくまっているが、警察に見つからず。


逃亡した林の行方は依然としてつかめず、警察は林の婚約者から話を聞くことに。

茉莉奈→林に心の底から惚れている?パパ(等々力建設の社長)を裏切っても構わないと考えている?
林→等々力建設の社長が雇った人物に狙われている。処理されると言っている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

9話でGPSのようなものを麻莉奈に仕込んだ「本木」が登場。


キスする林と麻莉奈を倉庫の上から見て「いいな~」とつぶやいている。等々力建設の社長が雇った人物が本木?

刑事2人のいつものやり取り


PTSD(心的外傷後ストレス障害)の篤人を見て・・・「子供のころ買ってもらえなくて、今も手が出ないものある?缶詰のコーンな。ガキの頃、ばあちゃんの家に行ったときだけ食わせてもらえたんだよ。
おれがコーン食べ始めると、コーンしか食べないからって、お袋が烈火のごとく怒って。」と、大人になった今でも自分でコーンが買えない話をしている。

ガキの頃に染み付いたものってずっと取れないんだよな。
と話す。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者