【赤いナースコール】第5話!考察・伏線まとめ!三上のお婆ちゃんは何者?西垣の正体が判明!

佐藤勝利が主演を務めるテレビ東京ドラマ「赤いナースコール」。病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンスです。 第5話の気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

9317
0

第6話でおばあさんの正体が明らかになります▼

「赤いナースコール」第5話!考察・伏線まとめ!

テレビ東京の、秋元康が企画・原作を務める完全オリジナルドラマ「赤いナースコール」。
企画・原作 秋元康、主演 佐藤勝利で贈る、病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンスです。

第5話の気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

≪第5話≫「赤いナースコール」あらすじ


翔太朗はアリサと再会を果たすが、電動ノコギリを持つ何者かに襲われ…

出展:Youtube

【30秒予告】「赤いナースコール」第5話 | テレビ東京

テレビ東京 ドラマプレミア23「赤いナースコール」 7月11日(月)スタート! 毎週月曜夜11時06分~11時55分放送 企画・原作 秋元 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 午前0時ごろ病室を抜け出した春野翔太朗(佐藤さん)は三森アリサ(福本莉子さん)と再会。しかし、電動ノコギリを持つ何者かに襲われる。

 だが、館内放送で突然、大音量でチャイコフスキーの曲が流れ、気付くと犯人の姿は無かった。

 病室では、翔太朗の身代わりの山之内優馬(小堀裕之さん)がベッドにいたが、翔太朗が戻るとある異変が。

 そんな中、記者会見した院長の榎木田誠(鹿賀丈史さん)は奇妙なトラブルに見舞われて……?

予告では、床に転がり苦しむ看護師の山根ミク(ベッキー)や病室をのぞき見する西垣小百合(浅田美代子)、フードの男など不審なシーンが描かれています。

第5話の際の相関関係図


今後増えたり変わったりすると思いますので、参考に!

館内放送で突然、大音量でチャイコフスキーの曲が流れる→気付くと犯人の姿は無くなっていた。


春野翔太朗・三森アリサは、電動ノコギリを持つ何者かに襲われるも、一命をとりとめる!
そして、必ず迎えに行くことを約束する。

春野翔太朗が部屋に戻ると・・・山之内優馬(小堀裕之さん)が殺されている


春野翔太朗の代わりにベッドに居てくれた、山之内さんが、何者かに殺害されてしまう。
何か器具をつけられて、電気ショックのようなもので殺害された?

春野はその後もベッドは移動していない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

病院は記者会見を実施


チャイコフスキー連続殺人事件で、病院の関係者が5人無くなっていることについて記者会見を開く院長。
誹謗中傷や嫌がらせの電話が鳴りやまなかったため、その沈静化のために記者会見を開いたという。

SNSの世間の声は「院長」が犯人では?としている。


また、謎の老婆は記者会見中に院長に「人殺し」と乱入。
院長と謎の老婆の間には何か関係が?(謎の老婆は認知症とされていますが、認知症は演技であることが分かっています。)
老婆と院長の関係について、山根は何か知っている様子です。

何のための記者会見かわからないくらい炎上している。

警察の工藤の潜入捜査は成果あり?


春野が部屋を抜け出した際に後を付けたら、山之内の殺害を実行されてしまった。

工藤が見たものとして、春野とアリサの再開と、電動のこぎりを持った男が現れたところで、チャイコフスキーが流れて・・・というところを目撃している。

警察の捜査では、チャイコフスキーはタイマーで流れたのではなく、誰かが午前0時にCD室まで来て流したらしい。そして、CDは持ち帰られている。

・山之内を感電死させたのは誰?
・館内放送でチャイコフスキーを流したのは誰?そしてなぜ持ち帰った?
・春野&アリサを電動のこぎりで襲ったのは誰?電ノコの男はどこに消えた?

院長室に工藤刑事が突入


院長に「見つけたんですよ犯人。逃げられました。」と話す。
防犯カメラも、チャイコフスキーの音源も跡形もなく処理されているたという。やはり内部の人間の仕業か?

アリサの病室で話す石原医師


石原医師は「やはりこの病院はおかしい」と、怪しい笑みを浮かべながら話す。(犯人っぽいのはミスリードでアリサたちの味方か?)
退院したいというアリサに、「彼氏(春野)はまだ咲いて4週間はかかる。病院長が許してくれるか。犯人は、春野と間違えて山之内を殺害した」と話す。

石原医師は昨日の夜は、「焼き肉を食べて家に帰った」と話す。
石原医師と野田看護師は、昨日一緒に焼き肉を食べに行っていたことは間違いない?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

山之内優馬(小堀裕之さん)の殺害状況を警察が確認


薬で眠らせた状態で、足首にはさんだワニ口クリップで、電流を流され感電死。春野翔太朗のベッドで眠っていたところで被害にあっているので、春野と間違われて殺害されたと思われる。

前日の夜の病院食に睡眠薬が入っていて、同じ病室のだれも気付かなかったとのこと。

工藤刑事は犯人の目星がついているという

病院内では、謎の老婆(三上のおばあちゃん)が行方不明に。


看護師の目を盗んで、謎の老婆がいなくなってしまったようだ。
春野は西垣看護師に「犯人の顔ははっきり見えなかった」と話している。西垣は「よかった。と安心する。顔を見ていたら、次に殺されるのは春野さんじゃないですか。」と話す。

春野がそこで気づく。「アリサの角度からだったら班員の顔が見えたかもしれない。アリサが危ない。」と、西垣看護師とともに病室へ向かう。

謎の老婆は病院内をうろうろしているようです
院長の背後を横切ったりなど、院長も人影に何か警戒しているようです。

アリサの病室には院長が


院長がアリサに診察を求めるも、怯えているアリサ。
院長は「犯人の顔見たの?男だよね?」と尋ねる。アリサは「一瞬だったから見えなかった。院長くらいの大柄だった。」と話す。

院長が犯人はミスリード?

三森アリサが春野翔太朗に話す「早くこの病院を出よう」


アリサが自分の顔は怪我していないことを春野に打ち明ける。そして、この病院は私たちを退院させないようにしていると話す。
「今逃げると殺される。」これまで殺害された人も、勝手に退院したり、退院後、別な病院に通院しようとしたりしている人ばかりだった。
そのため、三森アリサ・春野翔太朗で脱出を計画することに。

部屋の隙間からは、西垣看護師が覗いている。

山根看護師・野田看護師がスタッフステーションで会話。


最近患者さんの薬の量増えてない?と話す山根看護師に、「院長が水増ししてるんじゃないですかね?」と冗談を言う野田看護師。それに対して山根看護師は怒った様子で「そんな事誰かに聞かれたら殺されるよ」と話す。
それを患者の後藤さんが盗み聞きしていた?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者