日曜劇場ドラマ『この世界の片隅に』第5話ネタバレ・感想!水原さんが切ない。現代パート「北条さん」は?

TBS日曜劇場『この世界の片隅に』第5話がTBS系で放送! 累計発行部数130万部を突破した、こうの史代氏原作の漫画を実写ドラマ化したもので、ヒロインの北條(浦野)すずを松本穂香(21)、すずの夫北條周作を松坂桃李(29)が演じる。現代パートの「北条さん」は誰なのか気になる!すずさんとの関係性は?

1811
0

日曜劇場『この世界の片隅に』第5話!

水原哲と北條すずの回!迫り来る空襲!さよなら初恋の人

TBS日曜劇場『この世界の片隅に』第5話がTBS系で放送!

累計発行部数130万部を突破した、こうの史代氏原作の漫画を実写ドラマ化したもので、ヒロインの北條(浦野)すずを松本穂香(21)、すずの夫北條周作を松坂桃李(29)が演じる。

出展:Youtube

『この世界の片隅に』8/12(日) #5 激化する戦況…壊れ始める かけがえのない日々【TBS】

8/12(日) よる9時 日曜劇場『この世界の片隅に』#5予告 ☆番組公式サイト http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/ ☆公式twitter https://twitter.com/konoseka_tbs/...

すず(松本穂香)の幼馴染で初恋の人の水原さんが登場!

軍艦に乗っているはずの水原 哲(村上虹郎)が、北條(浦野)すず(松本穂香)に会いに!そして、一晩泊めてくれと。戦争に行く前の最後の夜・・・

北條周作(松坂桃李)が、気を利かせて、すずと哲の2人きりにする。

かけがえのない日々に
少しずつ戦争の足音が近づく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。 サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。二人に挟まれすずは気が気でない…。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は戦艦での様子や思いを吐露する。それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

『この世界の片隅に』第5話ネタバレ・感想・口コミまとめ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者