2024年02月28日更新
赤福餅 フードロス お取り寄せ

伊勢名物「赤福餅」のお取り寄せが期間限定で実施して大人気!フードロス!配達可能地域、いつまで?

新型コロナウイルスの影響で、おでかけ、観光が難しい今、銘菓のお取り寄せに注目。 「赤福」も期間限定で通販で購入できます。伊勢名物「赤福」は冬期(10月中旬~5月中旬ごろ)のみ、公式サイト上で宅配サービスを行っています。 賞味期限は製造日(出荷日)含む3日間。出荷の翌日のお届け予定です。

4731
0

伊勢名物「赤福餅」のお取り寄せが期間限定で実施して大人気!


お取り寄せできる「ご当地銘菓」
新型コロナウイルスの影響で、おでかけ、観光が難しい今、銘菓のお取り寄せに注目が集まっています。
そんな中、「赤福」も期間限定で通販で購入できることが話題になっています。

現在、赤福は『臨時休業』のため、「赤福宅配サービス」のみ実施しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、直営店および委託売店において、臨時休業および営業時間を一部変更させていただきます。
また、朔日餅をはじめとした、取り扱い商品の一部も販売を一時休止させていただきます。
何卒ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

赤福宅配サービス(通信販売)での、ご注文は承ります。インターネットからのご注文は「赤福宅配サービス」よりお申込みください。

また現在、営業中の委託売店につきましてはこちらからご確認くださいませ。
引用元:www.akafuku.co.jp(引用元へはこちらから)

伊勢名物「赤福」

出典:fukuokano.net/event/3591504.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お伊勢参りのお土産で有名な伊勢名物「赤福餅」。赤福餅の誕生は、今からおよそ300年前の宝永四年(1707年)という歴史ある三重の和菓子です。伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをイメージしたお土産で、餡の三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しています。赤福餅を製造販売する「赤福」の本店は、伊勢神宮参宮道・おかげ横丁内にあります。
引用元:www.omiyage-nippon.jp(引用元へはこちらから)

『赤福宅配サービス』伊勢名物 赤福餅

出典:dj8jx1rw2jinm.cloudfront.net
折箱(おりばこ)8箱入り
※軽減税率8%
760円 【税込】
お土産用に赤福餅を折詰にいたしました。
形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流を、白いお餅は川底の小石を表しています。
引用元:shop.akafuku.co.jp(引用元へはこちらから)
配達可能期間・地域

伊勢名物「赤福」は冬期(10月中旬~5月中旬ごろ)のみ、公式サイト上で宅配サービスを行っています。
賞味期限は製造日(出荷日)含む3日間。出荷の翌日のお届け予定です。

なお現在、北海道、青森県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県への発送を一時休止中です。青森は4月30日までの予定、ほかは未定です。5月1日以降の配送を希望する人は、電話で問い合わせてください。

宅配に関してのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-650-580
(受付時間:午前8時〜午後5時まで)
弊社商品「赤福餅」について、夏場を迎え、消費期限が「製造日共2日間」に切り替わるため、宅配はしばらくの間お休みさせていただきます。
最終受付日・最終発送日は以下の通りです。

<インターネット受付>
 5月18日(月)17時まで

<店 頭 受 付>
 5月18日(月)受付分まで

<電話・FAX受付>
 5月16日(土)ご入金確認分まで

【お届け最終日程】
5月19日(火)発送 5月20日(水)お届け分まで
  ※生産数に限りがございますので、到着希望日等、ご要望に添いかねる場合がございます。
引用元:shop.akafuku.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さらに、おうち赤福を楽しむために『赤福ほうじ茶』も通販にて販売しています。

赤福の店内で赤福餅をお召し上がりいただく時に
一緒にお出しするほうじ茶です。
有機栽培で育てられた三重県産の「伊勢茶」を
赤福餅に合うようにブレンドしています。
引用元:shop.akafuku.co.jp(引用元へはこちらから)

公式サイトはこちらから▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お取り寄せできる「ご当地銘菓」で、三重旅行の気分を味わっちゃおう!


おうち時間にもオススメ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらもオススメ▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤福 min_faves:5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者