「疲れた」「眠い」は子どもの熱中症のシグナル!危険伝える体験漫画がSNSで大きな反響に!

全国で猛烈な暑さが続き、1週間に熱中症で搬送された人は約1万人にのぼり、12人が死亡している。子どもが搬送されることも増えている中、6歳だった息子の熱中症を描いた体験漫画がSNSで話題を呼んでいる。

1426
0

子どもの熱中症のシグナルに!危険伝える体験漫画がSNSで大きな反響に!

全国で猛烈な暑さが続き、1週間に熱中症で搬送された人は約1万人にのぼり、12人が死亡している。子どもが搬送されることも増えている中、6歳だった息子の熱中症を描いた体験漫画がSNSで話題を呼んでいる。

2018年の7月には小1男児が熱中症で亡くなるという重大な事態も

校外学習後、小1男児が熱中症で亡くなるという重大な事態も。子供の「疲れた」や「ねむい」というシグナルを、大人がキャッチする必要がある。

 市教育委員会と学校によると、午前10時ごろ、1年生4クラスの112人が校外学習の一環で約1キロ離れた和合公園へ歩いて出発。虫捕りや遊具を使った遊びをした後、11時半ごろに学校へ戻った。11時50分ごろ、担任の女性教諭が男子児童の唇の色の異変に気づき、児童は間もなく意識を失ったという。

 児童に持病はなく、出発前の健康確認では異常を訴えていなかった。だが、公園に向かっている途中から「疲れた」と話し、ほかの児童からも遅れ気味になっていて、教諭が手を引いて歩いたという。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

漫画で教えてくれて、子どもの熱中症時の様子が分かりやすい!

「疲れた」「眠い」は要注意!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者