2024年02月24日更新
ウィスパー 販売終了 薬局

P&G生理用品「ウィスパー」日本国内での販売終了にショック!経緯や代替品は?ネットではまだ買える!

生理用ナプキンの「ウィスパー」が2018年3月末をもって日本国内で販売しているすべての商品の販売を終了します。 ドラッグストアでは、まったく打っていないとSNSでも波紋が・・・メーカーからの出荷が3月31日までなので、店舗によってはまだ在庫があるというところもあるようです。

47498
0

P&G生理用品「ウィスパー」日本国内での販売終了に!

生理用ナプキンの「ウィスパー」が2018年3月末をもって日本国内で販売しているすべての商品の販売を終了します。

ドラッグストアでは、まったく打っていないとSNSでも波紋が・・・
メーカーからの出荷が3月31日までなので、店舗によってはまだ在庫があるというところもあるようです。
P&Gの生理用品「ウィスパー」は全商品、日本での販売終了させて頂きました。
店頭在庫なくなり次第、全品廃盤となります。
1986年の発売以来ご愛顧頂きましてありがとうございました
引用元:www.myrepi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

機能性豊富な生理用ナプキンのパイオニア的存在の「ウィスパー」

1986年に発売後、わずか2年でトップブランドの仲間入りをした生理用ナプキン「ウィスパー」。高めの価格設定や、当時飽和状態だった生理用ナプキン市場にもかかわらず、ヒット製品となった理由は、女性たちのニーズをしっかりうけとめた革新的な性能でした。

一番の特長は、6年がかりで開発した「ドライメッシュシート」。それまでの表面シート(パッドの肌にあたる部分)は、主に不織布が使われていましたが、ドライメッシュシートは特殊メッシュ構造。じょうご状の無数の小さな穴から、経血をすばやく下の吸収層にひきこみ、表面をさらっとドライに保ちます。また全面粘着テープを採用し、もれの原因となるズレを防ぐ工夫も施していました。

1万人以上の女性にテスト使用していただき、徹底したお客様調査に基づいて誕生したウィスパー。“絶対、失敗したくない”という女性たちのデリケートなニーズが強い製品カテゴリーの中で、吸収力、ドライ感、ズレの防止という大きなニーズを満たしたウィスパーは「ナプキン革命」ともよばれました。
引用元:jp.pg.com(引用元へはこちらから)

ウィスパーの販売終了にショック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

販売終了の経緯は?

少子高齢化による生理人口の減少が原因か?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

売れ行きが不振だったんでしょうかねぇ?

ただ、生理用ナプキン自体が少子高齢化の影響による生理人口の減少で業界自体が縮小傾向という話は聞きました。

ウィスパーの製造元P&Gは外資の企業なのでそのあたりはデータを見極めて撤退となったんじゃないでしょうかね?
引用元:bambiweb.net(引用元へはこちらから)

ウィスパー生産終了で代替品はどれがいいの?

コンビニの生理用品のラインナップって本当微妙ですよね…

ウィスパーは随分昔に使ったままなのですが、私はムレてかぶれてしまい今はしあわせ素肌、はだおもいを使っています。

夜用の大きいものですと、クリニクスが吸収量は多いですよ。
ただお尻のかたちや肌当たりの好みなんかもあるのと、販売している薬局が少ない点はネックかと。
あとお値段も少しした記憶があります。

生理用のおむつなんてあるんですね。
私は漏れてもしょうがないと諦めて腰からももあたりまでオムツ替え?のシート等を敷いて寝てます。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

こちらもおすすめ▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者