【真犯人フラグ】第14話!考察・伏線まとめ!二宮・茉莉奈、強羅・日野の関係は?本木の目的は?

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)。 後半戦がスタート!新たな伏線や、これまでの伏線回収、様々な事実が判明しています。 第14話の気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

256978
0

「真犯人フラグ」考察・伏線 全話まとめはコチラから▼

「真犯人フラグ」第14話!考察・伏線まとめ!


日曜ドラマ「真犯人フラグ 真相編」

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)。
ら後半戦がスタート!新たな伏線や、これまでの伏線回収、様々な事実が判明しています。

企画・原案の秋元康氏と「あなたの番です」制作スタッフが手掛ける、2クール連続の完全オリジナル新作です。
第14話の気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

悪いことが続くのは良いことが起きる前兆?逆もまたしかり。果たして真実は?

≪第14話≫「真犯人フラグ」あらすじ

出展:Youtube

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ 真相編」第14話予告60秒【日テレドラマ公式】

真犯人フラグ #西島秀俊 #考察 #芳根京子 #佐野勇斗 #桜井ユキ #生駒里奈 #柄本時生 #田中哲司 #宮沢りえ 番組 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・予告では、真帆はまだ行方不明のままのようです。
・警察は宗教団体の家宅捜索に
・本木?真帆?は天使か?悪魔か?
・バタコのたくらみは?そして、バタコの両親が登場
・林の殺害と、木幡が繋がっていない?冷凍遺体と篤人の件にかかわっているのは木幡。
・篤人は木幡のことを「お母さん」といったところから、浮かび上がってくる真実は?
・強羅誠は何者?河村「あれは、触れちゃいけない世界の住人」
・橘の母と凌介が対面する⇒凌介は橘が光莉の彼で本当によかったと話す。(信頼)
・橘の苦悩する心。二宮⇒誰かに一回話して受け止めてもらった方がいい。いい加減壊れるよ。果たして、2人だけで抱えている真実がるのか?
・橘が予告最後のシーンで、うつむきながら言う「おつかれ」の意味は?
・新居にまかれた血液の分析結果も判明するようです。
引用元:jocee.jp(引用元へはこちらから)
凍遺体と篤斗(小林優仁)を送り付けた犯人がバタコ(香里奈)だと判明し、警察はその足取りを追っていた。しかし、バタコがなぜ犯行に及んだのか、凌介(西島秀俊)との関係だけが分からない。阿久津(渋川清彦)らは、バタコが入信していたかがやきの世界を家宅捜索。落合(吉田健悟)が教祖(相築あきこ)を尋問すると…。

瑞穂(芳根京子)は、過去のクレーム電話から、篤斗のものらしき服の出品者【keiju1008】がバタコである可能性にたどり着く。一方、河村(田中哲司)は、冷凍遺体の少年が何者なのかを突き止める。また、阿久津と落合はバタコの両親から事情聴取し、その証言から彼女の過去が明らかになる。バタコに関するバラバラだった情報がひとつの線となって現れ、凌介は自分と彼女の接点を探るため、バタコの両親に会いに行く。

そんな中、林(深水元基)が河村に送った写真の撮影場所がロッジで、そこを借りた人物が強羅(上島竜兵)だったことが分かる。不審な行動を繰り返す強羅は、ある人物の遺体を保管していて…。

一星(佐野勇斗)の母・すみれ(須藤理彩)の店を訪れた凌介は、恐縮するすみれに一星への信頼を語る。新居に撒かれていた血液が光莉(原菜乃華)のものだと断定され、不安を募らせる一星のもとに、一通のメールが届いて…!?
明らかになるバタコの素性、水面下で動く不気味な強羅の正体、暴走する陽香(生駒里奈)の目的とは――!?
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

第14話の際の相関関係図


今後増えたり変わったりすると思いますので、参考に!

新居へ走るも、一足遅かった二宮と橘。


新居には大量の血液がまかれている。2回に逃げる人の物音で追いかけるも見つけられない。

外にははだしで歩く人の後ろ姿が・・・
さらに後ろには本木が・・・
新居の中に真帆(宮沢りえ)の姿を見た凌介だったが、そこには真帆の大きな写真が貼られていただけだった。室内には、大量の家族の写真と血だまりが…。その時、2階で物音がし、血の足跡を追って凌介と一星は急いで2階へ。窓が開いており、縁には足跡。どうやら犯人は窓から逃げたようだ――と、一星の背後に、ぴったりと陽香が隠れていた…!しかし2人は陽香に気づかず、犯人を探しに外へ向かう…。
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

警察が「ぷろびんチャンネル」の自宅に。


ぷろびんの家に刑事の2人が訪問。かがやきの世界のデータを押収する。
出展:Youtube

緊急生配信 ぷろびんvs警察

権力には屈しない(編集:町山)

警察が「かがやきの世界」へ家宅捜索に!


木幡の誘拐・殺人の疑いで、「かがやきの世界」を徹底的に操作する。
教祖は、「木幡はすでに破門した。かくまっていない。」「篤人は小旗が一度連れてきたことがある。木幡の息子と言っていた。」「電波は影ですから。」と話す。
一方、かがやきの世界では、教祖が「信者だったバタコが、篤斗を息子として連れてきた」と認める。しかし施設内には真帆や光莉、バタコの姿もなく、家宅捜索は不発に終わる。家族で暮らしていた空き家に潜伏していたバタコだが、警察が駆けつけると、すでに逃亡した後だった。
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

両角が撮ったサッカー教室の写真に写っているものは?


河村が両角に取ってもらった、サッカー教室の写真。その際は、風景写真といったようだが、ここに、木幡・冷凍遺体・篤人の共通点が・・・

週刊追求が「サッカー教室の先生」に木幡について確認する。


木幡の写真を見せると、サッカー教室の先生は「中村さん」と話す。5・6年前に息子がサッカー教室に通っていたという。息子がサッカー教室に通っていたが、交通事故で無くなってしまったとのこと。
今でもサッカー教室は身にくるが、最近は見かけない。息子さんの名前は「ケイジ君」。

週刊追求の聞き取り後に、菱田が登場。菱田さんが、中村さん(木幡)について、サッカー教室に通っていたことを認識する。

サッカー教室の先生の様子
清明が試合に来れないこと?を「おれが説得します。説得しますから」と興奮して菱田さんに詰め寄っている。サッカー教室の先生・菱田・清明の関係は?
サッカー教室を訪れた河村は、山田(柿澤勇人)にバタコの映像を見せる。山田は、以前サッカー教室に通っていた少年の母親であると証言。さらにその息子・圭樹は、交通事故で亡くなったことが判明する。
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者