【真犯人フラグ】第9話!考察・伏線まとめ!篤人が知っている真実は?バタコ「あとひとり」とは?

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)。 第9話も伏線が多数あり、視聴者もザワザワ!第9話の時点で気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

175972
0

「真犯人フラグ」考察・伏線 全話まとめはコチラから▼

「真犯人フラグ」第9話!考察・伏線まとめ!

西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)。

第9話も伏線が多数あり、視聴者もザワザワ!

企画・原案の秋元康氏と「あなたの番です」制作スタッフが手掛ける、2クール連続の完全オリジナル新作です。

真犯人は、男と女の2人以上が濃厚?第9話の時点で気になるシーンや伏線、考察をまとめます。

≪第9話≫「真犯人フラグ」第9話あらすじ

真帆(宮沢りえ)が隠していた「DNA情報鑑定センター」の封筒を、朋子(桜井ユキ)に突き付けられた凌介(西島秀俊)。光莉(原菜乃華)や篤斗(小林優仁)が凌介の実子ではない可能性があるのか? 朋子は、真帆が抱えていた秘密を凌介に話し始める。その内容に衝撃を受ける凌介…。

相良家の新居建築が再開され、現場では林(深水元基)が馬場(高杉一穂)に仕事の引継ぎをしていた。そこに現れた凌介は林に詰め寄るが、林の事情聴取に来た阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)に阻まれる。真帆たちが失踪した10月15日の夕方以降、林には確実なアリバイがなかった。林の曖昧な答え方に、阿久津と落合は不審を抱く。

激しく落ち込む凌介を心配する亀田運輸の面々。太田黒(正名僕蔵)まで気を遣い始め、見かねた瑞穂(芳根京子)は凌介を励ます。
凌介は「至上の時」で、朋子から聞いた真帆の秘密を打ち明ける。瑞穂を襲ったのも林ではないかという話を受け、林への疑念を深める一同。河村(田中哲司)と日野(迫田孝也)は、林が婚約者と結託し事件を起こしたのでは?と推理するが、瑞穂と一星(佐野勇斗)は真帆の自作自演で林は協力者なのではないかと睨む。

そんな中、警察には、冷凍遺体の身元確認をしたいという人物が現れ…。
真帆のことをまったく理解していなかったと思い知らされた凌介の苦悩は、深まるばかり。そして、凌介が大きな決断を下したある夜、事態は急転!ついに家族との衝撃の再会、あの危険人物の正体が判明する――!!
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出展:Youtube

【西島秀俊 芳根京子 宮沢りえ】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第9話がわかるダイジェスト!【第1部最終回・第10話は12/19(日)よる10:30】

企画・原案 秋元康×『あなたの番です』スタッフが一億総推理作家時代に贈る、 半年間のノンストップ考察ミステリー 新日曜ドラマ『真犯人フラグ』 真帆(宮沢りえ)が隠してい ...

第9話の際の相関関係図


今後増えたり変わったりすると思いますので、参考に!
第8話と同じとなっています。
フラグの順位は変わっています。
出典:www.ntv.co.jp
9話の最終で、中村充さんがモノクロに。木幡由美(バタコ)さんが追加しています。

8話の続き・・・菱田さん「真帆の不倫のことを知っている」?件からスタート。


菱田さん「深夜に清明を一人にしておくのはな~家でよいなら話しますよ。」と凌介を家にさそう。

菱田さんと真帆の過去の回想(2021年5月)


真帆が林のことを菱田さんに話す。

ボスママに嫌がらせされていたころに林に出会う。凌介が単身赴任中で・・・凌介に相談したら、仕事を辞めてこっちに帰ってくるって言いそうで・・・と、だれにも頼れなくて「林」に頼ってしまったようです。

菱田さん「一人はつらいよ」と真帆さんの手を握る。


ボスママとのいざこざの原因
光莉が賢いからねたまれていた?点数が良いのはカンニングだなどと言いがかりをつけられているようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11年前の回想で、あな番「久住譲」が出てくる!


真帆さんを口説くというシーンに、あな番ファン歓喜。「久住譲」って袴田吉彦だったりという小ネタを挟んでくる!

真帆と林の過去の不倫についての回想・・・


サッカー部の同窓会のあとに、久住などみんなよんでサッカーの試合を観ようと誘う林。真帆も悩みなどを相談して打ち解けたようで、了承する。

林が久住などに声をかけているが来ないといい、そのまま2人でホテルの部屋へ。真帆は酔いつぶれてしまって結局・・・という流れを菱田から説明される。

ですが真帆は記憶があいまいだそうです。
林はそういう関係になったと言っていること。彼女と別れるから真帆に離婚してほしいと持ち掛けていること、など、林は真帆に本気になってしまったそうです。

それ以来、真帆は林に会うことをやめていたが、新築の件の際に再開したそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「DNA情報鑑定センター」の書類について。


真帆が新築の際に林に再開したことを受けて「篤人」の鑑定のために取り寄せていたそうです。林には拒否されて検査はできていないそうです。

相楽夫婦は2人とも運動音痴なのに、篤人だけは運動神経が良くもう少しでサッカーサークルのエースになるそうです。

「DNA情報鑑定」は未実施の状態でした。
朋子が語った真帆の秘密とは、11年前の林との不倫だった。当時、光莉のお受験で悩んでいた真帆は、サッカー部の同窓会でも上の空。久住(袴田吉彦)の口説きを止めたくれた林に悩みを吐露する。根っからの体育会系で明るい林に励まされ、気が楽になった真帆。帰ろうとすると、「これからみんなでサッカーを観ないか」と誘われ、ホテルの一室へ。そのまま酔いつぶれてしまい、記憶が無いまま、林からそういう仲になったと言われショックを受ける。その後、「恋人と別れるから離婚して欲しい」と迫られるが、林とは連絡を絶ち、二度と会っていなかった。しかし、去年の夏。新居の担当としてやってきた林と再会。篤斗と意気投合する姿を見て、一抹の不安を覚え、悩んだ末に今年の夏にDNA鑑定キットを取り寄せていたのだ。「林には拒否されて鑑定はしていない」という朋子の言葉通り、封筒の中には未使用の鑑定キットが…。
引用元:www.ntv.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者