【松本人志がルーツの言葉】ダウンタウンvsZ世代で紹介された内容まとめ!

『ダウンタウンのヤバイ昭和の世界!』で、松本人志さんが広めた言葉を紹介。今は普通に使われているのに、ルーツはこんなところにあったのかと驚き!番組で紹介された内容をまとめます。

2012
0

ダウンタウンvsZ世代『松本人志がルーツの言葉』まとめ

『ダウンタウンのヤバイ昭和の世界!今となっては信じられない習慣、生活用品、遊び』が、2022年8月13日(土)に放送されています。

「空気を読む」という言葉は、実はダウンタウンの松本人志さんが作った言葉だそうです。

番組の中で、『松本人志がルーツの言葉』を紹介。
これも・それもと、かなり日常に使われる言葉がいっぱい。

番組で紹介された『松本人志がルーツの言葉』

・ドン引き
・噛む
・週8

は松本人志が広めた言葉。

スベッた、ダメ出し・サムいも松本人志が広めた言葉?番組では証言者とともにルーツの言葉を紹介。
ドヤ顔
引き出し
スベる(関西用語を関東に浸透)
ネタがかぶる
イラッとする
からみにくい
ドン引き
食い気味
週8
噛んでる
グダグダ
へこむ
逆に
SとM ドSとドM
ブルーになる
ハードル上げる
サムい(関西用語を関東に浸透)

『スベる』『ダメ出し』


三村マサカズの証言によると、『スベる』は関東では当時使っていなかった。それを関西の松本さんに使われたとのこと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『SとM』


ココリコの遠藤さんいわく、ガキの使いのトークでよく使われていて、下ネタだった印象とのこと。ですが、松本さんが使うことで浸透して、今では一般に通じる言葉になったという。

『引き出し』


ハイヒールモモコさん証言で、会話の「引き出し」にためておくという言葉を初めていわれたという。

『引き出し』に関してはSNSでも異論あり!


関西では結構使われていた言葉だったかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『ドヤ顔』


フットボールアワー後藤さん証言では、M-1グランプリで、ツッコんだ後「ドヤ顔」で見るのやめてもらえますか。と、初めて「ドヤ顔」という言葉を聞いたという。

さらに、「イラっとする」「かぶる」も松本が広めたと証言。

「からみにくい」など


日本語のプロの方(校閲ガールの校閲者)も、松本さんが新しい意味の言葉として広めたという内容で、「からみにくい」「食い気味」「週8」などをあげている。

キャッチ―で使いやすいのがすごいと分析。

松本さんは『わかんないっす。そういうところもあるかもしれないですね』と謙遜

もしかすると、様々なルーツがある言葉かもしれません。
無い言葉ではなく、あまり使わなかった言葉を松本さんが使ったことで広がったというものも含まれているそうです。

サムいは、もともと関西芸人の間で使われていた言葉だそうです。ドヤ顔は、それを言わせるくらいドヤ顔だった後藤さんがすごいと松本さんも謙遜。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浜田さんいわく・・・


前からあった言葉だけど、使わなくなった言葉を松本さんなりに使っているんだとのこと。居合わせた芸人たちは、ここでそう使うか―と感心するという。

諸説あるかもしれませんが、豆知識的に知っていると面白いと思います。

こちらもオススメです▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者