シヤチハタ『迷惑行為防止スタンプ』が商品化に!痴漢対策・抑止力に証拠マークを押せるハンコが販売!

シヤチハタは8月26日、痴漢などの証拠を残せる「迷惑行為防止スタンプ」の試作モデルを27日に発売すると発表しました。 被害者が容疑者の手にハンコを押しておくと、ブラックライトで印影が浮き出る仕組みです。まず500個をテスト販売されます。

960
0

シヤチハタ『迷惑行為防止スタンプ』が商品化に!痴漢対策・抑止力に!

8月27日13時から試験販売の取り扱いを開始

シヤチハタは8月26日、痴漢などの証拠を残せる「迷惑行為防止スタンプ」の試作モデルを27日に発売すると発表しました。

被害者が容疑者の手にハンコを押しておくと、ブラックライトで印影が浮き出る仕組みです。まず500個をテスト販売されます。
商品名:迷惑行為防止スタンプ
価格:2500円(税別)
文具メーカーのシヤチハタ(名古屋市)は26日、「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売すると発表した。痴漢やつきまといなど迷惑行為の抑止力として役立つと想定。使用したインクは、見かけは無色透明だが、付属の特殊ライトを当てると手を広げたマークの印影が浮かび上がる仕組みだ。迷惑行為をした人物の手や持ち物に押せば、特定につながる可能性がある。
引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)

≪経緯として≫ハンコで痴漢へ対策する提案に、公式が反応!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

痴漢の撃退方法を巡る議論がインターネット上で盛り上がったのを受け5月にツイッターで「早期に対応できるようにします。ジョークではなく本気です」と宣言、開発を進めてきた。
同社は5月末、痴漢を安全ピンで撃退することの是非をめぐってSNS上で議論が活発化するなか、「早期に対応ができるようにします。ジョークではなく、本気です」とツイート。その先行きが注目されていた。
引用元:www.buzzfeed.com(引用元へはこちらから)

開発されたのは特殊な「UV発色インキ」を採用したハンコ!

出典:www.shachihata.co.jp
・商品名:迷惑行為防止スタンプ
・価格:2,500円+消費税
・セット内容:
①スタンプ本体:キャップレス9
②付属品:ストラップ、リールコード、二重リング、カラビナ、ブラックライト
太陽光や照明の下では無色透明だが、ブラックライトを当てると「手のマーク」が現れる仕組みになっている。

鞄やポケットなどに取り付けられるよう、コードと携帯用ブラックライトが付いているとのこと。
シヤチハタがテスト販売する「迷惑行為防止スタンプ」の印影。使用するインクは見かけは無色透明だが、特殊ライトを当てると浮かび上がる
引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「迷惑行為防止スタンプ」は、特殊インキであるUV発色インキを採用したキャップレス9です。印面デザインは、手のマークになっており、太陽光や照明の下では無色透明で、ブラックライトを当てるとなつ印された印影が浮かび上がります。スタンプは携帯時に安心なロック付きで片手で簡単に操作ができます。また、鞄やポケットなどに取り付けることができるリールコードと携帯用ブラックライトが付いています。
 本商品は、2019年5月にSNS上で多数のご意見やご要望を受けて開発を進め、迷惑行為防止条例などに抵触する行為に対し、抑止力や実用性の検証を兼ねテスト販売します。テスト販売を通じて寄せられた声をもとに商品を改良し、発売に向け更に開発を進めていく予定です。
引用元:www.shachihata.co.jp(引用元へはこちらから)

印面内容

出典:www.shachihata.co.jp
〔印面サイズ〕直径9㎜

〔インキ種類〕UV発色インキ(無色透明)

※太陽光や照明の下では無色透明で、ブラックライトを照射すると黒い部分が蛍光発色します。

冤罪とそれに対しての「微物検査」も話題に

指紋採取したものを使って、微物検査(容疑者の手に被害者の衣服の繊維が付着していないかの検査)があり、これが無実の決め手になった。

ここで北村は、微物検査よりもさらに精度の高い最新技術“DNA鑑定”について紹介。最新の科学技術では、肌が触れた衣服の表面から細胞片を検出し、この細胞片を解析することで触った人が分かり、“ふれたのか”、“触ったのか”、“揉んだのか”が判明すると説明した。

この検査を用いて、電車などで痴漢冤罪にあった場合は「両手をあげて“私は今から何も触らないDNA検査をやってくれ”と叫ぶこと」を提案。これには生徒らも「画期的!」、「これ良いわ!」と絶賛。インターネット上でも「めちゃくちゃ画期的」「勉強になった!」「痴漢冤罪……ホント怖いな(汗)」「今日のしくじり先生、価値あり過ぎ勉強になる」と反響だった。
引用元:dogatch.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者