スタバ『ハシエンダ アルサシア』シリーズのグッズ・コーヒー豆が新発売!渡り鳥や熱帯雨林の珈琲豆が♡

スターバックスでは、2021年8月2日(月)~コスタリカにあるスターバックスのハシエンダ アルサシア農園の、コーヒー豆とオリジナルグッズが販売されます。 シックで大人可愛いマグカップやステンレスボトルも必見です!

759
0

スターバックス日本上陸25周年を記念する『ハシエンダ アルサシア®』シリーズが発売!

スターバックスでは、2021年8月2日(月)~コスタリカにあるスターバックスのハシエンダ アルサシア農園の、コーヒー豆とオリジナルグッズが販売されます。

シックで大人可愛いマグカップやステンレスボトルも必見です!

スターバックス日本上陸25周年!

出典:www.starbucks.co.jp
1996年に北米以外初の海外マーケットとして東京・銀座に日本一号店を開業して以来、多くのファンに愛され続けているスターバックス。この日本上陸25周年というアニバーサリーイヤーを祝うべく、今年は様々な記念メニューやグッズ、キャンペーンが展開予定です。

≪商品ラインナップ≫『ハシエンダ アルサシア®』シリーズ

購入制限あり
発売初日に限り、お一人様、各商品1点までとなっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マグハシエンダ アルサシア355ml ¥2,200

出典:www.starbucks.co.jp
ハシエンダ アルサシア農園のビジターセンターで販売されているマグ
コスタリカにあるハシエンダ アルサシア農園のコーヒーが発売されるのにちなみ、農園ビジターセンターで販売されているマグカップが日本初登場です。
あたたかみのあるブラウンに、ハシエンダ アルサシアのロゴがデザインされています。裏面のロゴは広大な農園内にあるふたつの滝をモチーフにしました。小さな黒点は一点一点表情が異なり、素朴で優しい印象を感じさせます。

耐熱グラスマグハシエンダ アルサシア355ml ¥2,530

出典:www.starbucks.co.jp
渡り鳥や熱帯雨林の珈琲豆が可愛いデザインになっています!

ハシエンダ アルサシア農園にちなんでデザインされた耐熱グラスマグ
コスタリカにあるハシエンダ アルサシア農園のコーヒーが発売されるのにちなんだ耐熱グラスマグです。コーヒーパッケージにインスパイアされたデザインになっています。
鮮やかなグリーン、コーヒーチェリーやハチドリが印象的な耐熱グラスマグで、ハシエンダ アルサシアのコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

ステンレスボトルハシエンダ アルサシア473ml ¥4,620

出典:www.starbucks.co.jp
ハシエンダ アルサシア農園にちなんでデザインされたステンレスボトル
コスタリカにあるハシエンダ アルサシア農園のコーヒーが発売されるのにちなんだ、コーヒーパッケージと同デザインのステンレスボトルです。
鮮やかなグリーンにコーヒーチェリー、ハチドリや蝶などが描かれています。ハシエンダ アルサシアのコーヒーを入れて、持ち歩きたくなりそうです。
真空二重構造ステンレスで保温・保冷機能に優れています。

ハシエンダ アルサシア® Whole Bean(250g) ¥1,749

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.starbucks.co.jp
スターバックスの日本上陸25周年を記念して作られた特別なコーヒー
オレンジのような明るい酸味とミルクチョコレートや柿を思わせるやさしい甘みが特徴の、なめらかな口あたりのコーヒーです。
南米コスタリカ・ポアス活火山の斜面にあるハシエンダ アルサシア農園で生産されたコーヒー豆を、スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京のロースターが心を込めて焙煎しました。
ブロンドローストによってこの特別なコーヒーの繊細な風味を引き出し、複雑ながらも親しみやすい味わいは、どのようないれ方でもお楽しみいただけます。

ハシエンダ アルサシア農園 バーチャルツアーも実施!

出典:www.starbucks.co.jp
コスタリカにあるスターバックスのハシエンダ アルサシア農園を、日本に居ながら楽しめるバーチャルツアーが誕生!

社追う際は、※ハシエンダ アルサシア農園特設サイトにて確認ください。
コスタリカにあるStarbucksのコーヒー農園、ハシエンダ アルサシアの臨場感あふれるバーチャルツアーで、コーヒーの生産地と行程を探検できます。
引用元:coffeeexperiences.starbucks.com(引用元へはこちらから)

詳細はこちらから▼

スタバ『日本上陸25周年』グッズまとめはコチラから▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

同日発売の『グリーナー』シリーズもオススメ▼

こちらもオススメ▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者