ユニクロ『絵本コレクション』2021 秋パジャマが新発売!フレデリック、スイミー、くだものさんも!

ユニクロ(UNIQLO)のTシャツブランド「UT」から、『絵本コレクション』の2021秋物新作が登場です!レオ・レオニの『スイミー』、『フレデリック』、『コーネリアス』。tupera tupera (ツペラ ツペラ) の『くだものさん』、『しろくまのパンツ』のパジャマが販売します。

3152
0

ユニクロUTの新作!『絵本コレクション 2021 秋服』パジャマが新発売!

発売日:8月上旬販売予定

幅広い世代で愛される絵本がパジャマに!お気に入りの絵本と一緒に、おやすみなさい。

ユニクロ(UNIQLO)のTシャツブランド「UT」から、『絵本コレクション』の2021秋物新作が登場です!レオ・レオニの『スイミー』、『フレデリック』、『コーネリアス』。tupera tupera (ツペラ ツペラ) の『くだものさん』、『しろくまのパンツ』のパジャマが販売します。

毎回人気の絵本コレクションで、新柄も可愛い♡

ユニクロUT『絵本コレクション』

レオ・レオニの『スイミー』、『フレデリック』、『コーネリアス』。tupera tupera (ツペラ ツペラ) の『くだものさん』、『しろくまのパンツ』といった、幅広い世代で愛される人気作品がパジャマになりました!
引用元:www.uniqlo.com(引用元へはこちらから)

≪商品ラインナップ≫ユニクロ『絵本コレクション 2021 秋』


サイズ
80・90・100・110㎝で展開です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.uniqlo.com
tupera tupera(ツペラ ツペラ) くだものさん
tupera tupera(ツペラ ツペラ) しろくまのパンツ
レオ・レオニ フレデリック
レオ・レオニ コーネリアス
レオ・レオニ スイミー

絵本コレクション パジャマ(長袖) ¥1,500

tupera tupera(ツペラ ツペラ) くだものさん

出典:www.amazon.co.jp
りんごやみかんなど子どもの大好きな果物がグラフィカルなイラストでユーモアたっぷりに描かれています。 ダイナミックなしかけでページをめくるのが楽しみなファーストブックです。

【本書の特徴】
・葉っぱなどもリアルに描かれている果物は、果物を覚えるのに最適!
・当てっこ遊びができるので、読み聞かせ会も大盛り上がり!
・シンプルなしかけが子ども心を捉えて離さない!
・ぽろりん! と落っこちていく果物がかわいい!

tupera tupera(ツペラ ツペラ) しろくまのパンツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.amazon.co.jp
しろくまさんのパンツがなくなっちゃった。いったいどんなパンツかな?

「どこにいったんだろう?」 パンツをなくしてこまっているしろくまさん。
そこへ、心配したねずみさんがやってきて、いっしょにパンツをさがしにいくことに。物語のラストには、あっとおどろく発見が!
この絵本を読む前に。まずはあかいパンツをそっとはずして……(帯になっているのです!)
ページをめくると、しろくまさんが何やら困っています。ねずみさんが心配して聞きます。

「どうしたの?」
「ぼくのパンツが、なくなっちゃったんだ」

えー!それは大変。ところがしろくまさん、今日はどんなパンツをはいていたのか忘れちゃったと言うのです。探しにいくしかありませんね。ねずみさんと一緒に出発です。

最初に見つけたのは、カラフルなしましまパンツ。これはしまうまさんのパンツでした。今度はお菓子の柄、これも違います。花柄のパンツは小さすぎる?色々なパンツが登場するけれど、どれもこれも違うみたい。いったいしろくまさんのパンツはどこにあるのでしょう。

ユニークなパンツの数々。見ているだけでも笑っちゃうのですが、tupera tuperaさんの遊びゴコロはこれだけでは終わりません。パンツの形が穴あきのしかけになっていて、めくればあっと驚く持ち主が登場。それは見事にパンツを履きこなしているのです。すっかり夢中になったころ、思わぬ展開が待っていて……。
引用元:www.ehonnavi.net(引用元へはこちらから)

レオ・レオニ フレデリック

出典:www.ehonnavi.net
仲間の野ねずみが、冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしておりました。寒い冬がきて、フレデリックは・・・
小さな野ねずみたちが、とうもろこしや木の実、小麦やわらをせっせと集めて運んでいる。みんな昼も夜もはたらいている。

彼らの住んでいる家は牧場に沿った石垣の中。豊かだったその場所は、お百姓さんが引っ越してしまったので、納屋はかたむき、サイロはからっぽ。おまけに冬が近い。食べ物を蓄えなくてはならないのです。

ところが、フレデリックだけは別。
ひとりでじっとしています。

「フレデリック、どうして きみは はたらかないの?」

じっとして陽に当たり、牧場を見つめ、ほとんど半分寝ているみたい。だけど、彼のこたえはこう。

「こう見えたって、はたらいてるよ。」

寒くて暗い冬のために光をあつめ、色をあつめ、言葉をあつめているのだと言う。一体どういうことなのでしょう。

やがて冬がやってきて、楽しく過ごしていたのもつかの間、食べるものが尽き、からだは凍え、おしゃべりをする気にもならなくなった。その時、立ち上がったのはフレデリック。彼はみんなの前に立ち、口をひらき、話しだしたのは……。

レオ・レオ二の描く絵本の世界の住人たち、その多くは小さく愛らしいものたち。この名作『フレデリック』もそう。愛嬌だって抜群です。だけど立ち向かっている問題はいつも骨太、なかなか考えさせられるのです。

仲間たちで生きていこうとする時、目の前に立ちはだかった問題をどう解決していくのか。答えは一つのようで、一つではなく。思いもよらない方法があることを否定することなく。そこにこそ、芸術の可能性が秘められているのかもしれなくて……。

もちろん、そんな堅苦しいことを言わなくても。

「これは まほうかな?」
引用元:www.ehonnavi.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

レオ・レオニ コーネリアス

出典:www.amazon.co.jp
コーネリアス―たってあるいた わにの はなし

わになのに立って歩くコーネリアス。さるから、逆立ちや木にぶらさがることを教えてもらって得意に。でも仲間に見せても、「へえ それで」というばかり。でもでも、やがて・・・。
コーネリアスは、立って歩くワニです。たまごの中から、立って歩いて出てきたのです!

草むらのずっと向こうまでの景色、上から眺める魚の姿。彼には他のワニたちには見えないものが見えます。だけど、嬉しそうに伝えるコーネリアスに対して、他のワニたちは言います。

「へえ、それで?」

怒って出て行くことにしたコーネリアスが出会ったのは、歩くだけでなく、逆立ちやしっぽでぶら下がることまで出来るサル。驚いたコーネリアスは、サルにその方法を教えてほしいと頼むのです。そして……。

颯爽と立って歩くコーネリアス。その堂々とした姿は、人間の私たちが見てもまぶしいくらい。生まれながらに出来てしまうのですから、大したものです。そんな彼が、自分たちに見えないものが見えると言う。私でも素直に関心を持てなかったかもしれません。

だけど、コーネリアスが本当に特別なのは、その後。最初から出来ることがあったからこそ、さらにその才能を伸ばし、習得し、それをみんなに生き生きと見せてくれます。この時、みんなの心の中に、何かが生まれるのです。

どんな生き方が素晴らしくて、どんな方法が最適か。私たちの中には、正解なんてありません。でも「何かが変わる予感」というのは、いつだって心を躍らせてくれるものですよね。
引用元:www.ehonnavi.net(引用元へはこちらから)

レオ・レオニ スイミー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者