スタバ!ドーナツやケーキを19時以降に値引き実施!食品ロス削減!使用済みタンブラー回収で「割引券」も

スターバックスは、2021年8月23日から全国の店舗(一部店舗を除く)でフードロス削減のための新プログラムとして、夜間の商品販売価格の値引きを実施します。 消費期限が近づいたドーナツやケーキなどが対象で、お得に購入できる&新商品と出会えるチャンス!

1268
0

スターバックスの環境対策への取り組み!値引きや割引券などお得に使える!

スターバックスは、2021年8月23日から全国の店舗(一部店舗を除く)でフードロス削減のための新プログラムとして、夜間の商品販売価格の値引きを実施します。

消費期限が近づいたドーナツやケーキなどが対象で、お得に購入できる&新商品と出会えるチャンス!
出典:seiga.nicovideo.jp/seiga/im865728
 スターバックスコーヒージャパンは、8月から消費期限が近づいたドーナツやケーキなどの値引き販売を始める。午後7時以降、在庫に応じて20%前後値引きする。売れ残った食品を捨てる「食品ロス」の削減につなげる。


 対象はドーナツなど、翌日まで持ち越せない食品。今年3月に約90店舗で試験的に行い、一定の効果が得られたため、全国の大半の店舗で8月23日から本格的に始める。売り上げの一部は、支援が必要な子どもたちに寄付する。

引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

在庫に応じて20%前後値引きするようです。

出典:product.starbucks.co.jp
フードメニューやデザートは275~506円程度の金額となっています。
そのため、割引は60~100円程度お得に買うことができるチャンス。

仕事の終わりなどにスタバによったら割引していたなどの機会が増えるかもしれません。


顧客メリット
安く購入できる
今まで注文しなかった商品と出会えるかも

スタバのメリット
在庫ロス削減
顧客に喜んでもらえる
環境意識の取り組みをアピールできる
8月23日からは、全国の店舗(一部店舗を除く)でフードロス削減のための新プログラムとして、夜間の商品販売価格の値引きを実施。これにより、スターバックスの食品廃棄物の約15%を占める期限切れフードの廃棄量の削減を目指すという。
引用元:www.fashionsnap.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お得に購入できるのは嬉しい♪


レジ前で値引きになるの待つみたいな人は増えないでほしいの声も。

スタバの使用済みタンブラー回収、店に持っていくと「5%割引券」

使い終わったプラスチック製のタンブラーを回収し、再利用する実証実験を始めると発表しています。
古くなったり、壊れたりしたタンブラーを店舗に持っていくと、タンブラーなどを5%分割り引くクーポンがもらえます。

23日から8月31日まで、全国約500の店舗を対象に実施!
集めたタンブラーは来年以降、再利用する予定となっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.starbucks.co.jp
実施期間:6月23日(水)~8月31日(火)
実施店舗:全国のスターバックス約500店舗
対象商品:スターバックスのプラスチック製タンブラー

※他社製のタンブラーや陶器やステンレスなどプラスチック以外の素材でできたものは回収できません。
※洗浄済みのタンブラーをご持参ください。

【回収対象】


スターバックス製(海外製含む)のプラスチック製タンブラー、ボトル、カップ、マグ
出典:www.starbucks.co.jp
※チャームやストロー等アクセサリー付、フタなし、底面にラバーがついていても回収できます。リユーザブルカップも対象です。
※画像は一例です。


【回収対象外】
プラスチック以外の素材(ステンレス、陶器等)、他社製品(素材問わず)やフタのみ。洗浄していないもの

割引レシートがもらえる!


【内容】
店舗表示価格より5%割引きの価格でプラスチック製に限らずタンブラーやマグカップ等のドリンクウェアアイテムがご購入いただけます。
使用期限】
発行日より1ヶ月間

【使用可能店舗】
日本国内のスターバックス店舗

※一部店舗を除きます。
※オンラインストアではご使用いただけません。

【注意事項】
本レシート1枚につき1商品を割引いたします。 他のクーポンおよび割(値)引サービスとの併用はできません。

受付店舗
お近くのスターバックスで実施されているかをご確認ください。
引用元:www.starbucks.co.jp(引用元へはこちらから)

9月から順次、フラペチーノも紙ストローで提供


スターバックスは、2021年に日本上陸25周年を迎えるのにあわせ、国内市場における重点取り組みを発表しています。
この中で、脱使い捨てプラスチックや廃棄物削減に向けた取り組みをさらに強化する考えを示し、9月から順次、フラペチーノも紙ストローで提供していくそうです。

プラスチックカップを含む使い捨て容器の代わりに、リユースカップでドリンクを提供するなど、今後も環境に配慮した取り組みが行われる目標となっているようです。

こちらもオススメ▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者