2016年10月18日更新
透明肌 美容 美肌

透き通るように美しい透明肌を手に入れる方法

美しい肌のことを表現する言葉に、透き通るような肌や透明感のある肌などといった表現をすることがあります。 みんながあこがれる透明感のある肌になるためにはどのような対策を行なえばいいのでしょうか。

2753
0

肌に透明感がない原因は複数ある

肌の水分不足にはいくつか原因もあるので、生活習慣から改善しても良いかもしれません。

日焼け、冷え性などでの血行不良、タバコ、スキンケアが行き届いていない

などあるようなのでそこから改善されると少しはマシになると思います。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

古い角質や汚れを定期的に落とす

角質肥厚とは、古い角質が 皮膚表面に蓄積され、厚みを増した状態のことです。

年齢とともに剥がれるはずの古い角質が、そのまま剥がれず溜まり、肌の表面に重なって残ってしまうのです。

角質肥厚が続くと、通常28日のターンオーバーの周期が遅くなり、メラニン色素が色素沈着を起こし、シミにつながります。

透明感ある肌を目指すには、古い角質と汚れを定期的に除去することが大切です。

そのためには、普段の洗顔で落とせない古い角質をスクラブ洗顔やピーリング石鹸等でクリアにしておくことが必要です。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

徹底的な紫外線対策

スポンサーリンク

スポンサーリンク

春~夏だけではなく秋から冬も紫外線をブロックする日焼け止めを塗りましょう。紫外線は一年中降り注いでいます。帽子やサングラス、ストールやアームカバーなど、衣類で紫外線をシャットアウトすることも大事です。


引用元:www.ci-labo.jp(引用元へはこちらから)

水分量をあげるためにはお風呂上がりのローションパック

水分量を上げれば透明感をより上げることができます。

くすんで見える肌の人の水分量は25%以下といわれていますが、

大人の肌は40%くらいになるとお肌が透き通って見えるようになります。
引用元:sp-live.net(引用元へはこちらから)
お風呂で血行を良くしクレンジング&洗顔で水分の入りやすい肌にしてローションパックです。

ローションパックは、通常のコットンでパッティングよりも水分の吸収率が高く、3分くらいで肌がふっくら柔らかくなります。(貯水)

水分をしっかり入れ込んだら、乳液・クリームなどのきれいな油分でフタをしてあげます。(これが保湿になります)
引用元:sp-live.net(引用元へはこちらから)

血行を良くする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肌にとって血行がよい状態が大切な理由は、肌を育む栄養や酸素を血液が運ぶため。

血行のよい肌は赤みがあってほのかなバラ色に見えるのに対し、血行の悪い肌はくすんで見えます。

身体が冷えたり、寝不足が続いたりすると、血液の流れが滞り、肌はくすんだ印象に。

入浴時やお風呂あがりのマッサージ、マッサージクリームや美顔器を使ったマッサージなどを取り入れて、血液の流れをスムーズにしてあげましょう。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

化粧品の選び方を考える

美白をするなら美白化粧品ですよね。

高価なものや、口コミで評判の人気商品を使うのも良いですが、一番大切なのはお肌に合ったものを選ぶこと!

どんなに高級な商品でも、評判の良い商品でも、お肌に合わないときはあります。

とくに敏感肌の人は美白化粧品が効きにくいと言われています。

お肌が荒れていたりして具合が悪いことが原因です。

ですから、美白化粧品も刺激がなく、お肌の調子を整えてくれるものを選ぶことが大切です。
引用元:lier.jp(引用元へはこちらから)

お肌のゴールデンタイムは頑張って寝る

肌の新陳代謝が一番活発な時間に肌にタップリと
睡眠という栄養を与えたいものです。
この時間に寝ていないと肌のターンオーバーが長くなる原因になります。22時~2時
徹夜明けの肌がどんよりくすんで見えるのはこのせい
引用元:sp-live.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フェイスシェーバーで産毛処理

スキンケアを毎日しっかりとして、化粧も上手くしているつもりなのに、何んとなくくすんで見えるということがあります。

この原因に産毛があります。

産毛があることで、化粧のノリが悪くなりますし、肌の状態がどんなに良くても肌がくすんで見えてしまいます。フェイスシェーバーを使って、産毛のケアをすることにより透明肌に近づくことが出来ます。


引用元:binotetujin.com(引用元へはこちらから)

大事なのは食事

女性の腸を考えた上でのおすすめのタンパク質は、「豆類」や「豆腐」などの植物性のタンパク質をはじめ、「魚」と時々「お肉」です。

お肉も体をつくるための大切なタンパク質源なのですが、最近では、飼育の過程で動物が病気をしないように、たくさんの薬が使用されています。

そのことを考えると、豆類、魚、ときどき食べる「質のいいお肉」が、美肌をつくるためのタンパク質の理想です。
引用元:zi-gen.com(引用元へはこちらから)
黒ずみ、くすみ、シミのモトになるメラニン色素の増加を抑えてくれる効果がある「ビタミンC」。

酸化からお肌を守り、美肌ケアに欠かせないコラーゲンの生成を促してハリ・つやをアップしてくれます。

免疫力アップにも役立つので夏バテや夏風邪予防にも効果的です。

ブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、キャベツ、れんこん、イチゴなど緑黄色野菜に多く含まれています。
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)
ほうれん草やキャベツ、ルッコラ、白菜などの緑黄色野菜の葉野菜類も糖質が少なく、食物繊維豊富に含まれています。

これらの生野菜を食事の最初に食べることで血糖値の上昇を抑えるだけでなく、抗糖化作用があることが明らかになっていますので、葉野菜のサラダを前菜として食べる習慣をつけるようにしましょう。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者