2016年11月15日更新
食べ物 栄養

髪や毛根に影響を及ぼす食べ物とは?

健康的な髪の毛のためには表面的なケアだけでなく、髪の栄養となる食事が重要です。 実際にどんな食べ物が髪によいのでしょうか?

2201
0

緑黄色野菜

ほうれん草やブロッコリーのような濃い緑の野菜は、皮脂を生み出す良質のビタミンAやCを多く含みます。
人参も、脱毛を防ぐ天然のコンディショナーとなる皮脂の形成を助けるビタミンAを多く含んでいます。
引用元:shokuiku-zukan.com(引用元へはこちらから)

大豆

大豆に含まれるイソフラボンは、女性エストロゲンに似た働きがあり、男性ホルモンを抑制する効果があります。

AGAの原因である男性ホルモンを抑えることで、増毛効果が期待できるのです。

大豆は、豆腐や納豆・味噌など、加工食品がたくさんありますから、様々な方法で摂り入れてみてください。
引用元:hagelabo.jp(引用元へはこちらから)

唐辛子

スポンサーリンク

スポンサーリンク

唐辛子に含まれるカプサイシンには、血行促進・発毛促進の効果があります。

また、カプサイシンは大豆製品を一緒に摂ることで、IGF-1という成長因子になることが解っています。

豆腐や納豆などの薬味として唐辛子を使うのがオススメです。
引用元:hagelabo.jp(引用元へはこちらから)

レバー

レバーは万能食品と言っても過言ではありません。髪の毛は、たんぱく質のアミノ酸からできていますが、中でも特に重要なのが、硫黄を含む含流アミノ酸であるシスチンです。牛レバー、豚レバー、鶏レバーにはシスチンが豊富に含まれています。

また、牛レバー、豚レバーには健康的な髪を維持するために必要な亜鉛も豊富に含まれています。さらに、タンパク質を効率よく吸収するために必要なビタミンB6も多く含んでいます。


引用元:usuge-woman.com(引用元へはこちらから)

卵には、たんぱく質が豊富なことは誰でも知っていますね。どんな調理法でも有能なたんぱく源になるのも嬉しいです。美容にもとても重要な栄養素であるビオチンやビタミンB-12を多く含んでいます。亜鉛、セレニウム、鉄も含んでおり、髪にとってとても都合のよい食べ物なのです。どの時間の食事にも取り入れやすく、様々な料理に使えますので飽きることもありませんね!

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ナッツ類

くるみやアーモンドなどのナッツ類には、タンパク質や亜鉛が豊富に含まれていて、毛母細胞の働きを活発にしてくれます。

また、オレイン酸、アルファリノレン酸などの良質な油分によって、適度に健康な皮脂を保つことができます。

本来ナッツ類には含まれないピーナッツですが、ピーナッツにも毛母細胞を活性化させる作用があります。
引用元:hagelabo.jp(引用元へはこちらから)

海藻類

藻類にはフコイダンというヌルヌルした成分が含まれていて、美容液などにもよく使われています。

IGF-1(成長因子)を増やす効果があるので、増毛だけでなく、抗菌作用や胃の粘膜の保護・コレステロールの低下などの効果も期待できます。
引用元:hagelabo.jp(引用元へはこちらから)

鳥肉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

良質なたんぱく質が豊富です。
髪に十分にたんぱく質が与えられないと、弱く崩れやすい髪質になり、さらにひどくなると髪の色が抜けやすくなる場合も…。
また鳥肉は毛髪の健康だけでなく、体全体の健康の為にも必要な鉄分を多く含みます。


引用元:shokuiku-zukan.com(引用元へはこちらから)

牡蠣

髪の主成分ケラチンというたんぱく質は、亜鉛が不足すると合成がうまくいかず、脱毛しやすい弱い髪になってしまいます。亜鉛を含む食品の中でも最も多く亜鉛を含む食べ物が牡蠣と言われています。健康な髪を育て髪質の向上に効果的です。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
季節によっては取り入れるのが困難な食材ですが、亜鉛は牛肉や羊肉からでも摂取できますので、代用しても良いでしょう。また、貝類にはビタミンB12が含まれており、髪の毛を元気に保ってくれますので、しじみ、あさり、はまぐりもおすすめです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

低脂肪乳製品

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者