2016年08月29日更新
失恋 恋愛 恋愛心理

辛い失恋を一刻も早く乗り越える方法

辛くて苦しくてたまらない、何も手につかない、そんなあなたに失恋の痛手から立ち直るための方法をまとめました。

5417
0

友人などにひたすら 愚痴を聞いてもらう

失恋した直後は、悲しみを一人で受け止めるのは難しいものです。精神状態が普段とは違いますので、つい涙ぐんでしまうことも多くなりやすいでしょう。

まずは、友人などに話を聞いてもらい、辛い気持ちを吐き出してしまいましょう。一人でいては、悲しい気持ちがあふれてしまいます。順序だって友人に話すことで、気持ちの整理が次第にできて、少しずつすっきりとしていくものです。また、自分の味方になってくれる人の存在によって、癒されることでしょう。

ただし、お酒を飲みながら友人に話すときには、飲み過ぎて自暴自棄にならないように注意するようにします。
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)

思い切り涙が枯れるくらいまで泣いてみる

辛いのを我慢している人って、泣くことも躊躇ってしまうこともあるんですよね。失恋した時くらい思いきって泣いてみましょう。そして、子供みたいにエンエンと声に出して泣いちゃうのです。

泣くことは、ストレスを解消してくれる効果があると言われています。小さい頃に何かあって、お母さんやお父さんの前でわーんと泣いた後って意外とすっきりしませんでしたか。モヤモヤとした気持ちをいつまでも引きずっていましたか。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

手紙などの 思い出の品を処分する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

部屋の中に手紙やプレゼント、写真など、彼との思い出のアイテムがあると、楽しかったことを思い出しやすくなります。特に手紙は読み返すと、過去の彼とのさまざまな楽しかった出来事を思い起こさせます。しかし、思い出は美化されやすいものですで、いつまでも引きずっていると、新たな出会いも色あせて見えてしまいがちです。

過去と断絶し、新たな一歩を踏み出すためには、手紙などの思い出の品は処分するようにしましょう。携帯の電話番号やメールアドレスも、仕事などで連絡をとる必要のある人でなければ、削除してしまうことで気持ちが断ち切りやすくなります。
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)

旅をする

脳科学で証明されている方法です。

よく言われる傷心旅行、これは効果があることが認められています。
旅の行き先が海外か国内か、1人旅か仲間とかといったことは問わず、できることなら今まで訪れたことのない場所が良いようです。
まとまったお休みを取って連泊できるのが良いのですが日帰りや1泊でも十分です。

旅をすることで失恋から立ち直ることができる理由は、脳の中に新しい回路を作るからです。
新しい回路を作ると、脳はその回路に夢中になり悲しむことを忘れ悲しむ回路を使わないようになっていくのです。

旅をすると今まで見たこともない景色や人に出会い、美味しいものを食べていろんな体験をします。
近場であっても車窓を流れる景色はいつもの生活では見ることのない景色です。

脳に新しい回路を作る方法は旅行だけではありませんが、失恋で落ち込んでいる気持ちをパッと明るくさせるためには旅はうってつけです。
引用元:www.statusparty.jp(引用元へはこちらから)

メールアドレスを消すか、変えるか

もうサヨナラした相手です。彼の連絡先を知っていても意味がない。アドレスを見るたびに彼の名前があると思い出してしまいます。

彼の電話番号やメールアドレスなど彼と繋がれる要素をすべて消してください。

面倒くさいかも知れませんが自分のメルアドを変更するのも一つの方法です。もう自分から連絡できない状態に持っていくか、相手から連絡がこない状態にしておくか、このどちらかにしておけば、否が応でも諦めがつくと思います。

とても勇気のいることですが一日も早い立ち直りのために必要なことと考えてくださいね。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ひとり〇〇を最低ひとつする

悲しみの底にいる期間は、1週間、1ヶ月と人によって様々だと思います。けれど、そこから抜け出したいと思う時は必ずきます。無理にではなくていいですが、少しでもそう思えるようになったら、今度はひとりでいられる時間を大切にしてみましょう。

彼と別れてひとりになり孤独になった反面、誰にも縛られない自由を手に入れたのも事実です。それならこの機会に、ひとりで楽しむ事に挑戦してみましょう。ひとり映画、ひとりディナー、ひとりバー、ひとり旅、何でもいいのです。

ひとりで行動すると、誰かと一緒とはまた違う楽しみや発見、出会いがありますよ。
引用元:coitopi.jp(引用元へはこちらから)

失恋の原因について 考えて反省しない

大好きな彼にフラれると、「何がいけなかったのだろう」とか、「こうするべきだったのではないか」など、失恋の原因となった自分の悪かった点を見出そうと考えてしまいがちです。でも、失恋しても過去を振り返って反省する必要はありません。単に彼とは相性が合わなかっただけというケースも多いのです。また、付き合っていた彼と別れた場合には、彼の浮気など相手に原因があることもあります。

失恋は次の相手と出会って新たな恋をするチャンスでもあります。立ち直った後に、失恋を次の恋愛の糧にしようと思うのであれば、フラれた理由を考えてみるのもよいでしょう。
引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)

失恋のメリットを考える

スポンサーリンク

スポンサーリンク

失恋に対してのメリットを考えるのも良い方法の1つだそうです。
1 喧嘩をしないでもよくなる
2 ムカつかなくなる
3 もっと素敵な男性と恋愛ができる
4 誰かにアドバイスできる
5 話に広がりが持てる
と無理やりにでもポジティブになる事が大切なようです。最初は「無理やりすぎるな…」と思うぐらいどんどん上げて行くとよいそうです。それが次第にメリットに代わっていくようです。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

思い切って引っ越す

あなたが賃貸の物件に住んでいるなら、思い切って引越しをしてみるのはどうでしょうか。別れた相手との思い出が残る家や周囲の街並み、デートコースなどは、毎日見ていると苦しいもの。思い切り今の場所から遠く離れた場所でなくてもかまいません。

同じ職場に通える範囲で、ちょっと毎日の景色を変え、気分を一新するために引越ししてみるのも、失恋から立ち直るひとつの方法です。引っ越すことで景色も変わり、部屋の模様替えにもなり、まるで春の始まりのような明るい気持ちになれることでしょう。
引用元:thechange.jp(引用元へはこちらから)

美味しいものを食べに行く

まだ食欲がある人限定ですが、もしも食欲が少しでもあれば「美味しい物」を食べて元気になりませんか。特にこれは女性に多いですが、美味しい物を食べて幸せ~ってことありませんか。

実は美味しい物を食べると幸せホルモンのセロトニンが分泌されると言われているのです。美味しい物は、視覚からの刺激、舌からの刺激、匂いからの刺激、満腹感と、元気にしてくれるパワーを持っていまますよね。

ダイエット?そんなのは今は忘れましょう。今ダイエットするよりも、まずは心を元気にしちゃいましょう。自分の好きな物を好きなだけたべちゃいましょう!しかし、それが毎日続いたらちょっとセーブしないといけませんね。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者