2016年06月28日更新
ボサボサ ヘアケア 女子

ボサボサの髪の毛、いつも放っておいてない?知らない女子が多い、ヘアケアのこと

毎朝のヘアケアに時間を掛けられない!そんなあなたの髪の毛はボサボサじゃありませんか?意外と知らない女子が多い、正しいヘアケアについてまとめています。

2838
0

髪が傷んでいても気にならない?

毎日紫外線やシャンプー剤、ドライヤーなどの刺激でダメージを受け続けている髪の毛。髪は女の命と言われていたのは遠い昔の話??
女子は意外と正しいヘアケアを知らずに、放置、ボサボサが定着しているとか!女子力UPするなら、美しいヘアスタイルから手に入れましょう!
顔や身体は日焼け止めが常識だけど、髪は案外何もしていなかったりしていない? たんぱく質で形成されている髪にとって、紫外線は一番の敵! 特に海やプールでは要注意。
引用元:beauty.hotpepper.jp(引用元へはこちらから)
シャンプーは、「シャンプーマッサージ」と呼ばれるほど、「ヘアケア」の第 1歩です。
引用元:www.kaminet.com(引用元へはこちらから)
爪を立てず、指の腹でしたから上に揉み上げるように洗います。
爪を立ててごしごし洗うような方法は避けてください。かえって頭皮が傷つき、かゆみや湿疹、ふけの原因になることもあります。
引用元:www.kaminet.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気になるシリコンって・・・?

出典:matome.naver.jp
シリコン、ノンシリコンってよく言ううけど、本当にシリコンは無い方がいいのかな・・・?
シリコンは、髪をコーティングし、シャンプー時の摩擦を防いだり、指通りをよくするために配合されるもの。絡みやすい髪や細くきしみやすい髪の人は、シリコン入りを選ぶとストレスなく洗えます。また、カラーリングやパーマでダメージを受けた髪には、トリートメントもシリコン入りがベター。髪が落ち着き、しっとりサラサラな仕上がりを叶えてくれます。逆に傷みが少なく、ふんわり仕上げたい人はノンシリコンを。自分の髪質となりたいヘアスタイルに合わせて、シリコン入りかノンシリコンかを選んでください
引用元:www.vogue.co.jp(引用元へはこちらから)

正しくシャンプーをする!

出典:19jihai.com
正しいシャンプーできている?
髪の毛を泡立てればいい!なんて適当なシャンプーじゃ髪の毛はダメージを受けるばかり。
正しいシャンプー方法で綺麗髪をゲットして。

熱いお湯は厳禁!

熱くて強いシャワーは厳禁!
 お湯は体温に近い38℃くらいが正解
 シャンプーの時熱いお湯や強いシャワー圧はタブーです。
熱いお湯を浴びるとキューティクルが立ち上がり、髪の毛がボワッと膨らんでしまいます。髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃。シャワーの時には、シャワーを体温に近いぬるめの温度に調節して使ってください。シャワー圧も程ほどに。
引用元:emi-2000.com(引用元へはこちらから)

ブラッシングと前流しで汚れを落とす!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

できればブラッシングをして頂ければベストです。頭皮の血行も良くなりますし、髪の、からみも取る事ができます。ここでは、シャンプー前の流しを説明します。皆様はこの部分をシャンプーする前に「髪を濡らす作業」位の価値観だと思っていませんか?実はこのプレシャワーリングも重要な作業なのです。まず、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。濡らすという感覚よりも流すという感覚で行なってください。髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリングだけで70%位落ちてしまうんですよ。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

シャンプーの量は?

出典:www.rasysa.com
シャンプーは適量で!
使っているシャンプーにもよりますが、ミディアムで1プッシュ程度。自分の髪の長さによって、量は微調整してください。
引用元:www.rasysa.com(引用元へはこちらから)

シャンプーを頭皮で泡立てないこと!

出典:www.siragazome.jp
シャンプーを手のひらで ...
シャンプーを根元からなじませてたっぷりと泡立てます。
引用元:www.shiseido.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

指の腹で洗う!

シャンプーは指の腹(指紋の渦の中心辺り)を使い丁寧に洗いましょう。洗髪時に髪の汚れとともに頭皮の脂(皮脂)を落とそうと意識するあまり、指先に力を入れてゴシゴシと頭皮をこすっている人が少なくありません。頭皮を傷つけ、抜け毛の原因になることもあるので、注意が必要です。
引用元:scalp-d.angfa-store.jp(引用元へはこちらから)

しっかりと丁寧にすすいで!

出典:matome.naver.jp
泡が残ってしまうとフケやかゆみの原因に・・・
洗い残しがないように、念入りにすすぎましょう。シャンプーの成分が地肌に残っていると、かぶれたり、毛穴がつまり、抜け毛の原因にもなります。
目安は3分から5分程度、丁寧に行いましょう。流している間に、6のマッサージを行うと良いでしょう。
引用元:n-coozy.com(引用元へはこちらから)

コンディショナーで仕上げ!

少量を毛先を中心に髪全体につけます。この時、毛根近くにはコンディショナーをつけないように注意! そして、つけたコンディショナーは時間をおくことなく、すぐに洗い流します。
引用元:www.mylohas.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者