2016年06月28日更新
ウェットヘア ヘアケア

【ヘアケア】乾燥した髪の毛をツヤ感あふれるヘアに!効果のある方法って?

髪の毛の気になる枝毛、パサパサをどうにかしたい!艶のある髪の毛にあこがれる! そんな女子に必見の髪の毛のツヤ感UP術です。

2741
0

髪の毛が乾燥するのが嫌!

出典:h-colors.com
これは全部「乾燥」が原因なんでしょうか?
髪の毛がパサパサになってしまったり、枝毛が出来てしまう原因はなに?この原因を知って、効果的なケアをしていけばツヤ感あふれるヘアを手に入れられる!
ぜひ、チャレンジしてみて!

パサパサ髪の原因・・・

出典:thebiyo.wordpress.com
どうしたらいいの?ヘアスタイルが決まらない!
髪がパサパサになる原因にはたくさんありますが、主にはダメージを与えるパーマや毛染め、髪を洗うとき髪をゴシゴシ
してしまうこと、そして、髪の水分が奪われてしまう乾燥が上げられます。

髪の水分が奪われる環境は、エアコンの効いた部屋に長いこと居たり、ドライヤーを当てすぎて髪の水分まで
飛ばしてしまったり、紫外線に当てることで髪が乾燥したりといったことが考えられます。

こういった環境に気をつけるとともに、ヘアケア、特にトリートメントで髪がパサパサになるのを防いだり、
改善したりすることができます。
引用元:xn--vcka6fb6196k.net(引用元へはこちらから)

空気が乾燥している

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:news.kakaku.com
部屋のエアコンで乾燥・・・
冬は、外の冷たい風はモチロン、部屋の中のエアコンにも注意が必要です。 エアコンの風に直接あたっていると、静電気が起きやすくなったり、 髪の表面がゴワついたりパサついたり。。

そんな経験ないですか?

実は、髪の水分が失われると、表面のキューティクルがカラカラに。 剥がれやすくなってしまい、髪のダメージが表面化し、枝毛や切れ毛の原因にも。 さらに、外側のキューティクルがドンドンと剥がれてしまうと、 傷ついた部分から、髪の内部の水分までも出てちゃって、ダメージが進んでしまいます。

髪の毛がパサいてると思ったときは、ムリに引っ張ったりしないで、 優しくほぐすようにブラッシングするようにしましょうねっ。
引用元:pure-la.net(引用元へはこちらから)

自然乾燥が髪に良くない

出典:xn--hckh5bzbzas6eyb2f4k.com
ドライヤーも良くないんじゃないの?
シャンプー後の濡れた髪や頭皮というのは、当然のことながら、湿気が非常に高い状態になっています。

もともと頭皮は湿度や温度が高く、雑菌が生息しやすい環境になっています。

そこにさらに湿気が加われば、雑菌にとっては絶好の繁殖場所になるのです。

そのため、自然乾燥というのは、雑菌が好む環境を長時間にわたって維持するということになります。

つまり、髪が濡れた状態(湿気が多い状態)をそのままにして、自然に乾くのを待つということは、わざわざ雑菌の繁殖を促進していることになるのです。

引用元:xn--eckwdtdsa1h503t2e6b.jp(引用元へはこちらから)

適切にドライヤーを使用するのがベスト

髪や頭皮のためには、やはりドライヤーを適切に使用して乾かすのが理想です。

ただ、一般のドライヤーは温風が120度にまで達し、髪の限界と言われる60度をはるかに超える高温なので、どんなに気をつけても髪を傷めてしまいがちです。

そこで、髪を傷めない温度(60度程度)に設定された低温トリートメントドライヤーをオススメします。

熱によってキューティクルを傷めたり、髪がヤケド状態になるのを防げるので、ツヤや張りのある元気な髪を維持することができます。
引用元:xn--eckwdtdsa1h503t2e6b.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヘアブローが決めて!

出展:Youtube

【Hair Arrange】髪の毛がツヤツヤ&サラサラになるブローの仕方 - 第10回

美容室でブローしたようなツヤツヤ&サラサラの髪にする乾かし方を実演しながら解説します。ドライヤーで乾かすときのポイントは、根元を中心...

ポイントとしては、
1、根元が軽く濡れている状態からドライヤーをスタート!
2、根元に風を当てながら左右に引っ張りながら乾かす。
3、最後は、流したい方向と逆に引っ張りながら乾かしたら終了。
4、流したい方向へ戻します。
5、動画ではストレートアイロンをしていますが、二段に分けてマジックカーラーを巻いてもOK!
その際は、巻いた後にドライヤーの風を、温風→冷風と当ててあげるとしっかりとしたカールができあがります♪
引用元:halol.me(引用元へはこちらから)

どんなブラシを使えば良い?

ミディアム~ロングヘアの方ならば、直径6cm~10cmくらいのブローブラシが使いやすいでしょう。このくらいの適度な太さがあると、フロント(前髪)、トップ、サイド、毛先、どこでもスタイリングできると思います。細すぎると髪がからまり過ぎ、太すぎるとフロントのスタイリングがしにくいです。素材は、獣毛(イノシシや豚毛)が混ざっているものが、適度に髪にからまるので便利です。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

こんな素敵なブラシ付きドライヤーもいいかも!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「IB-CB54」は、“プロのヘアブロー”を再現するというブラシ付きドライヤー。ブラシから風と一緒にプラズマクラスターイオンを発生させることにより、ブラッシング時に髪とブラシに発生する静電気を抑制する。また、ブラシを回転させても髪をしっかりとキャッチし、髪の根元までプラズマクラスターイオンと熱を届ける独自の「ブローブラシ」を採用。髪のうねりをしっかりと整えるという。
引用元:magazine.kakaku.com(引用元へはこちらから)

グリースでツヤ感UP

出典:xn--pckc1a4pd5hd.com
クールグリースが人気!
グリースでツヤ感UP。見た目の感じがいかにも艶が出そうでしょ?
「ヘアスタイリング剤」でポマードのようなツヤが出て濡れたようなスタイリングが出来るセット剤です。

ポマードと違って水溶性なので、水やお湯で洗うと簡単に落ちるので、スタイリングした後の手も、水で簡単に洗い流せるので便利です。
もちろん、髪についたグリースもシャンプーで簡単に落とせます。

特にメンズのショートスタイルや少しウェーブのかかった女性のパーマスタイルなんかに使うのがいい感じ。
自分のサロンでも、ソフトモヒカンやベリーショートのスタイルに良く使っています。ワックスと違う質感が人気です。
引用元:xn--pckc1a4pd5hd.com(引用元へはこちらから)

ウェットな質感も人気!

今年はウェット感のあるヘアスタイルが大人気。お風呂上がりのような雰囲気が合って、どこか色気もあります。ヘアオイルを使ってスタイリングすることができ、今女性の間でもウェットヘアがキテるんです♡
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者