2016年11月11日更新
肌荒れ 美肌 スキンケア

肌荒れに効く食べ物まとめ!つるつる肌を目指そう!

「肌荒れに効く」…また、「肌にいい食べ物」など… どれを実際に食べると効果的なのか?迷ってしまう方も多いと思います。 今回は、肌荒れをバッチリ改善してくれる食材をご紹介していきます!

2189
0

はと麦

「ハトムギ」は別名「ヨクイニン」とも呼ばれ、ヨクイニンは肌のさまざまなトラブルに効果を発揮する漢方薬です。

薬として使われているほどですから、ハトムギは肌荒れしたときにとても頼りになる食べ物です。

肌荒れが起きる多くの原因が、体の内側に何らかの毒素や老廃物が溜まっているときです。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)
ハトムギには体に溜まった古い水分とともに、毒素や老廃物を排出しデトックスする力があるため、肌荒れを起こしている体の内側にアプローチして、肌荒れを鎮静させていくことができるのです。

ハトムギは、お米を炊くときに一緒に混ぜ込んだり、茹でてサラダの上に振りかけたり、いろいろなアレンジができます。

もし料理する時間がない場合には、「ハトムギ茶」がおすすめです。普段から飲むようにすれば、肌荒れ予防にもつながります。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

パプリカ

お肌に欠かせない栄養素といえばビタミンCですね。美白やシミ・シワの予防に効果的で、コラーゲンの生成を助けてくれます。

皮脂の分泌を抑制してくれる働きもあるため、ニキビ予防にも効果的。抗炎症作用もあるため、できてしまったニキビへの効果も期待できますよ。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オリーブオイル

肌の乾燥の原因は、肌細胞の間の角質細胞間脂質が減ってしまい、肌細胞のすき間から、お肌の水分が逃げてしまうこと。
質の良い油を食事で摂ることが、乾燥肌の解消に繋がります。

オリーブオイルは、手軽で、脂溶性ビタミンのA・D・E・Kを含み、特に「若さのビタミン」と言われるビタミンEが豊富に含まれています。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
オリーブオイルに含まれる「ヒドロキシチロソール」というポリフェノールは、非常に強力な抗炎症作用があり、肌荒れを解消してくれます。

これは、エクストラバージンのみに含まれ、スペイン産に多いことがわかってます。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

ほうれん草

抗酸化物質は、老化の原因となる活性酸素を除去する働きをします。

皮膚内には元々、ウロカニン酸やグルタチオンなどの抗酸化物質があるのですが、これらは年齢とともに、減少してしまうため、食べ物などから補給する必要があります。

その補給にもってこいなのが【ビタミンA・C・E】。

これらは、抗酸化効果を最も期待できる栄養素なので、この3つをバランス良くとることで、内側からハリのある若々しい肌になれます!


引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

豚肉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚肉はビタミンB1を多く含んでおり、牛肉の8倍の量だといわれています。

また、肥満を予防するロイシンや、心地良い睡眠を促すトリプトファン、脳の活性化に良い影響を与えるアラキドン酸が多く含まれており、栄養素として非常に優秀な食品です。

肌荒れの改善、予防にはお肉を選ぶ際に豚肉にされることをお薦めします。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

サーモン

サーモンは、若返りの食材として知られています。
サーモンには、アスタキサンチンという強い抗酸化作用が含まれています。

このアスタキサンチンは、若返りの物質とも呼ばれ、加齢による体のさび付きを中から改善してくれます。

体がさび付いてしまうと、代謝が落ちてしまいますので、肌のターンオーバーにも、もちろん影響がでてしまいます。
それを改善してくれるのがサーモン!サーモンは今の時期とてもおいしいので、3日に1回は食べたい食材です!
引用元:girls-beauty-style.net(引用元へはこちらから)

高野豆腐

スポンサーリンク

スポンサーリンク

くすみがちの肌は、元気がなく暗い印象を周囲に与えてしまいます。

くすみは血行の悪さが原因で現れてきます。そのような血行不良の状態を改善する栄養素が【鉄分】です。鉄分は、血液中の酸素を体の隅々まで運ぶヘモグロビンの材料となります。

ですので、鉄分を豊富に含む食材を積極的に取ることで、夕方までくすみの気にならない、透明感ある肌を維持できます。

また、気になる目元の青くまも同時に改善することができるので、イキイキとした瞳にもなれますよ。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

アーモンド

アーモンドはビタミン類も含んでいますが、それ以外にカルシウムや鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルを豊富に含んでいるので、肌荒れ対策に相乗効果を発揮するのです。

特に「亜鉛」は、新しい肌を作るときになくてはならない成分です。亜鉛が豊富な食べ物といえば、牡蠣やレバーなど、毎日食べ続けにくいものが多いのですが、アーモンドなら毎日簡単に続けられます。

なお、油を使って揚げたり焼いたりしたアーモンドや塩味の強いアーモンドは、逆に体の負担となります。素焼き(油も塩も不使用)のものを選びましょう。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

トマト

トマトには「リコピン」という成分が含まれています。これは、トマトの赤い色素の成分です。このリコピンの最大の特長は「活性酸素を除去すること」です。

というのも、「肌荒れと活性酸素」は深い関係にあります。

「活性酸素」というのは、一言でいえば「体をサビさせてしまう」酸素のことで、本来は体内に入ってきた細菌やウィルスを酸化させ撲滅する役割を果たしているのですが、増えすぎると健康な細胞まで攻撃し酸化させてしまうのです。

これが肌で発生すると、ひどい肌荒れを引き起こします。そのため、「活性酸素をいかに抑制するか」は肌荒れを治す上で重要なポイントです。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)
トマトに含まれる「リコピン」は、強い抗酸化作用がありますので、活性酸素を除去することができるのです。

特に肌荒れがひどいときには、できるだけ毎日トマトを食べるようにしましょう。その際に、「火を通したトマト」がおすすめです。リコピンは、火を通すことで吸収力が3倍になります。

また、リコピンは「トマトの皮」部分に多く含まれますので、トマトを湯むきせずに丸ごと食べるようにしましょう。
引用元:goodluckjapan.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者