2016年07月21日更新
婚活 恋愛テク 恋愛

絶対に成功したい!婚活で成功するための心構え

心構えでその婚活が成功するか、失敗するか大きく異なります。 女性としての最低限のマナー的なものも含まてご紹介しますので、単純にモテたい!と思っている方にも適応になります。

1951
0

理想の人を明確にする

「優しい」など抽象的なものではなく、年齢や身長、年収や具体的な性格的特徴、デートで行きたいところなどを事細かに20項目リストアップしてみましょう。
「叶うわけない」など考えずにどんどん書いていってください。最初の5項目くらいはサクサクと出てきますが、その先は難しいはず。
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)
何時間も考える必要はありませんが、20項目見つけられるよう頑張ってください。そうやって出てきた中で優先順位をつけていくと、理想の男性像が明確になります♪


引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

理想の人はどんな女性を好むか考える

ステップ1でリストアップした理想の男性像。
その理想の男性はどんな女性を好みそうか考えてみましょう♡素敵なレストランへ連れて行ってくれる男性は、どんな女性を連れて行きたいと思うでしょうか?穏やかで包容力のある男性は、どんな女性と人生を共にしたいと思うでしょうか?
ぜひ考えてみてください。
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

異性の好みをきちんと把握する

男性が求める理想の女性像は「一緒にいて楽しい人、明るい人、話が合う人、安心感がある人、家庭的でシッカリした人」がアンケートの上位です。
この中に「仕事をしている人」は含まれませんが、実際の婚活パーティーなどに参加すると、家事手伝いの女性は敬遠される傾向があります。
女性が求める理想の男性像は「清潔感がある人、正義感がある人、責任感がある人、気遣いができる人、人頼りになる人、器の広い人」が人気です。やはり、頼りにできる男性を求めています。
引用元:konkatunokotu.jp(引用元へはこちらから)

恋愛する気持ちを忘れない

婚活女子が必ず持っているものと言えば、『結婚願望』。
もちろん、婚活をしている男性側だって持ち合わせているものですが、結婚願望に満ちた女性からのプレッシャーというものは、何か鬼気迫るエネルギーを感じさせられます…。
あまりにも強すぎる結婚願望を持った女性は、近寄りがたいオーラを放っているのです。
これでは、自分が気になる人を見つけたとしても、相手の男性も『関わったら面倒なコトになりそう…。』と思って逃げていってしまうかも…
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
男性だって、恋愛相手として意識しない限りは、女性を結婚相手としても意識してはくれません。
気になる男性ができても、すぐ『旦那サマ候補』として見るのではなく、まずは『恋人候補』としてどうなのかを見定めることが重要なポイント!
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

自分の将来に不安を感じていることを隠す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今の日本は会社や職業にもよりますが、男女差別はある程度は是正されていると言えます。女性だけが活躍できる職場も増えてきました。
しかし、性別に関係なく平均年収は下がり続け、デフレによる不況から全く抜けだせません。日本全体の将来に不透明感が漂っています。
そのため「自分の将来に不安を感じている」や「自分のやりたいことが見えない」人が増えましたが、この状態は異性には魅力的に映りません。婚活で異性と接するときは、不安を隠して明るさや元気さを前面に出しましょう。
引用元:konkatunokotu.jp(引用元へはこちらから)

自分の市場価値を知る

婚活の市場では、年齢や学歴、職業、年収などによって、その人の価値が変わってくることがあります。

例えば、女性の場合は30歳で価値がガクッと下がるというのは、よく耳にするかと思います。できるだけ多くの子孫を残すという意味でも、男性は本能的に若い女性を求める傾向があるからです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)
また、大卒でバリバリ働く女性が増えていることもあり、四年制大学卒の男性を希望する女性も多いようです。

客観的に自分の市場価値を知り、初めから高望みせずに、自分に合った相手を探すことで、無駄な労力を使うのを防ぐことができます。

周囲の異性、既婚者などに、結婚相手に求めるものや、自分が選ばれた理由などをきいてみるのもおすすめです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

結婚の時期を決める

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いつまでに結婚をするという具体的な時期を決めることで、そこから逆算して計画的に行動ができます。

また、終わりの時期を決めていないと、人によっては「もっといい人がいるかも」と、ずるずると婚活を続けてしまう可能性もあるので、それを防ぐこともできます。

35歳までに子どもを産みたい、でも1年くらいは2人の生活を楽しんで、結婚前に少なくとも半年は同棲して、同棲前に半年くらいはお付き合いして…と、逆算していきましょう。

そうすると、相手を探すために許された時間がおのずと分かって、婚活の進め方も変わってくるはずです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

理想の結婚生活を描く

他人同士が人生を共にするのが結婚です。そこで考えておきたいのが、理想の結婚生活。子供は何人欲しいとか、どんな家に住みたいとか、休日の過ごし方など、明確にしておいた方がいいでしょう。


引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)
婚活の場で出会った男女は互いに結婚の意思があることが分かっているので、こういった話題も話しやすいはずです。例えば、絶対に子供が欲しい女性と絶対に子供はいらないという男性とでは、上手くいく確率は低いでしょう。
そういったことを避けるためにも、あなた自身の理想の結婚生活を明確にしておいてください♪
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

人生大逆転を狙う発想を持ちすぎない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者