2016年11月14日更新
彼氏 寝室 睡眠

彼氏と一緒に寝るメリットとデメリット

一日の四分の一から三分の一は寝ている時間。 ひとつのベッドで寝る場合、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう!

1817
0

女性は結果としてよく眠ることができる

同じベッドで寝た翌日に、男性は「よく眠ることができた」と感じましたが、実際の睡眠を検証すると、「深い睡眠が妨害」されていたことが判明。さらに、その後に行われた知力テストの成績も悪くなり、ストレスホルモンのレベルも上昇しました。

引用元:www.womaninsight.jp(引用元へはこちらから)
対照的に女性は、同じベッドで寝た場合も、眠りに落ちさえすればぐっすりと眠っていて、知力テストの成績も男性ほどは低下しませんでした。ストレスホルモンもあまり増加しなかったといいます。
ちなみに女性は、「ひとりのほうがよく眠ることができた」と感じたようでしたが、実際はパートナーと一緒に寝たときのほうがより深く眠っていたことがわかりました。
引用元:www.womaninsight.jp(引用元へはこちらから)

彼氏と一緒に寝るメリット

精神的な充足を感じられる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パートナーと一緒に眠ることで、精神的な充足を感じられる人も多いです。特に女性は人と一緒に眠ることでより深い睡眠がとれるケースもあり、一概に一緒に寝るのは悪影響とも言えません。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
男女のスキンシップも増えるので、夫婦関係が良くなる傾向にもあります。もちろん、子供のいる家庭ではママが子供と一緒に寝ることが多いですよね。家族で同じ寝室、川の字になって寝ることは子供にも精神的な安定をもたらします。

引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

色々節約できる

夫婦が一緒に寝るなら、部屋数やベッドでお部屋が狭くなるという悩みが少なくて済みます。
お布団を干す手間もシーツを交換する手間も最小限ですみます。
光熱費の節約にもなります。
引用元:lovemo.jp(引用元へはこちらから)

ぬくもりを感じられる

特に1人暮らしの人はそうかもしれませんが、夜寝るときというのは、どうしても気持ちがネガティブになったり、寂しさを感じてしまったりすることが多いものです。
そんな時、彼氏が隣で寝てくれていると、それだけで人肌のぬくもりを近くで感じることができます。
人間は、好きな相手であれば、他の人の肌と触れ合っている時、幸せを感じて温かい気持ちになります。
その相手が大好きな彼氏であれば、尚更のことでしょう。
引用元:ikejo.net(引用元へはこちらから)

関係の維持に繋がる

付き合っている彼氏と一緒に寝ることは、それだけでお互いの絆を深め、愛情をはぐくむことにつながります。

「睡眠」というお互いにとってとても大切な時間を共有することによって、二人の間に信頼関係が出来上がっていることを確認できるのです。

また、寝る直前というのは二人で一日の出来事を話すのにはうってつけの時間です。

毎日一緒に寝るようであれば、積極的に話しかけることで、お互いのことをより深く知ることもでき、さらなる信頼関係にもつながります。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

彼氏と一緒に寝るデメリット

気疲れしてしまう

普段一人で眠る女性にとって、いくら彼氏といえども「他人」が自分のベッドに一緒に寝ているという事はなかなか慣れないものです。

彼氏がちゃんと眠れているのか気にしてしまったり、自分の寝相が悪くて蹴ってしまったりしないか考えてしまったりとしているうちに、結局ほとんど眠れなかったとなってしまうこともあるでしょう。

また、一緒に寝ることはすっぴんをさらすことにもなりますし、起きた後は寝起きの顔をさらすことにもなってしまうので、女性にとってはこれも気になるところです。

まさか寝る前に化粧をするわけにもいきませんし、そもそもそうしたことに気を遣うこと自体、安眠にはつながりません。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

寝返りやいびき・寝言がストレスになる

一緒に寝ると、寝ている時の姿が相手のストレスになることがあります。
代表的な例としては、寝返り・いびき・寝言です。
特に眠れない時、隣でこれらの行為をされると、余計眠れないくなってイライラし、それが不満になることがよくあります。
女性は、「彼氏に、自分のいびきや寝言を聞かれてしまったらどうしよう」という心配も常にあります。
特に、付き合って日が浅い場合、自分の恥ずかしい姿を見せたくなくて、彼氏と寝ることが負担になってしまう場合もあります。
引用元:ikejo.net(引用元へはこちらから)

体を休めることに集中できない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

彼氏と一緒にいられる安心感よりも、とにかく誰にも邪魔されずにしっかり体を休めたいと思っている女性も少なからずいると思います。

疲れ切った体を休めるためには、他の人が立ち入れない睡眠の時間を取ることも確かに大切です。

休むことに集中したいときに彼氏が寝返りをうったりしたら…、それこそストレスがたまり、ろくに体は休まりません。


引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

体感温度の違いで喧嘩になることがある

彼氏と一緒に寝る際、冷房・暖房の季節はデメリットが増えます。
あなた自身と彼氏が「暑がりか寒がりか」によって、寝室内の設定温度がまるで違ってくるためです。
2人が好む体感温度が同じであれば問題ありませんが、「どちらかが暑がりでどちらかが寒がり」という状況になると、温度設定をどちらに合わせるかで喧嘩になることがあります。
この喧嘩が続くと、2人の関係そのものにひびが入りかねません。
あからさまな喧嘩はしなくとも、「暑い」「寒い」といった不満が続くと、お互いにストレスが溜まります。
これが爆発してしまった時、関係が悪化することもあります。
引用元:ikejo.net(引用元へはこちらから)

一緒に寝るか、別々に寝るか、判断するには?

まず、1週間単位で寝室を分けてみることをおすすめします。睡眠は習慣的なものなので、1日程度では変化が分からないこともあります。1週間寝室を分けてみて、いつもよりもよく眠れている、体調が良いと感じれば今まで眠りが阻害されていた証拠。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
特別変化がなかったり、寂しさを感じるなどの不安感があれば、無理に別室にする必要はないでしょう。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
また、寝室を分けた後もたまには一緒に寝る時間を作るようにしてみましょう。夫婦が一緒の寝室で寝ることは、睡眠をとることだけでなく二人の仲を深めることにもなります。自分たちで工夫して、ベストな形を探してみてはいかがでしょうか。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者