2016年11月11日更新
ダイエット 肉食女子

太らないお肉の食べ方・肉食ダイエット

「お肉を食べながら痩せたい!」というワガママな肉食女子のために、今回は太らないお肉の食べ方についてご紹介します。

1573
0

キレイに痩せるにはお肉が必要不可欠

あなたの体・お肌・髪の毛・血液・筋肉・骨そのすべてを作っているのはお肉から摂取することが必要な「たんぱく質」なんです。

そのたんぱく質を摂取しないということは、筋肉は衰え、ホルモンは減少し、貧血、肌や髪のパサつきなどが起こりやすくなり、目標とする、「キレイに痩せる」からは遠ざかってしまいます。
引用元:www.kireinari.com(引用元へはこちらから)
引き締まった理想の体には、程よい筋肉が必要です。
「体重は減ったのに、痩せた気がしない」というのは、まさにそれ。
体重が減ったのは、脂肪ではなく筋肉が減ってしまったからかもしれません。
筋肉量を減らしてしまうと、リバウンドもしやすくなると言われ、せっかく減らした体重も、キープをするのが難しくなってしまいます。

筋肉量を減らさず、キレイに痩せるには、お肉からの「たんぱく質」摂取が不可欠なんですね。
引用元:www.kireinari.com(引用元へはこちらから)

ダイエット中のお肉の食べ方

白湯でカラダを温める

最初に糖質の高いお酒やジュースは血糖値をあげて脂肪を溜め込むことになります。

オススメは温かい白湯かお茶。(常温でもOK)

温かいお茶や白湯を飲むと消化管に仕事の合図を送ることができるで、食べ物を効率よく消化してくれるので脂肪分が溜め込みにくくなります。
引用元:result-diet.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

汁物・野菜を先に食べる

食べ放題に行くとついお肉をドカ食いしてしまい、翌日の体重が大変なことに!なんてことがありますよね。

ドカ食いは血糖値が上がりやすく、食べ過ぎてしまうためおデブの元に繋がってしまいます。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)
いきなりお肉を食べる前に、一度食物繊維豊富な汁物・野菜を食べるようにしましょう。

こうすれば、食欲が一旦落ち着き、ドカ食いを防止することができます。それに、お肉は後の楽しみにとっておいた方が美味しくいただけますよ。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

飲み物は“ウーロン茶”

ウーロン茶に含まれるウーロン茶ポリフェノールには、脂肪を吸収するのに必要なリパーゼを邪魔するはたらきがあるので、食事とともにウーロン茶を飲むと、料理に含まれる脂肪の吸収が抑えられ、余分な脂肪を体外に排出できます。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

オススメの野菜は、キャベツとキュウリ

キャベツにはタンパク質を分解する酵素、キュウリには脂肪を分解する酵素が含まれています。

付き合わせにキャベツを出してくれるならラッキー。ない場合はメニューから注文しましょう!

この2つはお肉を食べている間に食べると、消化をスムーズにしてくれます。

キュウリなら“たたきキュウリ”でもOK!

キャベツなら焼き野菜用を焼かずに、生のままバリバリ食べちゃいましょう!
引用元:result-diet.com(引用元へはこちらから)

肉はサンチュを巻いて食べる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カルビ・ロース・ハラミなど脂肪分の多い肉は、サンチュなどの葉ものを巻いていただきましょう。生野菜でボリュームがアップし、肉の食べすぎを防ぐことができます。


引用元:column.asken.jp(引用元へはこちらから)

ご飯はNG

「炭水化物ダイエット」というジャンルがあるくらい、ご飯はダイエットの敵になりつつあります。その原因は、ご飯に含まれている糖質。
糖質を過剰に摂取すると、血糖値の上昇だけでなく、体内での栄養素の変化の過程で、皮下脂肪が増えてしまう結果にもなるんです。焼肉はどうしてもお肉がメインになってしまいますから、やはり糖質は控えたいところ。
引用元:dietbook.biz(引用元へはこちらから)
とはいえ、糖質も体には必要な栄養素であることに変わりはありませんから、どうしてもご飯を食べたい!という場合は、食べ方を工夫してみましょう。

オススメはビビンバ。

ナムル、キムチなど、サイドメニューでオススメしたものがたっぷり入っています。ご飯と同時に消化や代謝をサポートしてくれる食材を食べられるので一石二鳥!仲間とシェアして量を減らしてみるのもいい方法です。

引用元:dietbook.biz(引用元へはこちらから)

キムチを食べる

お肉を食べる前にキムチも食べましょう。キムチには乳酸菌やカプサイシンが含まれていて脂肪燃焼効果が期待できる食品です。

引用元:bi-diekko-chan.com(引用元へはこちらから)

脂身を少なくして、大幅カロリーダウン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

脂身はカロリーが高い! というのはダイエッターの常識。実際に脂身や皮は赤身の3倍程度のカロリーがあり、それを取り除くだけでも大きなカロリー差が。鶏肉はヘルシーという思い込みがある人も、要注意です。
脂は肉の旨みになりますが、カロリーが気になるときには適宜取り除いて使いましょう。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

調理法に気をつける

「それでも脂身が食べたい!」そんな時は、調理法に気をつけましょう。

油で焼いたり、揚げたりすれば必要以上に脂質を摂取してしまいますし、煮物も砂糖を使用するため意外と糖分が高めなんです。

なので、調理法はグリルやスチームがおススメ。これなら余計な脂をカットできるので、お肉をヘルシーにいただけます。

もしも焼き肉に行きたくなったら、しゃぶしゃぶに変更するのがダイエッターとしての正しい選択ですね。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

しっかり噛んで食べる

しっかり噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防止につながります。友人や恋人と会話を楽しみながら、ゆっくり食べましょう。

引用元:bi-diekko-chan.com(引用元へはこちらから)

味付け、たれに要注意

せっかく脂を避けた調理法メニューを選んでも、タレに油をたくさん使っていてはダイエットの妨げになってしまいますね。
ステーキや焼き肉の時のタレにも注意をして、なるべくシンプルな味付けにするのがベストです。
引用元:www.kireinari.com(引用元へはこちらから)

食後のスイーツは太る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者