神戸空港「黒レンガ倉庫カフェ」の”フレンチトースト”がもうトロットロ!

空港で時間を持て余させず、むしろ飛行機で旅行したくなるような絶品空港グルメたち。そこで、神戸空港「黒レンガ倉庫カフェ」のフレンチトーストを紹介します。

4393
0

神戸空港「黒レンガ倉庫カフェ」

神戸空港で保安検査を済ませ飛行機に乗るまで待つ間に6,7番搭乗口のところにある喫茶店

出発する搭乗客しか利用できない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「黒レンガ倉庫カフェ」は手荷物検査を通過したところにあり、搭乗券がないと入れない。神戸空港から旅立つ人だけが利用できるレアなお店なのだ。

電源も充電器もあるのが嬉しい

旅先で重要なミッションであるスマホや携帯の電源確保だが、こちらのお店ではコンセントだけでなく充電器まで取り揃えているから、余計な心配をせずに時間を潰せる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

強気な価格設定だが、理由がある

こちらのお店の料理や飲み物は、“空港価格” だとしても少々値が張る。ブラックコーヒーで650円とはなかなか強気な価格設定だ。

だがそれには理由がある。コーヒーは最先端技術によって抽出した液体を一度冷凍した鮮度抜群なものとのことだった。

フレンチトーストは液体レベルの柔らかさ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.kairport.co.jp
プリン種に一晩漬け込んでいます。
生クリーム&メイプルシロップ添えで
さらに美味しさに深みが出ます。
フレンチトーストは770円、トーストでも570円なのだが、パンはかつてプラザ大阪ホテルにいた伝説のパン職人が焼いているという。
出典:tabelog.com
ピザトースト
空港だから価格が高いというわけではなく、とにかくこだわりまくった結果、いいお値段になっているのだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者