2016年06月28日更新
ハヤシライス 名店 東京

手間暇かけた極上「ハヤシライス」の名店

赤ワインとデミグラスソースが香る「ハヤシライス」の名店を紹介します。

3378
0

囃shiya(銀座)

野菜のおいしさを伝えたいという林シェフが手がけるワイン懐石の店
その日に仕入れた新鮮な魚介や朝採れ野菜を使い、夜はコース料理でおもてなし、昼はハヤシライスを中心にメニューを組み立てる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上野 精養軒 Caferant Le Landaulet(上野)

東京屈指の老舗洋食店で、時が育んだ味わいに感嘆。フランス料理の草分けとして1872年(明治5)に誕生した「上野精養軒」
秘伝のデミグラスソースは、様々な食材を煮込み9日間かけて仕上げる。仕上げにあめ色のタマネギを加えることで、ソースの甘みが増す

土間食堂ぎっちょん(北参道)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1979年オープン。ハヤシライスの上にハンバーグ! もてなしの心にあふれる店。
ハヤシライスに、豚8:牛2の黄金比率で作られたハンバーグをのせるスタイルが長年愛されている

洋食屋 CHIRISTMAS亭(調布)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメリカンテイストな店内で、シェフが真心込めた洋食をギンガムチェックのテーブルクロスやアンティークのおもちゃが置かれた店内は、1970年代のアメリカをイメージ
野菜が溶けるまで煮込んだ旨みたっぷりのハヤシライスや、中からチーズが溶け出すハンバーグなどを提供

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者