2016年06月28日更新
ローラー美顔器 トラブル

ローラー美顔器が招くトラブル "使い方を間違えば肌が老化する"

自宅で手軽にコロコロ転がすだけだからラクチン!と今人気のローラー美顔器。間違った使い方をして肌トラブルを起こさないように正しい使い方について紹介します。

1240
0

ローラー美顔器の使用法

いろいろなメーカーから発売されている美顔ローラー。しかし、そんな人気製品であるにも関わらず、間違った使い方をして肌トラブルを起こしている方がいます。
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
実際、肌荒れ時に、よかれと思って美顔器を使い、悪化させてしまうことや、ローリングのやり過ぎで毛細血管を傷つけてしまい、内出血でアザができたなどの話もあります
引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)
それだけオーバートリートメントがもたらすトラブルが多いのです。美顔ローラーなら、週に2,3回の使用に留めるほうがよいでしょう。
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

ローラー美顔器の正しい使い方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肌の筋肉と骨の“結合点(リガメント)”をほぐす

顔の肌は25種類以上の”表情筋”に支えられていますが、この筋肉を使わないと働きが弱くなり、たるみやシワの原因になります
肌のハリを生むのは、筋肉と骨の“結合点”。額・目尻・目の下・口角・頬骨にあります

リンパの流れに沿ってローリングする

まず、鎖骨ラインを中央から外側に向かってローリングしたあとに脇の下に向かって流します。次に首のサイドラインに沿ってローリングして、最後に顔のローリングに入ります。

美顔ローラーの効果と短所

美顔ローラーの効果には、即効性の効果と持続性の効果があります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

即効性の効果はエステやマッサージに行った後、顔が引き締まる効果と同じです。
もちろん顔だけじゃなくて脚や二の腕も同じ効果が期待できます。
引用元:refa効果.com(引用元へはこちらから)
血行やリンパの流れが改善され、その結果新陳代謝が活性化されて
肌が引き締まる、小顔になる、脚や腕が細くなる等の効果です
引用元:refa効果.com(引用元へはこちらから)

美顔ローラーの短所

しっかりとお肌の肉を摘み上げてくれる美顔ローラーは問題ないと思いますが、
摘み上げ効果が弱く、肌の表面をただコロコロ転がる美顔ローラーはお肌のシミや黒ずみの原因となる危険性があります。
引用元:refa効果.com(引用元へはこちらから)

お肌のシミの原因は色々ありますが、その原因の一つに摩擦があります

摩擦は肌の細胞、肌繊維に小さな傷が付けてしまう可能性があります。
そして、傷ついた細胞には活性酸素が集まり体の反応として、メラニン色素が集まり、このメラニン色素の残骸がシミになるということです。
引用元:refa効果.com(引用元へはこちらから)

美顔ローラーの使い過ぎに注意!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぜひ正しく使用して効果を最大限に引き出してください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者