2018年12月15日更新
女性 言葉 気軽

女性が、傷つきやすい男性に言ってはいけない言葉!気軽に言ってしまう言葉に隠されています!

ちょっと気軽に言ってしった言葉でも男性を傷つけてしまう事があります。絶対言ってはいけない言葉ってあるんです。そんな絶対に言ってはいけない言葉まとめました。

888
0

女性が男性に絶対に言ってはいけない言葉

まず基本的に男性と言う生き物は、いつもおだてていれば、元気を出しています。 思いつく限りのおだてる言葉を沢山言ってあげましょう、そうするだけで男性の潜在能力は大いに発揮します。

逆に、男性に言ってはいけない言葉。「だめね」は絶対ダメ。 男性を奮起させるために、男性に向かって「だめね」という女性がいますが。この言葉は基本として絶対言ってはいけません。

その他、男性に絶対に言ってはいけない言葉をご紹介します。

「キモチ悪い」

これは、男性だけではなく、誰に対しても言ってはいけない言葉でしょう。そう言わせる原因に言及せず、その人の存在や人格を否定することになります。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

「クサイ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.karada-navi.com/smell/farting/883
女性ほど、臭い対策をしていない男性も多いでしょう。 しかし、だからこそ、自分の臭いを気にしている人もいるのです。 そこを攻撃するのは、相手を酷く傷つけることになります。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

「頼りにならない」とか「器が小さい」

一概には言えませんが、やはり、女性に頼られたいと思っている男性も多いものです。そんな中で、この言葉は心に突き刺さるでしょう。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

「○○でいいわ」

出典:date-bbs.info/haw-to-bad-mood
「何が食べたい?」「パスタでいいわ」
「どの映画にする?」「○○でいいわ」

毎回「○○でいいわ」と言われ続けると、自分との付き合いも「あなたでいいわ」と妥協されているような気になってくるものです。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

「~しなくちゃ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「後片付けしなくちゃ」「早く帰らなくちゃ」「明日は○○しなくちゃ」
「本当はしたくないけど、仕方なくやっている」と恩着せがましく聞こえてくると、息苦しさしか感じなくなってしまいます。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

「普通は…するよね」

出典:magazine.campus-web.jp/archives/224379
「普通はちゃんとリサーチしてくるんじゃない?」
「普通、誕生日のプレゼントって○○とか△△だよね」
確かに恋愛に不慣れな男性の場合は、気が利かない事もあるでしょう。けれど、彼の事を好きであれば「普通」を持ち出して責める事はしないものです。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

「その程度」

「そういう時、奢らないってちょっとセコくない?その程度の男って思われるよ」
「その程度で落ち込んでどうするの?」
こうした「その程度」というフレーズは、「ダメね」と同じ位男性のプライドを深く傷つけてしまいます。これは男女問わず相手を見下す言葉である事を覚えておきましょう。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

「信じられない」「理解出来ない」「あり得ない」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

母親が子供に「あなたってダメな子ね」と言い続けると、子供自身に「ぼくはダメな子だ」という固定観念が生まれてしまうのと同じ仕組みなのです。
どんな軽口やジョークでも、相手を否定する言葉は知らず知らずの内に深いダメージを与えてしまう事を忘れてはいけません。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

「約束だからね!」

「約束よ!」が口癖の女性は、ほとんどが「仕方ないね。じゃあ今度は奢ってね!」と聞き入れる事はしません。「どうして?」「私の方が先約でしょ」「私よりそっちが大事なんだ」等と攻め立てます。
「男同士の約束」に特別な重みがある様に、「約束」の本当の意味や大切さを知っている人は、軽はずみな約束はしないものです。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

「幸せになりたい」

出典:woman.mynavi.jp/article/130909-061
女性は単に「羨ましい」と感じますが、男性は「俺だってもう少し○○があれば」等、自分の力不足に歯がゆさを感じるのです。だからこうした男性のプライドを刺激する発言は、恋人の前では禁句です。
引用元:pleure.net(引用元へはこちらから)

その他には

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者