2016年06月28日更新
マチュ・ピチュ 遺跡 インカ

一度は行ってみたい人気がある観光地と言えば、やっぱり<マチュ・ピチュ>のまとめ

マチュ・ピチュ(英語:Machu Picchu、ケチュア語:Machu Pikchu) は、アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷に沿った山の尾根にある15世紀のインカ帝国の遺跡です。

2664
0

多くの言語で「マチュ・ピチュ」と呼ばれるこの遺跡名は、「老いた峰」を意味するケチュア語

出典:gg-earth.org
マチュ・ピチュ遺跡
当時、インカ帝国の首都はクスコで、標高3,400m。マチュ・ピチュから、さらに千メートル程高い場所に、その首都があった。アンデス文明は文字を持たないため、この遺跡が何のために作られたのか、首都との関係・役割分担など、その理由はまだ明確にわかっていない。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ワイナ・ピチュ山を正面に望む豪華なホテル

出典:keymac.blogspot.jp
ベルモンド サンクチュアリ ロッジ マチュピチュ

Sanctuary Lodgeからマチュピチュ空港まで18km、クスコまで80km、マチュピチュ駅まで25分です。

マチュ・ピチュの動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:dlift.jp
マチュ・ピチュのリャマ
何度も写真で見ているのに本物を見るとやはり感動。 地球の歩き方やるるぶで勉強しましたが、ガイドさんに詳しく説明してもらいながら回りました。 最近発掘されたり立ち入り禁止になってたり、るるぶの情報と異なるものもいくつかありました。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
出典:matome.naver.jp
マチュ・ピチュ遺跡
多くのガイドブック、テレビ番組 等で有名すぎる観光名所ですが一度は現物を見ておきたいと出かけました。クスコから展望列車でゆっくり山の中を走る往復行程を含め満足のいくものでした。ただ、あまりに広すぎるのと急勾配の石段、上り坂の連続なのでかなりハードな見学となります。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
出典:yuuma7.com
マチュ・ピチュ遺跡
人生で一度はいってみたい場所だったので、景色のきれいさに圧倒されました。 よくこんな所に街が作れたなと感じ、まさに天空の都市です。 行き方は、電車でマチュピチュ駅まで行き、そこからマチュピチュ行きバスで 約25分ほど乗ると到着します。 ツアーで参加しました。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:tabizine.jp
マチュ・ピチュ遺跡
麓の村に一泊し、翌朝バスで登ります。せっかくなので、マチュピチュ山登山へ行きました。往復で3時間程度かかります。体力に問題ないようであれば、行ったほうが良いです。ハードな登山道ですが、山頂からの絶景には感動します。トイレがないので注意してください。水(ペットボトル)の持参も必要です。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
出典:matome.naver.jp
マチュ・ピチュ遺跡
マチュピチュは乾季に行くことをオススメされますが、ボリビアでウユニ塩湖に寄るとなると、やはり雨季のシーズンに行くことを選ぶ方も多いのではないでしょうか。 雨季でも晴れるとサイコーに綺麗な景色が眼前に広がりますし、なんといっても乾季に発生する虫の大群が雨季にはほとんどおりません!
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
出典:dlift.jp
マチュ・ピチュ遺跡
イグアスの滝を妻に見せたくて、ブラジルへ行こうと言ったら、ペルーも行くなら~と話は決まり、マチュ・ピチュへやってきた。ここは別格中の別格!文字通りに『百聞は一見にしかず』ですね。遺跡の高い岩に立って、青い空を見あげていると、コンドルがゆっくりと飛んでいた。あの懐かしいメロディーで心がいっぱいになっていった。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
出典:free-photos.gatag.net
マチュ・ピチュ遺跡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.tripadvisor.jp
マチュ・ピチュ遺跡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者